背中ニキビを治して綺麗な素肌美人になる為の食事習慣♪

背中ニキビを治して綺麗な素肌美人になる為の食事習慣♪

背中は普段人に見せることが少ない部位ですので、お手入れがおろそかになちがちです。いつの間にか背中が黒ずんでいたり、ブツブツと背中ニキビができている人は多く、いざ背中の開いた服や水着を着るときに慌てることもあるでしょう。

しかしこうした背中のニキビは治療やケアをしようと思っても難しく、やっと治ったと思ったら跡として残るケースもあります。そのため背中のニキビをケアするためには、日頃のケアがとても重要です。

特に食生活は背中のニキビに大いに関係していますので、背中ニキビを予防する食事メニューを選びましょう。今日は背中にきびを治して綺麗な素肌美人になるための食事習慣についてご紹介します♪



 

背中ニキビを治して綺麗な素肌美人になる為の食事習慣♪

 

ビタミンCを摂取しよう


素肌美人に欠かせない栄養素といえばビタミンC。人間は体内でビタミンCをつくることができませんので、健康と美肌のために食事から摂取する必要があります。

体内にビタミンCが少ないと炎症を抑えることができず、全身にニキビができやすくしかも治りも遅くなります。またビタミンCには皮膚や粘膜の再生能力やコラーゲン生成力、抗酸化作用もありますから、ニキビだけでなく肌の黒ずみにも大きな効果があります。

ビタミンCを多く含む食品は、主に生野菜、果物、大根おろし、ブロッコリー、赤ピーマン、ほうれん草、トマト、にら、きゃべつ、レタス、小松菜、春菊、白菜、ごぼう、にんじん、にんにく、牛乳などです。ビタミンCは加熱に弱いので、効率よく摂取するためにはできるだけ生の状態で食べるようにしてください。

 

ビタミンAを摂取しよう


ビタミンAが不足すると毛穴が塞がりがちになり、ニキビができやすく治りにくい状態になります。ビタミンAは皮膚や粘膜の新陳代謝を促し正常化する働きがありますので、免疫向上作用が期待でき、ニキビができにく肌へと導いてくれます。またビタミンAは脂溶性ですので、油で調理をすると体内への吸収率が上がります。

ビタミンAを多く含む食品は、にんじん、かぼちゃ、トマト、小松菜、春菊、ほうれん草、小松菜、みかん、バナナ、いちご、もも、牛乳、チーズ、バター、卵、うなぎなど。

 

ビタミンB2を摂取しよう


数あるビタミン群の中でも、ビタミンB2は皮膚の代謝を促して皮膚を再生する役割を持っていますので、毎日の食事で積極的に摂りたい栄養素です。有害な過酸化脂質を分解することからニキビの治療薬としても多用されていますから、食事として体内から取り込むことで背中のニキビに大きな効果があります。ビタミンB2は皮脂の分泌を抑制する効果がありますから、オイリー肌の人にはもってこいの栄養素ですね。

ビタミンB2を多く含む食品は、ほうれん草、にんじん、トマト、きゅうり、かぼちゃ、しその葉、レバー、牛肉、豚肉、うなぎ、はまぐり、あさり、海藻類、大豆類、サバ、ワカサギ、うに、卵、アーモンド、牛乳など。

 

ビタミンB6を摂取しよう


ビタミンB6はたんぱく質の代謝を促す栄養素で、皮脂分泌のコントロールをする役割も持っています。このビタミンB6が不足するとニキビや吹き出物、口内炎ができやすくなりますから、背中ニキビが気になる人は積極的に摂取しましょう。ビタミンB6は粘膜再生能力もありますので、積極的に摂取することで傷の早期治癒にも役立ちます。

ビタミンB6を多く含む食品は、ほうれん草、赤ピーマン、かぼちゃ、セロリ、さつまいも、レバー、牛ヒレ、まぐろ、かつお、さんま、イカ、タコ、わかめ、焼き海苔、干ししいたけ、落花生、玄米、大豆、バナナ、牛乳など。

 

ビタミンEを摂取しよう


ビタミンEには、肌の新陳代謝を促進して新しい肌を再生してくれる力があります。抗酸化作用による老化防止にも優れていますので、背中ニキビやニキビ跡の色素沈着防止にも有効です。また角質ケア効果もありますので、ニキビを内側から根本的に取り除き、背中ニキビのないすべすべ肌を取り戻してくれるのです。

ビタミンEを多く含む食品は、かぼちゃ、たらこ、あんこうのキモ、すじこ、キャビア、いくら、うなぎの蒲焼、ごま、落花生、オリーブのピクルス、マヨネーズ、サウザンドレッシング、フレンチドレッシングなど。

 

肉中心のあぶらっこい料理を避けよう


牛肉や豚肉には肌にいいとされる栄養素が含まれていますが、肉中心のあぶらっこい料理ばかり食べるなど偏った食生活はニキビの大きな原因となります。揚げ物や焼肉も同じで、あぶら料理の過剰摂取は背中ニキビだけでなく健康にも良くありません。

肉料理を食べるときにはできるだけあぶらを使わない調理法で食べたり、週に数回など回数を決めて食べるようにしましょう。また食べるときにもティッシュオフをすることで余分なあぶらを落とすことができますから、飲み会や食事の席などで食べるときには活用してみてください。

 

糖分の高い食べ物・飲み物を控えよう


ニキビの天敵といえばスイーツです。お菓子、ケーキ、チョコレート、アイス、おせんべいにナッツ類…こうしたものは体内では背中ニキビの原因として蓄積されています。糖分や脂肪分を過剰に摂取すると皮脂腺を刺激して皮脂の分泌が盛んになりますので、コメドができやすくなり、背中ニキビの原因となってしまうのです。

ジュースや砂糖入りのコーヒーも同じくふんだんに糖分が入っていますから、飲み物はお茶や水に変えましょう。どうしてもおやつやお菓子が食べたくなったらできるだけ少量のみにし、あとはフルーツに変えることをお勧めします。

 

いかがでしたか。

背中は自分ではなかなか見る機会がありませんが、いざというときのためにいつでも綺麗にしておきたいもの。結婚式やパーティーの誘いはいつあるかわかりませんし、着ようと思っていたドレスが背中ニキビが気になって着れない…なんて悲しいですよね。

背中ニキビは見た目が悪いだけでなく痛みやかゆみも伴いますから、生活習慣や食生活を見直して根本から治しましょう。背中ニキビは一旦できてしまうと繰り返し起こってしまいますので、お風呂あがりに鏡の向きを変えたり、合わせ鏡をするなどして普段から背中をチェックするようにしてくださいね。

 

まとめ

背中ニキビを治して綺麗な素肌美人になる為の食事習慣♪

・ ビタミンCを摂取しよう
・ ビタミンAを摂取しよう
・ ビタミンB2を摂取しよう
・ ビタミンB6を摂取しよう
・ ビタミンEを摂取しよう
・ 肉中心のあぶらっこい料理を避けよう
・ 糖分の高い食べ物・飲み物を控えよう