脂肪を落とす事は、実はとっても簡単な9つの理由

脂肪を落とす事は、実はとっても簡単な9つの理由

ダイエットをしても効果を実感できないことや、思ったような効果を得られないこと、痩せてもすぐに元に戻ってしまうことってありますよね。がんばってダイエットしようと思った気持ちが冷めてしまったり、途中で挫折する原因になることもあります。

しかし、効果を実感できなかったのは、間違ったダイエットをしていたのかもしれませんよ。正しい方法でダイエットをすると、思うより簡単に脂肪を落とすことができるのです。今回は、簡単にダイエットできる方法とその理由をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。



 

脂肪を落とす事は、
実はとっても簡単な9つの理由

 

食事の質と摂り方に気をつけて1日3食きちんと食べましょう


ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことですね。そのため、食べなければ痩せることは可能ですが、その痩せかたは、リバウンドしやすい体を作るだけでなく、健康にとってもよいとは言えない方法です。

食事制限は「食べない」ことではありませんので、1日2食とか1日1食のダイエット方法は誤りです。脂肪を落とすためには、1日3食が基本です。3食の食事の中から摂取カロリーを減らしましょう。

しかし、中には3食きちんと摂っていて、摂取カロリーも抑えているのに、思うように痩せないというかたもいますよね。それは、食事の質や摂り方に問題があるのかもしれません。摂取カロリーを抑えても、脂質や炭水化物を多く摂っていると、効果は得られないのです。

私たち人間には、たんぱく質、炭水化物、脂質のどれもが必要です。この3大栄養素は、バランスよく摂ることが大切です。脂質は控え、たんぱく質の多い食事を摂りましょう。

炭水化物は、人間にとってのエネルギー源なので、不足させない程度に適度に減らします。一般的な食事は、朝食、昼食、夕食の順に摂取カロリーが高い食事をしていますが、これを逆にしましょう。

一般的には夕食後は活動量が少ないので、食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなってしまいまいます。夕食の食事量を減らし、朝食をしっかり食べるようにしましょう。

 

フルーツはダイエットに欠かせない食べ物だって知っていますか?


フルーツは甘いから太ると思いがちですが、実はダイエットにフルーツは欠かせない食べ物です。フルーツは、低カロリーな上に、ビタミンやミネラル、抗酸化成分や酵素など、ダイエットと美容に必要な栄養素をたくさん含んでいるのです。

フルーツに含まれている酵素は、食べたものの消化や老廃物の排出、老化防止のほか、代謝をよくして脂肪の燃焼を活発にしてくれる優れた栄養素です。酵素は、私たちの体内でも生成されていますが、二十歳頃をピークに生成量が減少します。

肉や魚、野菜などにも酵素は含まれていますが、酵素は熱に弱い特徴があるため、加熱せずに食べられるフルーツがおすすめです。

また、フルーツに含まれているビタミンやミネラルには脂肪の燃焼を助ける働きが、抗酸化成分には、肥満の原因となる活性酸素を排出する働きが、食物繊維には、脂肪の吸収を抑える働きがそれぞれあるため、フルーツは脂肪を落とすために適した食材なのです。

 

便秘がちな人はマイタケを食べて胆汁酸を排泄しましょう


胆汁とは、胆のうから分泌される消化液で、その主成分は胆汁酸と呼ばれるものです。胆汁酸の働きにより、脂質の蓄積を防いでいます。胆汁酸は食物を消化しながら、やがて便として排泄され、新しい胆汁酸が生成されます。

しかし、便秘などが原因で胆汁酸が排泄されずに体内に残っていると、新しい胆汁酸が生成されないため、その働きが鈍り、結果として脂質が蓄積されてしまうのです。

胆汁酸の排泄を促進して新しい胆汁酸を生成させるためにおすすめなのが、マイタケと杜仲茶です。マイタケに含まれるMXフラクションと杜仲茶に含まれるアスペルロシド、このふたつの成分は胆汁酸の排泄を促す作用があります。日ごろから便秘がちなかたは積極的に摂ってみましょう。

 

体の内側から体質改善をする青魚を積極的に食べましょう


DHAと言われるドコサヘキサエン酸は、不飽和脂肪酸の一種で、体内で生成することができない成分です。DHAは、頭がよくなると言われてることでも知られていますが、実は悪玉コレステロールを抑制したり、中性脂肪の値を下げたりする効果があります。

特に内臓脂肪を減らすことに優れているため、体の内側から体質を変えてくれます。適度な運動を合わせて行うことで、効果が倍増しますよ。

 

