ニキビは芯から治さないと、まったく意味がない9つの理由

ニキビは芯から治さないと、まったく意味がない9つの理由
ニキビが出来てしまった時、みなさんはどうしていますが?ニキビに良いとされているビタミンをいっぱい取ろうと考えてみたり、いつもより野菜を多く食べようと思ったり、洗顔を普段よりしっかり行おうと洗顔回数を増やしたり、ニキビに良いスキンケアでニキビを治そうって、こんな感じで頑張ったりしていませんか?

もちろん、こうした行いはニキビ改善にはかかせない大切な要素でもあり、とても有効だと思います。しかしニキビの根本的な原因である芯を改善しなくては、またニキビが出来てしまうと思いませんか?一時のケアは本当に一時の効果・改善しかされません。

芯を徹底的に改善することで、ニキビがより繰り返さないように促すことが出来ます。こうした根本をまずはしっかりと改善すること、見直すことがニキビのないお肌へ導いていく為にとても大切になっていきます。

今日は、そのニキビを芯から治さなければいけない大切な理由や意味についてお話したいと思います。



 

ニキビは芯から治さないと、
まったく意味がない9つの理由

 

その1: 芯・原因が何なのかを把握する

原因も良く分からず、ただ何となくニキビが出来ているから「とりあえず的なケア」を行う。これでは、一時の改善は出来るかもしれませんが、一時は本当に一時の効果・改善しかされませんので、また何かある度にニキビが出来やすくぶり返しやすいお肌になってしまいます。

原因が何なのかを把握することはとっても大切です。ニキビの根本的な原因としてよくあげられているものでは、ホルモンバランスの乱れや、食生活の乱れ、睡眠不足、不衛生、精神的なストレス、過剰な洗顔、保湿不足による乾燥などなどたくさんありますが、ご自分に何か当てはまる物はありませんか?

小さいことのようでこれは本当に大きなことなんです。

こうした原因の一つを把握することは改善をするにあたってとっても重要になって来ます。もし一つでも心あたりがあるようであれば、見直すきっかけにもつながりますのでぜひとも考えてみて下さい。

 

その2: 習慣の改善

ニキビを一時的にケアをして治しても「あっ、また出来てる!」ってことありませんか?それは、根本的なニキビの芯が改善されていないと言う証拠です。芯の主な原因としてよくきっかけにもなっている要因の一つとしては、何気ない毎日の習慣が大きく関係していることがあるそうです。

本当に何気ないことですが、外から帰って来て手を洗わずその手で顔を触ったりしている、メイクをしたままつい一日落とさず寝てしまったとか、スナック菓子ばかりよく食べてご飯をしっかり食べていないとか。本当に何気ないことですが、そうした習慣が招く肌トラブルが大きく原因を作っていることがあるそうです。

習慣は癖になりますので、だんだんそれが性格にもなり改善する所か、原因を違う所へ持っていきがちになります。

こうなってしまうと、ニキビが出来てしまった時「ケア」と「ビタミンドリンク」を飲んで改善だけを期待するとう方たちが大勢いらっしゃいますが、どんなにニキビに効果がある又は美肌効果のあるビタミン類を取ったり、ニキビ用の優れたケア商品を使用したとしてもこの良くない習慣を断ち切らなくては、何度でもニキビはぶり返してしまう危険性があります。

悪循環な習慣もニキビの根本的な芯の部分になりえますので、もう一度よく習慣について見つめなおしてみて下さい。

 

その3: ニキビの容態に合った対策を行う

ニキビといっても一概に全てが同じ物だと決め付けてはいけません。ニキビにも容態・状況・種類・経過状況などみんな違います。これが良かったから私にも合うかも・・・。っとは限らないんです。ニキビの初期段階は、皮脂が毛穴をふさぎ、炎症
を引き起こし、面ぽうと言う毛穴に詰まった黒い点が生じます。

それがさらに炎症を起こすと丘疹と言う赤いボツボツが出来ますが、同じように見えても改善方法が全く違います。それぞれに対応された方法でニキビケアを行うことが繰り返さないお肌へと改善されますので、ご自分の容態に合ったニキビケアを行うようにして下さい。

 

その4: 芯から改善しないと起こるリスクについて

お肌の根本的な、特にニキビの原因になっている芯の部分。

これがきちんと改善されていないと何度でも同じ所にニキビを繰り返し作りやすくなってしまいます。その芯の部分の炎症がさらに悪化へと進んでしまうと化膿した状態になってしまいますので、お肌表面のケアだけを繰り返し行っていたとしても、結局またぶり返し何も改善はされていない結果になってしまいます。

根本から治すとは、原因・芯の本当の改善です。ニキビは一度出来てしまうと、植物のように根をはり、何度表面からキレイに治してもまたふとした時に根のはった根っこの残りの部分が成長してしまうので、ニキビを繰り返し作ってしまいます。

出てきた表面のニキビだけをキレイに消す・治すといった改善ケア用品はたくさん売られておりますが、ここで気を付けて欲しい、見て欲しいことは表面だけのニキビを改善するものだけではなく、繰り返さないようにする為の内部のニキビの芯をきちんとケアしてくれるものを使用すると言うことが重要だと思います。

繰り返し出来てしまうニキビには大きな問題点があり誤ったケアをしてしまうとしこりのようなものが出来てしまうそうです。

しこりになってしまうと、自然治療で治すといったことはとても時間がかかるだけではなく、治る確率も大変低く、レーザー切除などの治療をしなくては改善されにくくなってしまいますので、なるべく繰り返さないように芯からのケア・改善を心がけていくようにして下さい。

 

その5: 毛穴の中にある皮脂

ニキビの大きな要因としてこの毛穴からの皮脂分泌は、スムーズに皮脂が排出活動を行えていればニキビが発生するといった問題が大きく減少・改善されます。この排出活動がうまく出来ていないという場合に発生しやすくなると言われておりますので、スムーズに毛穴から皮脂を排出出来るように手助けをしてあげることが大切です。

皮脂が毛穴から排出出来なくなってしまう主な原因は、皮脂が遊離脂肪酸という物質に変わってしまうからだそうです。なので、そうなってしまう前にきちんと毛穴から皮脂の排出を流れよく行えるように出来ると良いと思います。

皮脂の量が多ければニキビになるといったことではなく、毛穴から皮脂が排出できなくなるからニキビが発生してしまうので、そこを間違えてはいけません。

よく皮脂量が多いとニキビになりやすい・ニキビになってしまうと考える方が多くいらっしゃいますが、皮脂分泌はある程度お肌を守る為にはかかせない役割があります。

お肌を外的刺激から守るバリア機能としても働いてくれますので、皮脂量にばかり過剰に目を向けてとってしまうのは逆効果をうむこともあります。

量にこだわるのではなく皮脂の質(性質)について考えてみて下さい。この機能が正常に働かなくなってしまうことから、毛穴に皮脂が遊離脂肪酸という物質に変わり詰まって排出されないままニキビなどを作ってしまいますので、きちんと根本的原因を把握し改善出来きるようにしてみて下さい。

 

その6: 根本の原因要素であるアクネ菌について

アクネ桿菌と聞くと、みんなお肌に悪影響をもたらす悪い菌だと思いませんか?

そのような菌がお肌にひそんでいるとあらば総攻撃を思わずしてしまいたくなりますよね?でも実は、ニキビの根本的要素の一つでもあるこのアクネ桿菌は、全部が全部で悪い菌とは言えない理由があるんです。

このアクネ桿菌は、ブドウ球菌と同様一番多くお肌の中に生息する菌の一つで、いつも私達のお肌にほぼいる菌と言っても過言ではありません。この菌は、空気などを大変嫌うために、酸素に触れないよういつも脂腺内にひそひそと(ニキビ菌)ですが生息しております。

アクネ桿菌は、皮脂を栄養としており、増殖し過ぎるとお肌表面によく現れるにニキビの原因になりますが、このアクネ菌はただ単に意味もなくお肌に生息していると言うわけではないんです。

皮膚の酸性度をきちんと調整してくれて、お肌に優しい弱酸性に保ってくれて他の細菌などの進入や繁殖を防いでくれる働きもあるんです。なので、一概に邪魔扱いをすることは出来ない菌でもあります。

しかし毛穴から排出できなくなった皮脂などを分泌し増やしていってしま働きもありますので、その菌が分泌する分泌液などが毛包壁の細胞を破壊し炎症させてしまう危険性もかねそえているんです。

本当に良い意味でも悪い意味でも困った菌と言えますが、アクネ菌を完全にお肌から追い出すのではなく、適度に残しつつも増殖させないようなスキンケア方法が大切になって来ます。

なので完全に追い出してしまうスキンケア方法はなるべく控えめにした方が良いのかもしれません。

 

その7: 食事の有効化

口に入れる物が身体作りにおいて大きな影響を及ぼすことをご存知でしょうか?

お肌も体と同様に、食べた物の栄養からお肌に必要な栄養素を吸収するそうです。なので、吸収される物が偏ってしまった栄養素ばかりですと、身体のバランスも崩れお肌のバランスも当然崩れやすくなってしまいます。

食べた物がお肌にも栄養素として運搬されますので、塩分ばかりを多く食べていれば、身体にぶつぶつとした湿疹・体ニキビなどを作る原因にもなります。ニキビはそもそもお顔ばかりに出来るものではありません。

ついお顔ばかり意識してしまうことが多いと思いますが、体にもニキビは同様に現れます。常に刺激が多い生活を人間は送っています。外部からの刺激などは、避けようにも中々避けてどうこう出来るものではありません。

特にお肌の免疫細胞が弱い方などは、ちょっとした外部刺激だけでもお肌にダメージを受けやすくなることがあります。そこで大切なのは誰でも行えるちょっとした工夫になります。口に入れる物、食べ物の有効化なんです。

