身長を伸ばしたいならすぐ実践!!3cm背を伸ばす9つの方法

身長を伸ばしたいならすぐ実践!!3cm背を伸ばす9つの方法

もう少し身長を伸ばしたいけれど、成長期を過ぎてもう手遅れ……と思っているあなた。身長を伸ばすためには、生活習慣や食生活、睡眠が大きな鍵を握っています。もちろん成長期のように10cm、20cmと背を伸ばすことはさすがに不可能です。しかし3cmくらいなら、今からでも伸ばすことができるかもしれません。具体的な方法をピックアップしていくので、あきらめる前に一度試してみましょう!



 

身長を伸ばしたいならすぐ実践!!
3cm背を伸ばす9つの方法

 

その1: 「背が伸びる栄養素を摂る」


昔から牛乳を飲むと背が伸びると言われましたが、これは事実です。牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品は高タンパクでカルシウムの含有量が多く、骨や筋肉のもとになります。しかし成長期を過ぎてしまうと、乳脂肪が肥満の原因となることも。

がぶ飲みをせず、適量を飲むようにしてください。 乳製品以外にも、肉類、魚介類、卵類、大豆製品などもタンパク質を含んでいます。タンパク質は骨や筋肉の材料になるほか、成長ホルモンの分泌も促すので、必要不可欠な栄養素。ダイエット中でも毎日摂るようにしましょう。

ただし塩分や脂肪、添加物を多く含むものは控えめに。カルシウムなら、海藻や葉物野菜、大豆製品にも含まれています。ほか、骨の成長・細胞組織の形成に必須なミネラルとされる「亜鉛」も効果的です。

牡蠣やうなぎ、レバーや納豆、豚や牛のもも肉などが代表的な食材です。さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDやマグネシウムも合わせて摂取するといいでしょう。もちろん上記の食材「だけ」を食べるのは禁物。炭水化物やビタミンもバランスよく補給を。

 

その2: 「規則正しい食生活」


偏食もさることながら、不規則な食生活も身長を伸ばしたいなら改善を。夜食をとったり、朝食を食べなかったり、3食バラバラだったりなどは避けましょう。夜に活発になる成長ホルモンは、空腹時に多く分泌されるため、寝るときに胃が満たされているとうまく活動できません。

胃腸も休めなくなるので、疲れも取れないでしょう。また、朝食も摂らないと脳に栄養がいかないため、仕事や運動はもちろん、身長を伸ばすための指令も効率的に伝達できなくなります。脳の栄養となる炭水化物はきちんと摂りましょう。

規則正しい食生活で脳が正常に働いていれば、身長を伸ばすだけでなく、仕事の能率も上がりますし、朝から夜までキビキビ動くこともできます。さらに肥満や成人病、冷え性や便秘、頭痛などのいろいろな病気を予防することもできます。健康的に身長を伸ばすには欠かせない要因と言えるでしょう。

 

その3: 「姿勢をよくする」


猫背の人は、鏡やショーウィンドーなどに映る姿を意識して、背筋を伸ばしましょう。正しい姿勢をとることで、身長が伸びやすくなります。 小柄でも姿勢がいいと、堂々とした健康的な人に見えます。印象も大きく変わるでしょう。

歩くときも胸を張って、しゃっきりと歩きましょう。本来の身長を取り戻すことができ、3cm伸びたようになる可能性があります。猫背は内臓を圧迫したり、早く腰が曲がる原因にもなるので、なるべく早く改善を。

 

その4: 「骨盤のゆがみを正す」


姿勢と同じくらい大きな問題が、骨盤のゆがみです。現代人には非常に多い症状とされています。整体などもいいのですが、骨盤のゆがみを整えるためには日頃の習慣が重要です。代表的な症状であるO脚・X脚を改善するには、体の重心を正常化すること。

座っている時には足を組まないように心がけましょう。横座りも良くないので注意を。さらに立つ時は、常に両足に体重を乗せて立つようにします。信号や電車待ちなども同様です。そして、カバンや荷物を持つときは交互の手で持ってください。

同じ側でばかり持つと重心が偏ります。骨盤矯正は代謝アップやダイエット効果などもあるのでオススメです。

 

その5: 「きちんと睡眠をとる」


身長を伸ばすために不可欠な成長ホルモンは、睡眠時に分泌されます。すなわち身長は夜に伸びやすいと言えます。ですから、夜更かししていては台無し。かつぐっすり眠ることが、体を休め、骨や筋肉、細胞を形成する鍵となります。

