歯石は自分で取れるもの??正しい取り方と3つの注意点

歯石は自分で取れるもの??正しい取り方と3つの注意点
歯槽膿漏や口臭などお口のトラブルの原因になっている歯石の取り方に興味を持っている人はたくさんいますよね。歯石は、できてしまうと毎日の歯みがきのブラッシングで取り除くことはできません。しかし、そのままにしておくと、歯槽膿漏などの歯茎の病気や、虫歯の原因になります。さらに、虫歯菌の巣とも言えるプラークができやすくなり、口臭の原因ともなるのです。

そんな良くないことの多い歯石の取り方は、どうするのが一番良いのでしょうか。歯石を取る道具は個人でも購入できます。しかし、堅くなった歯石は取り方が難しく、1人ではきれいに除去できません。歯医者さんでは、どうやって取っているのか気になる方も多いことでしょう。そこで今回は、おすすめしたい歯石の取り方についてお伝えします。

歯石よりプラークの除去が大事

毎日歯みがきしているのに、歯茎の色が変だったり、口臭が気になったりしている人は多いですよね。そんな人は、歯石が原因かもしれません。

歯石は、歯垢(プラーク)が固まったもので、普段の歯みがきによるブラッシングでは落とすことはできません。歯石の周囲にさらにプラークが付いて、虫歯の原因になったり、歯茎の病気である歯槽膿漏を引き起こす原因にもなります。特に歯の並びがずれていたり、虫歯を治療した跡があったりすると、磨きにくい場所にプラークが残ってしまいます。また、歯と歯茎のすきまに残るプラークも歯石の原因になりやすく、やはり歯槽膿漏の原因にもなっています。さらに、そんなプラークや虫歯は口臭の原因にもなるのです。

では、毎日歯みがきしているのに、なぜ歯石ができてしまうのでしょうか。そんな人は、歯みがきの方法に問題があります歯医者さんにお願いすると、正しい歯みがきのブラッシングのやり方、つまり歯石になる前のプラークの取り方を教えてもらえます。普段と同じように歯みがきした後、プラークを着色する試薬を口に含むと、あまりに多くのプラークが残っているのに驚かされることでしょう。それらを全て取り除くように、ブラッシングするやり方を教わる訳です。

歯石の取り方は重要なことですが、きれいにした後に歯石が出来ないようするのはもっと重要です。まずは、プラークをきれいにの除去する方法を身につけましょう

 

日常のブラッシングが大事

一般的な歯石の取り方は、歯医者さんが使っているスケーラーと呼ばれる、先が尖って曲がった細い金属の器具で少しずつ削っていきます。資格を持っている歯科医さんか歯科衛生士さんは、歯の並び具合や歯石の大きさに合わせて、太さや曲がり具合が違う器具を使って、取り残しが無いように、また、歯茎を傷つけないように丁寧にやってくれます。

しかし、それでも石のように堅くなり、歯と歯茎のすきまなど狭い場所にできた歯石の取り方は簡単ではありませんプロにとっても大変なことです。そのため、全ての歯に付いた歯石を取るには、かなりの時間がかかるものです。できてしまった歯石は時間をかけて取るしかありません。次から歯石ができないように、毎日の歯みがきでプラークを残さないブラッシングを心掛けましょう

見えない口の中を、磨き残しが無いように歯みがきするのは以外と難しいものです。歯ブラシを当てやすい場所はきちんと磨けているものの、ブラシが当たらない場所はほとんど磨けていません。そういった場所に歯石ができやすいのです。

普段使っている歯ブラシでは、奥歯が磨き難いと感じている人もいるかもしれませんが、そんな方は、細いブラシが付いた奥歯用の歯みがきを使ってみましょう。また、歯と歯のすきまもプラークができやすい場所です。そんな場所は、歯間ブラシをうまく使ってプラークを除去しましょう。歯石になる前のプラークの取り方をマスターして、歯石のない清潔な口の中を実現しましょう。

 

できた歯石は歯医者で取ってもらうがおすすめ

毎日のブラッシングに気を付けていても、やはり歯石が出来てしまう。なので、やはり歯石の取り方を知りたい!という方もいますよね。しかし、自分で歯石を取ることはあまりおススメできません

歯医者さんで使われているスケーラーと呼ばれる道具は、通販サイトや日用品売り場でも購入できます。とはいえ、1人で歯石と取るのは簡単ではありません。歯石は歯と歯茎の狭いすきまにできることが多く、そこをうまく削るのはプロでも難しい作業です。

また、歯石が原因で歯槽膿漏になっている場合は、歯茎に触れただけで血がにじんできます。慎重にやったとしても、細かく、そして力がいる作業です。下手すると歯茎を傷つけたり、歯の表面に傷を付けたりすることもあります。さらに、プラークには多くのバイ菌が潜んでいます器具の消毒にも注意が必要です。なお、インターネットを調べると歯石の取り方を紹介するWebページもありますが、それらのページでも個人で歯石を取るのはすすめていません

大抵の歯医者さんには、超音波の振動で歯石を破砕する専門の道具があります。歯の表面に大量に歯石が付いている場合は、この道具で簡単に取り除けます。また、虫歯の治療で使われる針が付いた器具や、研磨ブラシを使って、取り残しが無いように丁寧に除去してもらえます。歯石は少しでも残っていると、そこにプラークができて、虫歯の原因になります

歯医者さんでは、プロがいろいろな道具を駆使して完全に歯石を取り除きます。歯石は個人でも取れないことはありません。しかし、歯石を完全に取れない場合は逆に虫歯の原因にもなるのです。道具がそろっている歯医者さんでキレイに取ってもらうことをおすすめします。

 

さて、おすすめしたい歯石の取り方についてお伝えしました。歯石は、虫歯や歯槽膿漏、口臭とお口のトラブルの原因になる、やっかいなものです。完全に取り除くためには、歯医者さんの手を借りてきれいに取り除いてもらいもらうことが歯石の賢い取り方と言えますし、さらには歯石ができないように心がけることが大切です。

そして、そのためには、毎日の歯ブラシのブラッシングで、プラークをきれいに洗い流すことが重要になります。歯石は一度できてしまうと除去するのが大変です。資格を持った歯医者さんや歯科衛生士さんといったプロでも、きれいに除去するにはかなりの時間がかかります。歯石ができないように、毎日の歯みがきをがんばりましょう。また、毎日がんばっていても、自己流の歯みがきを続けていると、磨き残しができてしまいます。心配だったら、歯医者さん定期的に検査してもらう、という方法もあります。気になる方は、ぜひ、歯医者に相談してみましょう。

まとめ

歯石の正しい取り方と注意点とは

・歯石を取るよりも、プラークを残さないことが大事
・プラークを残さないブラッシングのやり方を身に付けよう
・歯石は個人で取り除くのは難しいので歯医者で取ってもらうのがおすすめ


連記事