塩シャンプーが頭髪に良いって本当?その理由と効果を解説

塩シャンプーが頭髪に良いって本当?その理由と効果を解説
頭皮に良いと言われる塩シャンプー、気になる人もいますよね。毎日シャンプーしているのに、頭の匂いが気になったら、今使っているシャンプーが合わないのかもしれません。

それなら、頭皮のうるおいの元まで洗い流してしまう石鹸成分や、シャンプー独特の香りの基が入っていない、塩シャンプーはいかがでしょうか。頭皮のトラブルを解消して、髪の毛にも良い効果を与えてくれます。そして、嫌な頭皮の匂いを解消し、気になる抜け毛も改善できます。しかし、やりかたを間違えると、かえって頭皮のトラブルを招いてしまいます。では、そんな頭皮に良いとされる塩シャンプーは、どうやればよいのでしょうか。そこで今回は、頭皮に良いと言われる塩シャンプーの使い方とその効果についてお伝えします。



 

塩シャンプーが頭髪に良いって本当?
その理由と効果を解説

 

塩シャンプーの正しいやり方


頭皮は毛穴から分泌された皮脂や汗にフケや細かいゴミが付くことで、かなり汚れてます。だからと言って、強力な石鹸で洗ってしまうと、皮膚の潤いにも必要な皮脂まで洗い流してしまいます。また、シャンプーには香料が入っており、すすぎが不十分だと石鹸成分と香り成分が残ってしまい、頭皮のトラブルの原因となってしまいます。実は頭皮から分泌された皮脂は、お湯で洗い流せます。毎日丁寧に洗っているのであれば、毎日、強力な石鹸で洗い流さなくてもよいのです。しかし、タンパク質の垢は、お湯だけでは洗い流せません。塩を使うことで、タンパク質の汚れをきれいに落とせるのです。

とはいえ、いきなり濃い塩水を皮膚にかけてしまうと、頭皮のトラブルを招いてしまいます。また、お湯が熱すぎてもタンパク質が固まってしまい、きれいに洗えません塩シャンプーを使うなら、洗面器にぬるま湯を入れ、そこに大さじ一杯程度の塩を溶かします。そして、頭を洗う前にしっかりブラッシングを行い、髪の毛をお湯だけで丁寧に洗います。その後、用意した塩シャンプーで、頭皮をマッサージするように洗います。洗い終わったら、頭皮に塩が残らないようにお湯で洗い流してください。

 

塩シャンプーのメリット


今販売されているシャンプーには、洗浄力の高い界面活性剤が含まれています。髪の毛はサラサラになりますが、皮膚の潤いに保つ皮脂までも洗い流してしまいます頭皮が乾燥しすぎると、皮脂を余計に分泌するようになります。それが、髪の毛に付いてベタベタしたり、ニキビなどの肌をトラブルの原因となってしまいます。

さらに、シャンプーが頭皮に残るのもよくありません。泡立ちのよいシャンプーは、洗っていても気持ちがよいものです。しかし、すすぎが不十分になりがちです。シャンプーの泡を十分に洗い流さないと、残った石鹸が頭皮を刺激してトラブルの原因になります。また、シャンプーの香りが頭皮のいやな匂いを倍増させることもあるのです。塩シャンプーは、頭皮の汚れをきれいにしますが、潤いに必要な皮脂は残してくれます。また、石鹸と違って洗いながすのも簡単です。シャンプーが残ることで起きる頭皮のトラブルを避けることができます

 

塩シャンプーで注意したい点


とはいえ、塩シャンプーに切り替えたばかりの時期は、注意が必要です。それまで、シャンプーで皮脂をきれいに洗い流していると、頭皮が皮脂を余計に分泌しているかもしれません。塩シャンプーに変えたからといって、頭皮や髪の毛が元気になる訳ではありません新しい皮膚に置き換わるまでは、効果が見えないのが普通です。

また、塩シャンプーをやったからと言って、皮脂の分泌が急に減ることはありません。そのため、塩シャンプーで洗っただけでは、余分な皮脂が残っているかもしれないのです。もし、頭のべたつきやかゆみが気になったら、しばらくは塩シャンプーの日を2、3回にして、他の日は市販のシャンプーを使うようにしましょう。

 

塩シャンプーの作り方


塩シャンプーに使う塩は、家庭用の食卓塩ではなく、ちょっと値段が高めの粗塩を使うのがおすすめです。一般に販売されている塩には、精製された塩と天然の塩の2種類があります。塩シャンプーは、塩に含まれるナトリウムイオンがタンパク質に働いて、汚れを落ちやすくしています天然の塩に含まれるミネラル分には、そんなナトリウムイオンの作用を高める効果があるのです。

塩シャンプーは使う直前に作るのが基本です。はじめのうちは多めに作って、頭全体に流すコツをつかみましょう。また、熱いお湯だとタンパク質を落とす効果が落ちるので、ぬるま湯を使います。そして、作った塩シャンプーは、その都度使い切るようにしましょう

 

こんな時はどうすれば良いの


塩シャンプーに含まれる塩は、肌にとっては刺激物です。肌が敏感な人は、使用を控えたほうがよいでしょう。また、塩にアレルギーがある人もいます。もし、塩シャンプーを使っていて、頭皮に炎症が発生したら、皮膚科で相談するのをおすすめします。

また、特別な日のヘアセットでは、スプレーやワックスを使用する場合もあります。そんな時は、髪の毛だけリンスやトリートメントで洗うと良いでしょう。スプレーやワックスはお湯だけでは落としにくい、油分が含まれています。この油分をきれいに落とさないと、塩シャンプーの効果が半減してしまいます。油分をきれいに落としてから塩シャンプーを使いましょう。

 

いかがでしたか。頭皮に良いと言われる塩シャンプーの使い方とその効果についてお伝えしました。

塩シャンプーを使うことで、頭皮の環境が改善され、頭のいやな匂いが無くなったり、抜けにくいツヤのある髪の毛が増える効果があります。そして、塩シャンプーは塩水で頭皮を洗う、という誰でもトライできる、シンプルな頭の洗い方です。とはいえ、やり方を間違えると効果が無いばかりか、頭皮の炎症の原因にもなってしまいます。正しいやり方で行いましょう。

塩シャンプーで洗うコツは、事前に髪の毛を丁寧にブラッシングして髪の毛を洗いやすくし、髪の毛をお湯できれいに洗ってから、頭皮を髪の毛とは別に塩シャンプーで洗うことです。また、頭皮を洗う際は、マッサージするように心がけるのがおすすめです。

まとめ

塩シャンプーの効果を最大限引き出すには

・正しいやり方を身に付けよう
・メリットを理解しよう
・使う上での注意点に気を付けよう
・正しい作り方を覚えよう
・場合によってはシャンプーを使用しよう


連記事