歯石と口臭の関係を学んで、 人間関係を改善する7つの方法

歯石と口臭の関係を学んで、 人間関係を改善する7つの方法

歯石は、毎日の食生活のなかで、食べ物や飲み物のカスが蓄積したところに、細菌が繁殖し、石のように固くなってしまったものです。残念ながら、たくさんの歯石がついているは口臭がする人が多く、爽快な息の人は少ないといえます。なぜなら、先にも述べましたが、歯石は最近の繁殖の場だからです。しっかり歯石をとってオーラルケアをすることで爽やかな息を取り戻しましょう。



 

歯石と口臭の関係を学んで、
人間関係を改善する7つの方法

 

自分の歯磨き習慣を見直しましょう


歯磨きは、1日に何度行っていますか?今や携帯用の電動歯ブラシも人気ですし、仕事場でランチタイムの後にみなさん歯磨きタイムがあるようです。お酒を飲んで酔っ払ってしまって、歯磨きをせずに寝てしまうということはありませんか?

もしも酔っ払って、もう起きてられない・・という時でも、せめてうがいをしてからベッドに行きましょう。少しでも歯の汚れを流すことで、歯石がついたり、歯肉が炎症を起こしてしまったりすることを防ぐことができます。

 

歯磨き後に鏡をみましょう


歯磨きをした後に、鏡で磨き残しがないか確認していますか?鏡でしっかり確認すると意外と磨き残しがあったりするものです。しかも、歯磨きペーストには、爽快感があるように香料が配合されています。

香料による爽快感で、歯磨きが完璧と感じていても、実はあまり磨けていないこともあるのです。一度歯磨きが終わった後に、鏡で確認することで汚れをより落とすことができます。汚れを落として歯石がつくことを減らすことができます。

 

デンタルフロスをつかってみましょう


デンタルフロスは、歯ブラシで取りきれない歯と歯の間にある汚れを落とすことができます。使い慣れないと、面倒くさくなることもありますが、習慣化すればデンタルフロスをやらないとなんだか落ち着かない、磨き足りないというようになるようです。

デンタルフロスの良いところは、歯と歯の間の汚れをしっかりからめて落とすことができることや、歯と歯肉の境目のところまで汚れを落とすことができることです。デンタルフロスの使い方をマスターして、より効率的な歯磨きテクニックを身につけましょう。

 

磨き残しのポイントを確認してみましょう


歯磨きをしていると、それぞれ利き手や癖があるので、よく磨ける場所と磨き残しが多い場所に傾向があります。一般的に、利き手が右手の場合は、利き手側の犬歯、小臼歯の磨き残しが多いと言われています。

前歯は磨いている際に鏡などに映るので、磨き残しが少ないと思われがちですが、下の前歯の歯肉との境目や歯の裏側は汚れがたまりやすいといえます。重点的に磨いてみましょう。

 

下の前歯の裏側を見てみましょう


先にも述べましたが、下の前歯の裏側は汚れが付きやすい場所といえます。しかも、歯ブラシの毛先が届きにくく汚れが落としにくい場所なのです。そして、人間の口の中には唾液の出口がありますが、下の前歯の裏側にもその出口があります。唾液の作用により歯石が固まってしまうことが下の前歯の裏側に唾液が付きやすくなる原因の一つといえます。

 

歯科医院のクリーニングを受けてみましょう


歯科医院には定期的に通われていますか?虫歯を治したり、なにか不調がある場合にしかなかなか通院しないのではないでしょうか?歯科医院は少し通うのに敬遠されがちですが、定期的に通うことで虫歯を予防でき、もはや痛い治療とはサヨナラできるのです。歯科医院のクリーニングでは、超音波を使って歯石を取ることができ、その後機械によるブラシ清掃を受けることができます。

 

歯石は自分では取れません


ドラッグストアなどでは、歯石を取るための金属のチップなどが販売されていますが、上手に使わないと歯肉を傷つけてしまいます。歯石は石という漢字からもわかるように、カルシウムを含む硬い物質です。口の中で見ることができる歯石は、色が白、灰色、黄白色です。

しかし、歯肉の下にも歯石ができてしまうことがあります。歯周病などになった場合には、歯肉の下に黒っぽい歯石が付いていることが多いのです。この場合は、血液成分が溶け出しているため色が黒っぽくなった歯石となり、口臭も強くなります。

 

いかがでしたか?

口臭は、自分の鼻で判定するのは当てにならないかもしれません。もちろん、臭いがするかな?と気になってチェックするときには有効ですが、毎日食事をしたり、飲んだり、呼吸をしているだけでは、自分の息の臭いはわかりにくいものです。鼻が臭いに慣れてしまうからです。

そこで、指標になるのが、歯の汚れや歯石の有無です。歯石は下の前歯の裏側によくつくことが多く、この部分は鏡で確認することができるので歯石の有無を自分でも見ることができます。歯石は、歯の汚れが長く蓄積することで硬くなったものですが、歯ブラシで取ることができません。

しかも、歯石は細菌の集まりなので、口臭の原因となるのです。歯石がついていると歯周病や虫歯の原因となります。口臭があればコミュニケーションの障害にもなります。自分ではとることができない歯石は、日ごろ上手に歯磨きをして歯石が付きにくいお口の環境をつくり、ついてしまった歯石は定期的に歯科医院に通うことでとってもらいましょう。

 

まとめ

歯石と口臭の関係を学んで、人間関係を改善する7つの方法

・ 自分の歯磨き習慣を見直しましょう
・ 歯磨き後に鏡をみましょう
・ デンタルフロスをつかってみましょう
・ 磨き残しのポイントを確認してみましょう
・ 下の前歯の裏側を見てみましょう
・ 歯科医院のクリーニングを受けてみましょう
・ 歯石は自分では取れません