姿勢が良ければ太らない!猫背を治す正しい歩き方と座り方

姿勢が良ければ太らない!猫背を治す正しい歩き方と座り方
猫背のせいでスタイルが悪く見えるという悩みを抱える人は多いですよね。確かに猫背だとお腹がたるみ、お肉が余って見えるため、実際の体重よりも太って見えることがしばしばあります。

でも、猫背のデメリットはそんな見た目の要素だけではありません。猫背のせいで太りやすくなるということをご存知でしょうか。

猫背だと体幹、つまりインナーマッスルが衰えてカロリーの消費量が減少します。また、猫背の進化形である巻き肩を放置していると肩回りの運動量が減り、二の腕に脂肪が蓄積してタプタプになりやすいです。

このように、姿勢の悪さのせいで太ってしまうのは紛れもない事実です。ですから、姿勢の悪さは一刻も早く改善させるべきなのです。

そこで今回は、悪い姿勢の代表である猫背を解消するための歩き方や座り方についてお伝えします。

まずは正しい立ち方をマスターしよう

猫背改善のための歩き方の前に、正しい立ち方をマスターしましょう。

正しい立ち方を確認するため、まずは壁に背中を付けるように立ってみて下さい。

そして、胸を張るようにして両肩の先端を壁に付け、両肘も壁に付くようにします。もし、この状態で腰が前に出ているようなら、「反り腰」と言って骨盤が前のめりになっている証拠です。これも猫背を作る要素のため、背中と壁の間は拳一つがやっと入る隙間になるくらいに身体を寄せます。

そして、下半身は、太ももとふくらはぎが壁に付くようにし、足の先端をV字に開きます。

以上の姿勢が正しい立ち姿とされています。最初は壁に身体を沿わせ、慣れたら壁無しでもこの立ち姿を維持できるようにして下さい。

 

正しい立ち方を崩さず、かかとから着地する習慣を付けよう

壁無しでも正しい立ち方ができるようになったら、この状態を維持したまま歩けるようにしましょう

基本的にはかかとから足の裏を離し、膝下ではなく足の付け根から前に出して、かかとから着地するようにして歩きます。

足を動かしている間も上体を伸ばすことを忘れてはいけません。目線はまっすぐ目の高さと並行かやや上になるようにし、背筋を伸ばして胸を開いた状態を維持します。

イメージとしては、モデルの歩き方を想像すると良いでしょう。慣れないうちはきついですが、猫背が治ってくると、正しい姿勢に沿った筋肉が発達し、つらくなくなります。

 

背筋を伸ばし、正しい座り方をキープできるようになろう

次は正しい座り方です。やはりこちらも背筋を伸ばすことを意識しましょう。

背もたれがある椅子に座ると、つい背中を預けて頭を前に出す姿勢になりやすいですが、これが猫背を作る諸悪の根源です。ですから、背もたれがあっても無いものと考えて、背中を真っ直ぐ保つようにして座って下さい。

また、足を組んだり、片側に投げ出すような座り方は骨盤のゆがみを招き、そこから正しい立ち方がしづらくなり、結果的に猫背の原因になりやすいです。足はまっすぐ揃えて座るということを忘れないでください。

 

肘をつく、前のめりになる姿勢を控えよう

ただ座って誰かの話を聞いているだけなら正しい姿勢を維持しやすいですが、紙に何かを書いたり、キーボードを叩いたりしていると知らず知らずのうちに前のめりになって猫背気味になる人が多いです。

机に向かって何かする時も、背中を丸めないように注意しましょう。また、肘をつくのも首から背中にかけて丸くなるだけでなく、左右の歪みを招くので避けた方が良いです。

また、作業中の悪い姿勢を防ぐためには、椅子や机の高さを合わせること、視力に合わせた眼鏡やコンタクトレンズを付けることも有効です。

 

スマホ、PCを見る姿勢に気を付けよう

現代人の猫背が多くなっている背景に、スマホとPCの普及があります。特にスマホは首を下にもたげるような姿勢になりやすく、「スマホ首(ストレートネック)」という言葉も生まれたほどです。

長時間スマホを操作するときには、なるべく画面を目の高さに持ってきて行うこと。腕が疲れますが、逆にそれが抑止力となり、無駄な時間をスマホに費やすことを防げます。

PCの画面は動かせませんが、自分にとって見やすい画面の高さや明るさ、文字の大きさに調整することで、必要以上に顔を近づけずに済みます。

 

以上、正しい姿勢や座り方についてお伝えしました。猫背は本人の知らないうちに身体に染み付き、見栄えが悪くなるだけではなく様々な健康被害をもたらします。今回の主題である太りやすいということだけではなく、肩こりや頭痛、血行不良による冷え性や、女性の場合は貧乳の原因になったりと、悪いことしかありません。

しかし、一度定着した猫背を治すのはかなり時間がかかります。なぜなら、悪い姿勢に沿って筋肉が付いているため、それを一旦ほぐして正しく矯正するという手間が生じるからです。

人が猫背になるのは、何と言ってもその方が楽に過ごせるからです。でも、見た目は悪いし、長い目で見ると健康に悪いものですから、深刻化しないうちに改善させた方が良いのは言うまでもありません。

猫背を治せばある程度は太りにくくなるという効果もありますから、この機会に改善にチャレンジしてみましょう。


連記事