身長差の悩みをメリットに変える9つの方法

身長差の悩みをメリットに変える9つの方法
身長差というのは、彼女が小さく彼氏が大きいから生じるだけではなく、彼氏の方が彼女よりも小さいが為に生じてしまうこともあります。

ここでは、そんな身長差で生まれたデメリットをメリットに変えていく方法を考えていきたいと思います。まず、どんなデメリットがあるかですが、女性が低い場合と男性が低い場合とではもちろん生まれるデメリットは違います。

共通して言えることは、「話す時に相手を見上げる、もしくは屈まなくてはならず姿勢が辛い」や「立ったままだとキスがしにくい」、「並んだ時のお互いのバランス」などがあると思います。男性が低い場合には、「女性がヒールのある靴を履きにくい」ということも出てくるのではないでしょうか。

しかし、こういったデメリットと感じる悩みも見方を変えて行けばメリットにすることが出来るのです。



 

身長差の悩みをメリットに変える9つの方法

 

その1: 相手を見上げる=自然な上目づかいになる

可愛い仕草でよく耳にする「上目づかい」ですが、実は難しい仕草だったりします。ただ睨んでいるように見えてしまうこともあるのです。しかし、身長差がある場合、上目づかいをしようと意識していないのでとても自然な上目づかいになると言えるでしょう。

 

その2: 話を聞く時などに屈む=優しさ

相手の話を聞いたり、同じ視線になる時に姿勢を屈めることもあると思います。歩きながらだと少し辛さを感じたりするかもしれません。ですが、そういった姿を他人が見た時、「優しいな」、「相手のことが大好きなんだな」といった好印象を感じる人も少なくありません。

他人に良く見られたいからこういう行動をするべきだ。というわけではありませんが、自分が辛いと感じることも傍から見た時にはメリットとして捉えられることもあるのです。

 

その3: キスは段差を利用しよう

ドラマや漫画などの胸キュンシーンに階段などの段差を利用してキスするシチュエーションがあったりします。これは、身長差があるが故に実現出来ることではないでしょうか。

段差だけではなく、彼女や彼氏が塀などに座りお互い同じ目線になってキスをするというシーンもあります。少女漫画でよく登場するシチュエーションだと思いますが、このシチュエーションに憧れを抱く方も少なくないのではないでしょうか。

そんなシチュエーションを実現出来る身長差はメリットなのではないでしょうか。

 

その4: お互いの雰囲気を大事に

並んだ時にあまりにも身長差がある為に、「恋人ではなく親子や兄妹に見えるのではないか」、「バランスが悪いのではないか」と悩む方もいるかもしれません。ですが、彼氏が背の低い彼女の肩に自然に手を回して歩いている姿を見た時にとても良い光景だと思ったことがあります。

「恋人に見られないのでは」という悩みは互いが醸し出す雰囲気で変わると思います。家族愛と恋愛感情は違いませんか?お互いがお互いを大事に想う気持ちがあれば、どんなに身長差があっても恋人にしか見えないのではないでしょうか。

 

その5: バランスを気にするのは何故か考えてみる

そしてバランス。もしかしたらこれは男性が低い場合の方が多く悩まれることかもしれません。女性は男性に気を使いヒールのある靴を履けなくなる。男性は女性にヒールのある靴を控えて欲しいと言うケースもあるかもしれません。どういった時にバランスが気になるのでしょうか。

他人からの視線。窓や鏡に映った時。気になるシチュエーションは人によって様々だと思います。窓や鏡に映った姿を見た時に「バランスが悪いのではないか」と思ってしまうのは周りの目を気にしているからではないでしょうか。これは、他人からの視線にも言えることです。

彼、彼女と恋人になったのは他人によく思われたいからではないですよね?お互い「好き」という感情を抱いたからではないのですか?自分が何故「バランス」ということで悩んでしまうのかを考えてみると気にならず、むしろメリットの面も見えてくるかもしれません。

 

その6: お互い身長差についてどう思っているのか話してみる

これは少し難しい方法かもしれません。ですが、お互いにどう思っているのかを知ることで我慢や気持ちのすれ違いも少なくすることが出来るのではないでしょうか。

例えば彼氏よりも背が高いことを気にしているのは彼女だけで、彼氏は全く気にしていない。ということもあります。もしかしたら、自分よりも背が高いことで悩んで欲しくないと思っているかもしれません。お互い正直な気持ちを話すことで心の距離が近くなるかもしれません。

身長差はデメリットではなく、気持ちを深めるメリットと考えるのも良いのではないでしょうか。

 

その7: 身長差があることで生まれる良い面を見つける

・自分が届かない場所の物を取ってくれる。
・抱きしめられた時に包まれている感じがとてもする。

身長差がある恋人の姿を羨ましく感じている方も少なくはありません。悪い面よりも多く良い面を見つけていくことで、身長差をメリットと感じるようになるのではないでしょうか。

 

その8: 立っている時に見える顔と座った時に見える顔の違いを楽しむ

お互いが立っている場合、相手の鼻やあご、頭などを見ることが多いかもしれません。これが体勢が変わった時、お互いに見える表情も変わってきます。このちょっとした変化を自然に楽しめるのは身長差があるが故ではないでしょうか。

 

その9: お互いの見ている景色を体感してみる

身長差があるということは、お互いに見える景色が多少違ってきます。好きな人のことを知りたいと思うことはごく自然なことです。身長差がない場合は同じ目線なのでそう思うこともないかもしれません。お互いの景色を見せ合うことが出来るのは身長差があるから出来ることなのです。

 

いかがでしたか?

少しでも身長差をメリットとして考えることは出来たでしょうか?どんなことでも前向きに考えることが大切です。身長差はデメリットではなくお互いの気持ちを深めるメリットとして捉えることでより親密な関係を築いて行けるのではないでしょうか。

 

まとめ

身長差の悩みをメリットに変える9つの方法

その1: 相手を見上げる=自然な上目づかいになる
その2: 話を聞く時などに屈む=優しさ
その3: キスは段差を利用しよう
その4: お互いの雰囲気を大事に
その5: バランスを気にするのは何故か考えてみる
その6: お互い身長差についてどう思っているのか話してみる
その7: 身長差があることで生まれる良い面を見つける
その8: 立っている時に見える顔と座った時に見える顔の違いを楽しむ
その9: お互いの見ている景色を体感してみる