お肌の皮膚は、ビタミンCやカルシウムなどを取ると皮膚の抵抗力を高めてくれる他に、お肌が過敏になるのを防いでくれる働きがあるんです。こうした優れた働きのある食べ物を意識しながら積極的に取ることで、運搬される栄養素がお肌の弱った抵抗力を強くしてくれます。

お肌の免疫力をあげられれば、外部刺激にも負けないお肌にしてくれますので、日々の口から入れる食べ物と言うのは本当に重要になって来るんです。

食事を見直し、役立つ栄養素の働きを有効的に活用することが出来れば、根源である根元を退治してくれる働きも期待出来るのではないでしょうか。

 

その8: 睡眠の重要性とニキビの発生する関係について

どんなにバランスよく食事を取っていても、ニキビ対応のスキンケアを行っていても、便秘を改善出来ていたとしても、この睡眠と言うのはお肌のホルモンバランスを動かす重要な働きが存在しています。

睡眠を怠ってしまえば、ホルモンの分泌活動がおかしくなりだしてしまいます。よく睡眠不足ですと、皮脂分泌が過剰に分泌されると言うことを耳にしたことがあるかと思われますが、単に皮脂分泌を過剰にするばかりではありません。

極端な乾燥化と言う皮脂分泌が出てこない、がさがさするといった場合も睡眠不足によって起こる場合があります。このがさがさタイプの場合には、白ニキビが大変できやすい状態になっている為、広範囲に完全に膨れてはいないけれど、ぼこぼこっとしたものが現れやすくなってしまいます。

きちんと睡眠を行えずにいたため、古い角質が残ってしまった状態とも言えます。がさがさ角質が残っているからといって、角質落としを使用して一瞬でもつるつるになったとしても、それが極端な刺激になりつるつるしてるのに翌朝ニキビが出来ている。なんてことも起きやすくなることがあるんです。

ホルモンはいったん崩してしまうと、次から気を付けても整えるまでに少し時間がかかるようで、ニキビなど発生しやすくしてしまいます。

なので、なるべく出来るなら睡眠をしっかりと行えるように心がけすると良いと思います。根本的な芯から改善する為にも、こうした睡眠不足は一向に改善されない原因にもつながりますのでしっかりケアを行ったらしっかり休むようにして下さい。

 

その9: 外的要因と内的要因

上記などでお話したのは、ほとんどが内的要因などの心身の内面から起こる原因のものでしたが、内的要因だけがニキビの根本的原因につながるばかりじゃありません。

お肌に合わない化粧品の使用やお肌が清潔じゃなかったり、お肌の乾燥や紫外線の影響で受けたダメージや誤った洗顔などの仕方一つでもニキビの根本的原因につながります。

これらは外的要因の一つですが、ついやらかしがちになってしまう要因でもありますので十分に注意するようにして下さい。特に一番気をつけて欲しい行動の一つとして、不潔な手でお肌を触ってしまうという行為。

ついこれは無意識に行いがちになってしまうのですが、手は洗ってもまたどこかに触れたりすることも多いので、洗ったという認識だけが強く、他のところも触ってしまったのにその手でつい頬づえしたり、こすったり。

お肌に摩擦など刺激を作ることはニキビの悪化や発生の原因になる場合があります。極力お肌はこすったり触らないようにすると良いかもしれません。

細菌などが毛穴に入ってしまえば、ケアを繰り返しても根本的な改善に期待出来なくなるかもしれませんので、十分注意が必要かと思います。

 

いかがだったでしょうか?

どんなにケアなどを頑張って行っていても、根本的な芯から改善させなくてはニキビは何度でも繰り返し出来てしまうものです。特に生活習慣の改善は、お肌に大きな影響を与えてしまうと思います。

分かっていても中々悪い習慣・怠けて楽をしようと簡単にすませてしまう癖・性格などは治るものではないかと思いますが、本当にお肌のこと、心身から改善をしようと決意するならばやはり、こういった悪い習慣をたちきることから頑張らなくてはいけないと思います。

本当にそれは小さなことからですが、例えば冬なんかは寒くて換気などをしたくないと言う方も大勢いらっしゃるかと思いますが、換気は空気をじゅんかいさせる為にとても大切なことです。空気中には無数の埃がまっています。その埃には目に見えないダニがたくさん生息しているんです。

こまめな掃除はもちろん、空気の入れ替えはお肌にも体の健康にもとても重要な要素ですので、生活習慣の改善の一部としてぜひ取り組んでいってほしいと思います。

この記事がどうか、みなさんのお役に立てること願っております。

 

まとめ

ニキビは芯から治さないと、まったく意味がない9つの理由

その1: 芯・原因が何なのかを把握する
その2: 習慣の改善
その3: ニキビの容態に合った対策を行う
その4: 芯から改善しないと起こるリスクについて
その5: 毛穴の中にある皮脂
その6: 根本の原因要素であるアクネ菌について
その7: 食事の有効化
その8: 睡眠の重要性とニキビの発生する関係について
その9: 外的要因と内的要因