背の低い人でもあと3センチ身長を伸ばす方法!

背の低い人でもあと3センチ身長を伸ばす方法!
あと少しだけ背を伸ばす方法があるとしたら、試してみたいという方は多いですよね。身長の悩みは、性別や年齢によってさまざまです。男性なら高い方がモテるから、女性ならモデルに憧れているからなど、理由も沢山あるでしょう。

しかし、多くの人が身長を伸ばしたいと思っていながらも口にする言葉があります。「大人になってから背を伸ばすのは難しい」「遺伝だからこれ以上伸びない」あなたも一度は聞いたり言われたりしたことがあるのではないでしょうか。

しかしこれは半分間違っていると言えます。なぜなら、今からでも数センチ身長を伸ばすことは決して不可能ではないのです。

そこで今回は、背が低い人でもあと3センチ身長を伸ばす方法についてお伝えします。

 

背の低い人でも
あと3センチ身長を伸ばす方法!

 

身長は一体どうやって決まる?

自分がまだ成長期だ、と言う人でも自分の親が小さい場合「もしかして伸びないのでは…」と不安になる事もありますよね。しかし、遺伝による身長への影響は25~30%というデータがあります。

実は、遺伝よりも「睡眠・栄養・運動」などの生活環境が大きく影響しているのです。25%がもし遺伝のために身長が低いとしても、その他75%は後天的なもの。つまり背を伸ばす方法は、努力次第な部分が大きいということです。

さらに身長が伸びる仕組みを知っておくことで、これから何をしたらよいのかが見えてきます。

 

骨端線の成長が身長へ影響する

骨と骨をつなぎ合わせる軟骨の成長が、骨の成長となって現れます。骨の成長というのは「増殖」することであって、骨端線を増殖させることが大きなカギ

また、骨には「破骨細胞」という古い骨を破壊するものと「骨芽細胞」という新しい骨を作る、2つの細胞があります。

つまり大人になって伸びなくなる理由は、骨端線が硬くなり増殖しなくなっていくからなのです。

 

骨端線を伸ばすホルモンがある

骨端線を伸ばすのには「ソマトメジンC」というホルモンが関係します。これは肝臓や骨格筋などで生産されます。そのあと血の中に分泌され、骨や筋肉や内臓の成長を促すのです。

このソマトメジンCの分泌の基準値についてご説明しましょう。

男性の場合、伸び盛りの16歳あたりでは142~543なのに対し、40歳では94~263と半分ほどになります。また、骨端線が残っている時期は17~18歳くらいまでと言われていますが、人によっては25歳くらいまで残っていて身長が伸びる人もいるとのこと。

女性の場合、骨端線が残っている時期は15~16歳まで大人の場合は22歳くらいまで残っている人もいます。

 

大人でも身長を伸ばしたいなら「努力」が必要となる

では成長期を過ぎてしまった大人の場合では、もう身長はあきらめなければならないのでしょうか。

医学的に考えれば、骨端線やソマトメジンCの分泌の時期を過ぎてしまった場合には背を伸ばすことは、まず難しいという結果になります。

しかし、決して諦める必要はありません。これからお伝えする背を伸ばす方法で、可能性がグンと上がるのです

 

体のゆがみを直すことで身長アップ

長い間の体のクセなどで体は歪んでいることが多くあります。

О脚や猫背になっていませんか?そのような場合、歪みを改善することでその分の身長が伸びることがあるのです。

人によっては整体やカイロプラクティックなどに通って、結果4センチ近く身長が伸びたという人もいます。

自分でやる場合には、普段からのストレッチなども効果的毎日1日5分、顎を引いた状態で壁に背中をつけて立っているだけでも骨盤矯正になり少しずつ改善されますよ。

 

食生活を改善することで身長アップ

コンビニなどの食事がメインになっていませんか?ほかにも、外食が多い・食べない事が多いという人には、食事の改善も背を伸ばす方法の1つになります。

身長を伸ばすためには「タンパク質」の摂取が必須となります。さらに亜鉛・カルシウム・マグネシウムも一緒に摂取するよう心がけるとよいでしょう。これらはすべて身長を伸ばすためのサポートとして必要な栄養素になってきます。

海外で平均身長が高い国はオランダなのですが、オランダではチーズやじゃがいもがよく食べられています。チーズもタンパク質やカルシウムが多く含まれている食材なので、積極的に食べると効果的ですよ。

 

成長ホルモンの分泌で身長アップ

成長ホルモンは13歳~17歳がピークと言われていて、その後はどんどん減って行ってしまいます。そして成長ホルモンと逆に伸びることを止めるホルモンが「性ホルモン」です。体の成熟が早いほど、身長の伸びが止まってしまう可能性が高いということなのです。

成長ホルモンの分泌は「良質な睡眠」と「運動」が重要となります。日頃から寝不足気味だという人は、成長ホルモンの分泌のために規則正しく眠る習慣をつけると良いでしょう。

運動に関しては、人によって得手不得手があると思いますが、できるだけ「縦に刺激のある運動」が良いとされています。簡単にできるものであれば、縄跳びやランニングなどです。他には水泳やバスケットボール、バレーボールも背を伸ばす方法として有効的だと言われています。

 

いかがでしたか。背を伸ばすための方法は意外と多くあることがお分かりいただけたことでしょう。

実はお相撲さんは20歳を過ぎても伸びる人が多いと言われています。職業柄、きちんと食べる・運動する・眠るという繰り返しが、結果として身長へ影響していくようです。これらは今回お伝えした背を伸ばす方法をすべて網羅していますよね。

また、これから成長期を迎えるお子さんをお持ちの方は、今回お伝えした背を伸ばす方法を意識してサポートすると効果が期待できます。

尚、整形外科などでは身長を伸ばすための手術もありますが、これは病気で身長が低い・ケガなどで骨をなくした人の治療が目的です。単に背を伸ばす方法としては利用できませんのでご注意ください。

身長は大人になると骨端線の問題で、多少難しい部分も出てきます。しかし、それでも努力をするかしないかでは結果も変わってくるもの。やったことに対しての実は必ずなるものですよ。

まとめ

背が低い人でも、あと3センチ身長を伸ばす方法は

・体のゆがみを直しましょう
・食生活を見直しましょう
・積極的な睡眠や運動で成長ホルモンを分泌させましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました