脂肪肝を改善して後悔しない人生を送る為の5つの生活習慣

脂肪肝を改善して後悔しない人生を送る為の5つの生活習慣

肝臓という臓器は、『沈黙の臓器』と言われています。肝臓はたくさんの細胞の集合体で、体の中で最大の臓器です。

なぜ『沈黙の臓器』と言われているかというと、再生能力や代償能力が強いので、多少の損傷があっても残った部分が余分に働いてくれて症状が現れにくく、痛みという信号をほとんど出さないので自覚症状が出てくるのが遅く、症状が表面化してきた時には、かなり悪化していることが多いからです。

肝臓というとアルコールの印象が強いのですが、アルコールの90%はこの肝臓で分解されます。その為、アルコールを取り過ぎると、『脂肪肝』になってしまいます。脂肪肝自体の改善は、ある程度、生活習慣の改善で可能です。

脂肪肝を改善せず放置しておくと、肝硬変や肝炎になってしまう可能性が高くなり、肝臓がんになってしまうこともある怖い病気なのです。その為、日常生活で脂肪肝を改善する方法を5つご紹介します。



 

脂肪肝を改善して
後悔しない人生を送る為の5つの生活習慣

 

脂質や糖質の少ない食事を心がけましょう


脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に溜まってしまう病気です。食事で摂取した脂質は、肝臓で中性脂肪に変化します。しかし、脂質や糖質を必要以上に摂取してしまうと、バランスがくずれ肝臓に蓄えられてしまいます。これが脂肪肝です。

血液がドロドロという状態になってしまう為、生活習慣病の予防の為にも、脂肪肝の改善が必要です。 病名を見ると、脂質を減らすだけで脂肪肝の改善が出来そうですが、そうでもありません。

実は、糖質を日ごろから摂り過ぎる傾向にある人は、脂肪肝になりやすいと言われています。特に、果物の果糖は、肝臓で中性脂肪になりやすいので、果物好きの人は注意が必要です。

そして血糖値を急に上げないことも脂肪肝の改善になるので、野菜→タンパク質(魚や肉)→ごはんやパン(炭水化物)の順に食べるのがおすすめです。ゆっくりとよく噛んでこの順番で食事をすれば、血糖値の上昇がゆるやかになり、インスリンの分泌が抑えられ、肝臓に中性脂肪が溜まるのを防ぐことが出来るのです。

もちろん脂質を抑えた食事も大切で、出来るだけ低カロリー・低脂肪の食事を心がけましょう。しかし、太り気味の人が、ダイエットの為に、極端な食事制限をすると『低栄養性脂肪肝』になってしまうこともあるので、ゆっくり、脂肪肝の改善をしていくことが大切です。

 

休肝日を作りましょう


毎日、日本酒なら3合、瓶ビールなら大瓶で3本以上のアルコールを飲んでいると、『アルコール性脂肪肝』というアルコールが原因の脂肪肝になりやすくなってしまいます。

体内に入ったアルコールの90%が肝臓で分解されて、体の外に排出されるのですが、アルコールを取り過ぎると、中性脂肪が肝臓に溜まってしまうからです。

その為、健康診断を受け、肝臓の数値などのチェックをし、アルコールの摂取を脂肪肝になる前に、改善しておきましょう。その為にも、出来れば週2日、休肝日を作り、肝臓の負担を軽減しておくことをおすすめします。

 

有酸素運動をしましょう


脂肪肝の主な原因は、肥満・アルコール・糖尿病です。その為、その中の肥満を解消する為にも、日ごろから運動をすることが必要です。特に脂肪肝の改善に有効なのが、有酸素運動です。

肝臓に溜まった脂肪は、運動することによってエネルギーとして放出されやすいので、ウォーキングなどの有酸素運動をすることで、肥満の解消だけではなく、脂肪肝の改善にもなるのです。

脂肪肝の改善の為には、1日30分以上、週に250分以上の有酸素運動が良い為、毎朝のウォーキングやジョギングなどを始めてみましょう。無理は禁物ですが、出来ることを少しずづ増やしていくことで、生活習慣の改善にもなりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

規則正しい生活を心がけましょう


不規則な生活は、体によくありません。もちろん脂肪肝を改善するためにも、規則正しい生活は必須です。極力、同じ時間に食事や睡眠を取れるように、自分で調整することが大切です。そしてストレスをためないように、発散方法を見つけましょう。

 

肝臓に良い物を食べましょう


食事を取る際に、肝臓に良い食材を取り入れれば、脂肪肝の改善も出来るので、一石二鳥です。肝臓によい食材とは、青魚やわかめなどの海藻類、緑黄色野菜などです。

青魚の中でも、サンマは不飽和脂肪酸のIPEAやDHA、タウリンが豊富です。特にIPEAは血液がドロドロになるのを防いでくれるので、脂肪肝の改善だけではなく、他の生活習慣病の予防にもなりますので、積極的に食べましょう。

わかめやひじきなどの海藻類は、ミネラルや食物繊維が豊富です。その上、カロリーも低いので、安心して食べることが出来ます。そして緑黄色野菜は、肝炎の予防にもなるので、色の濃い野菜を取るように心がけましょう。

 

いかがでしたか。

脂肪肝という病気は、以前は軽く考えられていましたが、今は、脂肪肝は万病の元と言われるようになり、生活習慣病の予防のためにも、脂肪肝の改善は、元気に生活していくためにも大切なことなのです。

特に、アルコールの取り過ぎは、肝臓の負担が大きくなってしまう為、休肝日を作ったり、アルコールの摂取量を減らしていきましょう。もちろん、お酒は量を守れば、ストレスの解消や快眠に導いてくれる良薬にもなります。

自分でストレスを感じない程度のルールを作り、脂肪肝を改善する努力が必要です。重篤な病気に変化して、後悔することがないように、今のうちから、生活習慣を改善しておきましょう。その1歩が、休肝日です。

アルコールを摂取しないと眠れないという人も多いのですが、アルコールを摂取しない日はスポーツなどをして、適度な体の疲労を利用すれば、良質な睡眠を取ることも可能です。人生を後悔しない為にも、少しずつ生活を改善していきましょう。

 

まとめ

脂肪肝を改善して後悔しない人生を送る為の5つの生活習慣

・ 脂質や糖質の少ない食事を心がけましょう
・ 休肝日を作りましょう
・ 有酸素運動をしましょう
・ 規則正しい生活を心がけましょう
・ 肝臓に良い物を食べましょう