背を伸ばす方法で大切なのは食事とストレッチ

背を伸ばす方法で大切なのは食事とストレッチ
身長の低さにコンプレックスがある人は背を伸ばす方法があれば何でも試してみたいと思いますよね。子供の頃はまだまだ伸びる可能性はある、と思っていても大人になるとさすがにもう伸びるのは無理、とあきらめてしまいがちです。

しかし、本当に大人になってからはもう伸びないのでしょうか?確かに成長期の子供のように目に見えて大きくなる、などということはありませんが、大人になってからも背が伸びる要素である成長ホルモンは分泌され続けています。少しでも可能性があるのであれば、あきらめるのはそれを試してみてからでも遅くはありません。

そこで今回は、成長ホルモンの分泌には欠かせない食事とストレッチによる背を伸ばす方法についてお伝えします。



 

背を伸ばす方法で大切なのは
食事とストレッチ

 

成長期に必要な栄養素


食事による背を伸ばす方法を考えた場合、まずは、成長期に必要な栄養素を把握しておきましょう。ただ、最初に言っておくと、これさえ摂取すれば身長が伸びるといった絶対的な栄養素があるわけではありません。

身長が伸びる仕組みとしては、骨の両端にある骨端線という軟骨の部分が成長することにあります。その骨端線が成長する条件として、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、タンパク質、亜鉛などの栄養素を摂取しなければなりません。

それでは、背を伸ばす方法という点で見た場合の栄養素の特徴とポイントを確認していきましょう。 カルシウムは、骨の芯であるコラーゲンを支える役割があります。 カルシウムは、成長期においては、1度に大量に摂取するよりも、毎日継続して摂取するようにしましょう。

マグネシウムは、骨の強度を高めてくれるミネラルで、たんぱく質の合成を高めたり、エネルギーの代謝にも役立ったりもしてくれるので、体の機能調整には欠かせません。また、ビタミンDは、カルシウムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムを骨に沈着させたりする働きがあります。

そして、たんぱく質については、骨の芯となる部分はコラーゲンというたんぱく質の1種からできているので、骨にも大事な栄養素として積極的に摂取しましょう。さらに、亜鉛には骨の代謝をスムーズにする働きがあり、質の良い骨作りには欠かせない栄養素です。

食事による背を伸ばす方法としては、ある一定の期間に1つの栄養だけを摂取するというよりは、毎日の食事に、バランスよく栄養素を上手に組み合わせるようにしましょう。

 

空腹の状態で食事の時間を迎える


背を伸ばす方法でより効果を上げるためには、効率的に成長ホルモンを分泌させることを考慮しなければなりません。効率的に成長ホルモンを分泌させるには、空腹の状態で食事の時間を迎えることが大事になります。

なぜ、空腹の状態で食事の時間を迎えるのが効果的なのか?背を伸ばす方法として、グレリンというホルモンの働きをヒントにしましょう。仕組みを説明すると、「空腹を感じる」「胃からグレリンというホルモンが分泌される」「グレリンによって成長ホルモンの分泌が促される」ということなのです。

逆に言えば、おやつを食べ過ぎると、食事の時間に身長を伸ばすためには大事な成長ホルモンの分泌が促されにくいということになります。背を伸ばす方法としては、間食の量はコントーロールした方が良いでしょう。

 

朝起きた時と寝る前にストレッチをする


背を伸ばす方法のストレッチは、朝起きた時と寝る前に行うのが効果的です。ストレッチがもたらす身長への効果は、「体の歪みを直す」「新陳代謝を促進する」「成長ホルモンの分泌を促進する」がポイントとなります。

ストレッチの手順は、「仰向けになって寝る」「両手を組んで、頭の上にする姿勢を取る」「息を大きく吸いながら、両手を頭の上の方へ、両足のつま先を下の方へ、思いっきり上と下に伸ばす」「伸ばした状態で、5秒間止める」となります。以上を、5~10セット行いましょう。

 

足を長くするストレッチ


背を伸ばすにしても、やはり、足も長くしたいですよね。足のストレッチも取り入れてみましょう。「まず、座って両足を90度に開く」「右足のつま先を掴んで手前に引っ張る」

「右足のふくらはぎと膝の裏の筋を思いっきり伸ばす感じを大事にする」「5秒間止めて元に戻す」を5回繰り返して、左足も同様に行いましょう。

 

以上、食事とストレッチによる背を伸ばす方法についてお伝えしました。現状では、これさえ摂取すれば身長が伸びるといった絶対的な栄養素があるわけではありません。

しかし最近では、身体の研究も進んで、「骨を伸ばすには、たんぱく質」「骨を強くするには、カルシウム」という話しも出てきていますので、良質なたんぱく質を含む食事を積極的に摂るようにしてください。

もちろん、今回ご紹介したカルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛など不足しがちな栄養素もバランスよく食事に取り入れるのをお忘れなく。その他、背を伸ばすストレッチはもちろんのこと、睡眠を十分とる、ストレスはできるだけためない、体をよく動かすなど背を伸ばす方法として有効な生活習慣をつけるよう心がけましょう。

 

まとめ

背を伸ばす方法は

●成長期に必要な栄養素を知る。
●空腹の状態で食事の時間を迎える。
●朝起きた時と寝る前にストレッチをする。
●足を長くするストレッチ。