ダイエットの敵!セルライトを除去しましょう


皮下脂肪組織に脂肪や水分、老廃物をため込み肥大化して固まった状態をセルライトと言います。このセルライトがあると運動や食事制限をしても痩せないと言われるやっかいなものですが、これを除去することで簡単に痩せることが可能になります。

セルライトの除去と言えば、自宅でできるマッサージがありますね。しかし、これだけでは十分ではないのです。同時に脂肪を減らすためのカロリーコントロールや、生活習慣の改善が必要です。

 

脂肪をつける原因のひとつ、冷えを改善させましょう


近年、深刻な冷えに悩む人が増えていますが、冷えも体に脂肪をつける原因となります。この場合、冷えを改善することで脂肪を落としやすくすることができます。入浴はシャワーだけですまさずに、しっかりと湯船に浸かるようにしましょう。

靴下や腹巻きなどを利用して、体を温めてあげるとよいですね。食事は体を温める効果のあるネギや大根、豆類やイモ類などを積極的に取り入れましょう。

 

ひと口30回!よく噛んで食事をしましょう


「太ると分かっていても食べてしまう」とか「つい食べ過ぎてしまう」ということがありますよね。これは、脳から出るβエンドルフィンという快楽物質が脳を刺激することが原因なのですが、そんなかたでも簡単に痩せる方法があります。

体に脂肪がつきやすいかたの多くは、あまり噛まずに食事をしていたり、短時間で一気に食事をしてしまったりしています。この食事の仕方を変えるだけで食欲をコントロールすることができるのです。

ひと口食べ物を口に入れたら、30回咀嚼するようにしましょう。咀嚼という行為は脳のヒスタミンを増やします。ヒスタミンが脳を刺激することで満腹感が増すため、食べ過ぎを防止することができます。

また、ひと口で30回咀嚼すると、食事を終えるまでに20~30分ほどかかるようになります。この咀嚼法で、食べ過ぎと早食いを防止することができるので、結果として脂肪を落とす効果につながるだけでなく、リバウンドも起こりにくくなりますよ。

 

エクササイズはお風呂上りに行いましょう


脂肪を落とすために、エクササイズを取り入れている方は多いですよね。そのエクササイズにはベストなタイミングがあります。それがお風呂上り。体内の血行がよくなっているお風呂上りは、脂肪が燃焼しやすい状態なので、高い効果を得ることができます。

お風呂上りに難しいという方は、寝る前にエクササイズをしましょう。寝る前にエクササイズをすることで、深い睡眠を得ることができるため、全身の疲労回復や朝の目覚めにも効果的です。

 

不適切な運動や食事制限はやめましょう


食べても太りにくい体質を作るためには、筋肉とホルモンが重要です。不適切な運動や食事制限は、ストレスを感じるため、筋肉量が低下したり、ホルモンバランスが乱れ、太りやすい体質を作り上げてしまいます。

適度な運動と食事制限で、ストレスフリーのダイエットをしましょう。それでも痩せない場合は、栄養不足の可能性があります。食生活の見直しと改善を図りましょう。

 

いかがでしたか?

ダイエットを始めてしばらくは、簡単に落とせる脂肪が急激に減っていくので、体重の減少やサイズなど見た目に分かる変化がありますが、簡単に落とせる脂肪がなくなると、伸び悩みの時期に入ります。実は、この時期の過ごし方が大切です。

この体重が減らなくなる伸び悩みの時期は、痩せやすい体を作れる時期なのです。この時期に入ったら、いったん数字のことは頭から切り離しましょう。無理のない範囲でエクササイズを増やして、インナーマッスルを鍛えると、痩せやすい体を作れるだけでなく、美しいボディラインを作ることができますよ。

また、ひとつの栄養素だけを摂取しても美しく痩せることはできないので、バランスのよい食事と適度な運動をすることが大切です。伸び悩みの時期に入ってもあきらめずに継続して美しいボディラインを手に入れましょう。

 

まとめ

脂肪を落とす事は、実はとっても簡単な9つの理由

・ 食事の質と摂り方に気をつけて1日3食きちんと食べましょう
・ フルーツはダイエットに欠かせない食べ物だって知っていますか?
・ 便秘がちな人はマイタケを食べて胆汁酸を排泄しましょう
・ 体の内側から体質改善をする青魚を積極的に食べましょう
・ ダイエットの敵!セルライトを除去しましょう
・ 脂肪をつける原因のひとつ、冷えを改善させましょう
・ ひと口30回!よく噛んで食事をしましょう
・ エクササイズはお風呂上りに行いましょう
・ 不適切な運動や食事制限はやめましょう