私が試した背中ニキビの薬が思ったほど効かなかった7つの理由

私が試した背中ニキビの薬が思ったほど効かなかった7つの理由

背中のニキビは炎症を起こしたり、芯があるニキビになったり、自分で見えないのでとても不安になってしまいます。どうしたら背中のニキビを改善する事ができるのでしょうか?そして薬をつけても治らないのはなぜでしょうか?

それは、背中は汗で薬が流れてしまい、洋服などで蒸れやすい場所だからです。体を洗う場合も、手が届きにくい、汚れが残りやすいなどの問題もあります。

さらに皮脂の分泌も活発で、衣服でこすれる事で、ニキビが悪化しやすいという問題もあります。背中のニキビがきちんと治る為にはどうしたらいいのでしょうか?背中にきびをふせぐ方法を見て行きましょう。



 

私が試した背中ニキビの薬が思ったほど
効かなかった7つの理由

 

シャンプーのすすぎはちゃんと洗い流そう


シャンプーが肌とあってないという理由で背中のニキビが治らないケースが多々あります。市販のシャンプーは洗浄力が強く、肌の油分を奪い乾燥肌にしてしまいます。頭皮にニキビが出来ている人はシャンプーで頭皮が乾燥しています。

髪の毛にも栄養が伝わりにくい状態になっている事を知りましょう。シャンプーの刺激が強い場合、ニキビを刺激し、薬すら効かなず、悪化させることにもつながります。髪を洗った後はしっかりと体をあらい流しましょう。体に洗剤の成分が残らいように努力しましょう。

 

リンスやコンディショナーは気を付けよう


リンスは髪の表面をカバー、トリートメントは髪の表面プラス内部にまで栄養を補給する事になります。コンディショナーは髪の表面をカバーしつつ、髪の表面を整えます。

髪のコーティングするこの成分が背中のニキビに悪影響を引き起こす事があります。毛穴のつまりの原因になります。毛穴がつまってしまっては塗った薬も効かない状態です。リンスやトリートメントが体につかないようにきちんと流すように心がけましょう。

 

石鹸にも気を使いましょう


背中にニキビができて、薬もきかない状態のような時は石鹸にも気を使いましょう。ボディソープは洗浄力が高く、汚れと共に、肌を守るための皮脂まで奪い去ってしまいます。皮脂がなくなった肌は潤いを与えようと、さらに皮脂分泌を激しくし、それが毛穴に汚れを詰める結果になってしまいます。

しっかりとした保湿を行うと共に、肌を柔らかくするような環境へと改善していかなければなりません。入浴剤を使う、お風呂上りの保湿も有効です。手が届かないと諦める前に、ミスト化粧水を使うなど自分がケアしやすい工夫を行いましょう。

 

寝具に気を使おう


寝具は衛生的でしょうか?日頃の忙しさについ後回しになってしまう寝具は意外と肌トレブルの原因になりやすいのです。こまめな選択や布団を干す事だけでも緩和されます。人は寝ている間に大量の汗をかきます。その汗を吸収し、雑菌の温床になっているのが不衛生な布団です。

綺麗だと思っていても雑菌が背中に侵入しているかもしれません。日光消毒が難しい場合は、市販されている除菌スプレーの使用や、布団乾燥機などで布団をキレイにしましょう。フカフカの布団は心地よい睡眠にもつながり、ニキビ予防にもつながります。

 

下着に気を使おう


アクリル製の下着は通気性が悪いので、シルクやコットンなどの天然素材を使った下着を身につけましょう。機能性がある下着も多く販売されています。背中のニキビひどくなり薬を利用しなければならない時でも、手頃なコットンの下着ならば洗い替えの購入も可能です。

汚れた下着はアクネ菌が繁殖するにはうってつけの場所になります。ブラジャーも締め付ける事で血行を悪くし、背中のニキビを悪化させてしまいます。下着に気を使い、清潔にする事がニキビ予防になるのです。

 

汗の処理をきちんとしよう


背中は汗腺も多く、皮脂分泌も活発な場所です。夏場など衣服は汚れやすく、背中のニキビに薬がきかないと思っていたら汗疹だったという事もあるので、汗をかいたら着替える事をオススメします。

皮膚を清潔にするだけで、ニキビ予防にもなります。さらに、アレルギーなどによる肌荒れの可能性もあるので、背中のニキビに悩む時は皮膚科へいきましょう。

 

背中や肩こりをほぐそう


コリがある場合、お肌の隅々まで栄養が行きわたらない状態が起こります。コリがある事は血行が悪い事なので、それは、老廃物がリンパに溜まってしまっているのです。

リンパの流れが悪いと体は冷えやすく、むくみなどの体の不調を引き起こしてしまいます。リンパの流れをよくする為にも、体を動かす、お風呂にしっかりと浸かる事をオススメします。

 

いかがでしたか?

背中のニキビは夏場など気になる存在です。そしてニキビがひどい場合はニキビ跡、さらにはクレーターになってしまうので、早めの対処が必要です。水着の季節や、背中が空いた洋服をオシャレに着こなす為にも早めに完治させる必要があります。

背中は衣服に密着する部分なので、薬をぬっても衣服についてしまったり薬の効果もでにくい場所です。面積も広いので、自分の肌にあったケアを行う必要があります。

炎症を起こす前に、早めに気づき、対応しましょう。肌にあったケアができれば、美しい背中で魅力的な女性へ近づく事が可能です。あなたもニキビを完治させて、背中美人になってはみませんか?

 

まとめ

私が試した背中ニキビの薬が思ったほど効かなかった7つの理由

・ シャンプーのすすぎはちゃんと洗い流そう
・ リンスやコンディショナーは気を付けよう
・ 石鹸にも気を使いましょう
・ 寝具に気を使おう
・ 下着に気を使おう
・ 汗の処理をきちんとしよう
・ 背中や肩こりをほぐそう