自分より身長の低い恋人に気づいて欲しい7つの事

自分より身長の低い恋人に気づいて欲しい7つの事

身長の低い女性は必然的に自分よりも身長の高い方と付き合うことが多くなります。このときなかなか相手の方にわかっていただけないのが、自分よりも彼女は低い視界で生活をしているということ。

普段優しく気を使ってくれる彼氏でも、この点を気付いてくれることはなかなか難しいでしょう。以前歩きたばこをしていた男性が、幼児の顔につけてしまい大きな問題になったこともありますが、身長が低くなると視界異なり自分では「普通に生活をしているのになんで問題になるのか?」と不思議に思われるようなことでも相手にとっては大きな障害となることもあります。

ただ、その都度文句を言うのはお互い気持のよいものでありませんので、このコラムが身長の低い方の代弁者となり問題点を共有するきっかけとなり、お二人の仲がもっと近づける方法となるような望みをご紹介します。



 

自分より身長の低い恋人に
気づいて欲しい7つの事

 

もう少しゆっくり歩いて欲しい


身長の高い人は歩幅も広くなるため、歩くスピードが身長の低い人より早くなります。普段一人のときは良いのですが、二人で歩いている時にはもうちょっと、スピードを緩めて歩くか、ちゃんと隣にいるか気にかけてほしいのです。

遅れて歩いていることに気づかず、ぐんぐん二人の間が離れてしまうと、取り残された身長の低い女性は心も離れてしまうようなとても不安で悲しい気持ちになります。

二人の時は自分より歩くのが遅い彼女と一緒に歩けるよう、速度を少し気にかけてください。ゆっくり歩いていくれていることは彼女にも伝わり、その優しさがとてもうれしくなります。

 

満員電車で守ってほしい


どんな人でも間満員電車はつらいと思います。でも身長の低い人は背の高い人より辛いことを分かっていてください。自分の顔の周りが他の人の背中で囲まれたり、時にはぎゅっと押しつぶされてしまうこともあります。そんな時出来るだけ自分と離れないよう抱えて乗車して欲しいのです。

身長の低い彼女はぎゅうぎゅうの中潰され、ほかの人の背中や胸に顔を押し付けるのはたまらなく嫌なのですが、大好きな人の胸のなかであれば安心でき、かえってうれしい時間へと変わります。通勤通学で同じ電車を利用するときや、デートのときなどにも気にかけてくれるととてもうれしくなります。

 

高い場所のものを取ってほしい


買い物に出かけたとき、高い棚に見たいものがあるもの。身長が低い人へ気を使って踏み台を置いているお店もありますが、そうでないときは何とも切なくなります。

一人でいる時は店員さんに声をかけてお願いするのですが、二人で買い物をしている時はちょっと気にかけてもらって、お願いする前に「とろうか?」と取ってもらえると、とてもうれしくなります。

 

サイズの合う服を買ってほしい


プレゼントで洋服を買ってもらうこともありますが、身長が低いとフリーサイズのものですと体に合わず、結局袖を通すことがないままになってしまいます。「買ったのに何で着てくれないんだ?」とムッとして言われても、悲しくなってしまいます。

確かに小さいサイズの洋服は種類が少なく、特に男性の場合女性服のブティックでゆっくり選ぶのも気恥しく、ウィンドウで展示されている洋服を購入してくることが増えるのもわかるのですが、せめて身長が低い恋人のサイズを把握していてもらっているとありがたいものです。ぴったりサイズの洋服を選んでももらえると「私のことをよく分かっている!」とうれしくなります。

 

人ごみの中では手をつないでいてほしい


お祭りの時など、ものすごい人出の中を歩くとき、身長が低いと周りは身長の高い人の背中と胸ばかりとなり、一緒に歩いていてもいつの間にかはぐれてしまいます。

一度はぐれるとなかなか見つけることも難しく、せっかくの楽しい時間に影を落とすことになります。ですので人ごみに出かける時には手をつないでほしいのです。

「そんなの子供じゃあるまい恥ずかしいじゃないか」と思われる男性もいらっしゃるかもしれませんか、身長が低いと子供と同じリスクがあるんだとわかってほしいのです。はぐれないようギュッと手をつないでもらえると、とてもうれしくなります。

 

映画館の座席を気にしてほしい


映画館に行くと、一番見やすい真ん中のあたりを目指して席を取りに行きますが、この時身長が低い女子が一緒の場合は目の座席の人の座高の高さも気にかけてほしいものです。

映画館の座席は前にむかって斜めに下るように出来てはいますが、それでも背の高い人が前に座るとどうしても視界に頭のてっぺんが目に入ってしまいます。そんな時、もし自分の前に背の高い人が座ってない場合、さりげなく席を替わってくれるととてもうれしくなります。

 

がんばってヒールを履いていることに気付いてほしい


身長の低い女子は少しでもカバーするため、ヒールの高い靴を履いてしまします。本当はぺったんこの靴の方が楽なのですが、やはり彼氏にはスタイルよく見せたいためのささやかな努力…。でもやはりヒールは歩きにくく、また早く歩くことも出来ないマイナス面があります。

歩くときのスピードでもお伝えしたように、少しスピードを落として一緒に並んで歩いてもらったり、時々休憩してもらえると、自分のことを気にかけてくれていることが良くわかり、とてもうれしくなります。

 

いかがでしたでしょうか。

背の高い男性にはわからない点があったと思います。どの項目にも共通して言えることは、何よりも彼氏の気遣い不足。身長の低い女の子は普段からこうした問題を抱えて過ごしているのですが、せめて自分のことを大切だと思っている人には困っていることを理解して、フォローをしてもらいたいものです。

理解しにくいと思われる男性は、自分が子どもの時どうだったかをちょっと想像をしてみてください。誰もが幼い頃は身長が低く、自分の回りには大きな大人が沢山いる時など、小さいがゆえになかなか気づいてもらえず、自分のことを忘れられたような寂しい気持ちを経験したことがあるはずです。

その寂しさは彼氏と一緒に歩いている時、自分が遅れて歩いていることに気づかず、どんどん先に歩んで行ってしまう彼氏の姿を見ている時の寂しさとよく似ています。ほんのちょっと思いやる気持ちを持ってもらえるだけで、二人の関係はもっと近づきより良くなれますよ。

 

まとめ

自分より身長の低い恋人に気づいて欲しい7つの事

・ もう少しゆっくり歩いて欲しい
・ 満員電車で守ってほしい
・ 高い場所のものを取ってほしい
・ サイズの合う服を買ってほしい
・ 人ごみの中では手をつないでいてほしい
・ 映画館の座席を気にしてほしい
・ がんばってヒールを履いていることに気付いてほしい