塩シャンプーとは?始める前に知っておきたい5つのこと

塩シャンプーとは?始める前に知っておきたい5つのこと
最近、テレビなどのメディアで紹介され広がりつつある塩シャンプーですが、「それって何?」という人も多くいますよね。塩シャンプーは、普通のシャンプーよりも頭皮の臭いをなくしたり、トラブルを解決してくれると言われているものです。

また、売られているものではないので、自分で作らなければなりません。といっても、とても簡単なもので、洗面器にお湯を溜め、そこにスプーン1杯くらいの塩を入れるだけです。

しかし、普通のシャンプーとは違うので、それなりのデメリットもあります。それに、塩シャンプーが不向きな人もいるので、始める前にしっかりと確認しておきましょう。

そこで今回は、塩シャンプーを始める前に知っておきたい5つのことをお伝えします。



 

塩シャンプーとは?
始める前に知っておきたい5つのこと

 

乾燥を防げる


全てのシャンプーというわけではありませんが、一般的なシャンプーは頭の汚れを落とすだけでなく、必要な皮脂や保湿成分も少なからず落ちてしまっています。なので、シャンプーが終わったあとは、乾燥していることが多いのです。

ですが、塩シャンプーにはそこまで強力な洗浄力はありませんので、保湿成分が適度に保たれるために、頭皮に潤いが残ります。すると、頭皮はバランスの取れたベストな状態になり、続けていればそれを保つこともできます。

乾燥を防いでくれるので、塩シャンプーは乾燥肌の人に向いています

 

頭皮の持っている力を引き出す


先程も述べましたが、一般的なシャンプーは必要な皮脂や保湿成分を少なからず落としてしまっています。それは、一日一回のシャンプーでも「洗い過ぎ」の状態になっているのです。そして、必要以上に皮脂が落とされた頭皮は、本来持っている力を発揮できなくなっています。

そこで、頭皮が力を発揮できる状態を作るのに、塩シャンプーが大きく貢献します。これも、やはり一般的なシャンプーよりも洗浄力が弱いためにできることです。必要な皮脂が残り自然な状態に戻っていくことで、本来の力を出せる頭皮へと生まれ変わるのです。

ちなみに、一般的なシャンプーを一日に複数回やることは絶対にやめて下さい。頭を洗い過ぎてしまうと、少ない皮脂を補うためにさらに皮脂を出すので、かえって脂ぎった頭皮になってしまいます。

 

洗ってもスッキリ感がない


塩シャンプーでは、頭皮の皮脂が多い人には、物足りないかもしれません。元々、お湯に塩を溶かしただけのものなので、洗浄力はシャンプーよりも低いので、皮脂が多いと十分に洗いきれず残ってしまうことがあります。また、香りがないために、普段香りがするシャンプーを使っている人には、頭を洗ったという感じがないかもしれません。

これらが原因となって、頭を洗ってもスッキリ感が得られないのです。なので、始める前と終わった後には、数分間を目途にして、お湯でしっかりと頭を洗い流して下さいお湯自体にも、汚れを落とす力があるのです。香りが欲しい人は、頭皮に悪影響を与えない香料を塩シャンプーを作る時に、一緒に混ぜれば香り付きの塩シャンプーができます。

 

頭皮が臭ったり傷つけることがある


一般的なシャンプーで頭を洗っている人が、塩シャンプーに変えた時に気になるのが、頭皮の臭いです。臭いにも個人差があり、きつくない人は塩シャンプーだけでも取れますが、きつい人は臭いが残ってしまうことがあります

頭皮の臭いがきついと自覚している人は、頭を洗った後はヘアケアフレーバーを使うなどしてケアをする必要があります。余計な成分が入っていないので、臭いのケアは自分でやらないといけないのです。

塩の濃度が濃いシャンプーを使ってしまうと、頭皮を傷つけてしまうので、分量は間違えないように気を付けて下さい。洗面器に溜めたお湯に対してスプーン1杯くらい、濃度にすると10%くらいが適量です。自分で作るということは、間違える可能性もあるので、作る際はくれぐれも慎重にするようにお願いします。

 

効果がすぐに出ない


汚れを落としたり、洗い上がりをスッキリさせる成分などが入っておらず、塩シャンプーはお湯と塩だけなので、効果がすぐに現れません。効果を実感するまでにかかる時間は、人によりますが早くても半年、長いと3年くらいかかる人もいます。

すぐに効果が出ないことをあらかじめ知った上で、根気よく続けていくことが大切になります。頭皮に良い影響を与えるのは間違いありませんので、一度始めたら途中で諦めるのはもったいないことです。なので、始める時は長期戦を覚悟しておきましょう

 

いかがでしたか。頭皮の臭いやトラブルを解決してくれて、一般的なシャンプーよりも効果があるとして広がりつつある塩シャンプーにもメリットやデメリットがあります。総合的に見ると、乾燥肌の人向きでメリットを実感でき、頭皮の脂が多い人にはあまり魅力的に写らないかもしれません

脂が多い人だと塩シャンプーだけでなく、その後のケアや洗っている時もより丁寧にお湯で洗い流さないといけないなど、いろいろなところに気を配らないといけません。乾燥肌の人は、塩シャンプーだけでスッキリした感じになりますし、お湯を流す時も普段のシャンプーと同じ感覚で大丈夫です。

どちらの人での効果を実感するまでは、長い時間がかかりますので、途中で諦めることなく根気よく続けていきましょう。そうすれば、時間はかかりますが絶対に頭皮のトラブルは解決します。

まとめ

塩シャンプーを始める前に知っておきたいことは

・保湿成分が適度に残るので乾燥を防げる
・必要な皮脂が残るこおとで頭皮本来の力を引き出せる
・皮脂の多い人だと洗ってもスッキリ感がない
・頭皮の臭いがきつければケアをし、塩の分量を間違えないこと
・効果がすぐに出ず半年~3年くらいかかる