成長ホルモンの分泌が最も盛んな時間帯は、夜10時~2時のゴールデンタイムです。 眠りについてから約2時間で成長ホルモンが分泌されますが、熟睡すればするほど多く分泌されます。 この時間帯に一番効率よく成長ホルモンが出るよう、調整してみましょう。

また、深い眠りにつくために、日中は、脳や体をしっかり使いましょう。 ぬるめのお湯にゆっくり入ってから寝る、ストレッチなど軽い運動をする、寝る前にものを食べない、寝る直前にパソコンやテレビなどの光を見ない、 朝に太陽の光を浴びるなどしても、安眠効果があります。

 

その6: 「ストレッチをする」


安眠効果はもちろん、姿勢を正しくしたり、骨盤のゆがみを直したり、ストレッチは身長を伸ばす他の方法をもっと効率的にする手助けをしてくれます。仕事の休憩時間に背伸びをするなど、一日の随所に取り入れてみましょう。もちろん無理のない範囲で行ってください。

一緒に頭痛や肩こりなども改善できます。特に効果的なのは、起きた時に仰向けで思いっきり伸びをすること。寝る前にもいいでしょう。ずっと同じ姿勢でいた時には凝り固まったカラダをグーッと伸ばすと気持ちがいいです。同時に身長が伸びる可能性も十分にあるといえるでしょう。

 

その7: 「縦方向の運動をする」


運動は成長ホルモンの分泌を促す重要な要因です。軽い運動でも疲労感があれば、寝付きもよく熟睡できるので、ホルモン分泌も活発になります。朝すっきり起きることもできるし、骨も筋肉も丈夫になります。身長を伸ばすのに特に効果的といわるのが、縄跳びです。

ジャンプするなど上下に負荷がかかると、身長を伸ばすための骨端軟骨が刺激され、脳下垂体を縦に振ることができるので、成長ホルモンに大きく作用します。バレーやバスケットの選手が背が高いのは、この縦方向の動きが多いからとも言われています。

縄跳びは足も背筋も鍛えられてなかなかハードなので、ランニングより短時間でOKです。ひざや足首に負担がかからないよう、力を抜いて、垂直に、そう高くなく跳びましょう。音楽を聴きながらするのもいいですね。とにかく継続が大事です。

 

その8: 「リラックスする」


ストレスは睡眠妨害や偏食なども招くので、身長を伸ばすためには大敵です。ストレスを感じると、脳がキャッチして指令を出し、自律神経やホルモン、免疫にまで働きかけます。血管も収縮して血行不良になるので、体のあちこちで困った問題が出てしまいます。

身長を伸ばしたい、かつストレスが溜まっている人は、すぐにストレスを解消させましょう。とはいえ、ストレスが多い世の中、すぐに解消といっても難しいかもしれませんが、心身ともにリラックスできる方法を探して、少しでも時間を取るようにしてください。

本を読んだり、絵を描いたり、音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂につかったり、運動したり。 もちろんしっかりごはんを食べて、落ち着いた生活にしたいですね。

 

その9: 「マッサージする」


直接身長が伸びることはありませんが、成長を手助けするツボがあるので、マッサージを試してみましょう。足の親指の裏、「脳下垂体のツボ」は、 成長ホルモンの発生源である脳下垂体を刺激します。 脳下垂体のツボの少し下にあるツボは「甲状腺ホルモンのツボ」で、新陳代謝を活発にします。

ツボ押しの前と後には、必ず足裏全体をもみほぐしましょう。他にも、ウエストや耳ツボなど、職場の休憩時間などにも押せるツボもあります。痛気持ちよくて効き目を実感できるので、調べて実践してみましょう。

 

いかがでしたか?

他にも、洋服の丈やボリュームを調整したり、柄や色で大きく見せたり、少し斜めに座ってみせるなど、直接身長を伸ばす意外にも背を高く見せるコツはあります。しかし大事なのは、堂々とした態度で、健康的な毎日を送ること。それでさらに魅力がアップします。これから自信を持って、頑張ってくださいね。

 

まとめ

身長を伸ばしたいならすぐ実践!!3cm背を伸ばす9つの方法

その1: 「背が伸びる栄養素を摂る」
その2: 「規則正しい食生活」
その3: 「姿勢をよくする」
その4: 「骨盤のゆがみを正す」
その5: 「きちんと睡眠をとる」
その6: 「ストレッチをする」
その7: 「縦方向の運動をする」
その8: 「リラックスする」
その9: 「マッサージする」