歯医者に行く時間がない人のための正しい歯石の取り方

歯医者に行く時間がない人のための正しい歯石の取り方
歯石の取り方は難しく、歯医者さんでしかできないことと言われています。でも、そうだとわかっていても歯医者に行く時間を割けないという人もいますよね。

歯石は放置すると歯周病の原因となるほか、口臭の発生、そして見た目が良くないなどの悪影響があるということがよく知られています。そのため、歯科医院では定期的な歯石除去をおすすめしているところが多いです。

では、歯医者に行けないほど忙しい人の場合は歯石をどうするべきなのでしょうか。放置するか、自分で歯石の取り方を覚えるしか選択肢はありません。

本来、歯石は歯科医院で除去するものということは忘れてはなりませんが、もしもの時のために自分でする場合の歯石の取り方を覚えておくのも良いでしょう。そこで今回は、自分で行う歯石の取り方についてお伝えします。



 

歯医者に行く時間がない人のための
正しい歯石の取り方

 

歯石を歯科医院で取るべき理由を知っておこう


まず、歯石の取り方の前に、なぜ歯科医院で歯石を取るべきなのか知っておきましょう。それには納得のいく理由があるのです。

まず、歯科医では衛生的な専用器具を用いますが、この器具を一般家庭では用意しにくいということと、自分の目では見えない隅々の歯石までプロの手で除去してくれるということ。そして、歯周病対策のためには歯茎の奥に溜まった歯石の除去こそ欠かせないのですが、この部分はセルフで行うと歯茎を傷付けることに繋がりかねないからです。

歯石の取り方を学んでも、自分でできる範囲には限度があるということを理解してからセルフ歯石除去を試みるようにして下さい。

 

隅々まで磨ける歯ブラシとフロスで歯垢を徹底除去しよう


歯石の取り方の前に、歯茎を健康な状態にしておく必要があります。歯茎が不健康で、腫れたり出血していたりすると歯石が見えにくくなってしまいますし、うっかり器具で歯茎を傷付けてしまったときに症状が悪化してしまう恐れがあるからです。

歯茎を健康にするためには、歯石を取る2週間くらい前から入念に歯磨きをするようにし、デンタルフロスや糸ようじなどで歯間の汚れまで徹底的に除去します。それも毎日、食後や寝る前に必ず行うようにして下さい。

入念な歯磨きにより歯垢が無くなると口内環境が良くなり、歯茎も引き締まって歯石が取りやすくなります

 

「スケーラー」という専用器具を用意しよう


自分で歯石を取る場合、専用器具を家にあるもので代用することはできません「スケーラー」と呼ばれる先端が鉤状になった金属の道具を通販などで購入する必要があります

歯科医院では手動で歯石を取るハンドスケーラーだけではなく、超音波や空気圧を利用したスケーラーを使い分けて歯石を取るのが一般的ですが、これらは高価なうえに素人には使いにくいので、ここでは使用しないものとします。

金属製のハンドスケーラーを用意し、煮沸などして消毒してから使用します

 

目に見える歯石だけを除去しよう


いよいよ歯石の取り方です。まず、目の前に鏡を用意し、口を大きく開けて映しながら歯石が溜まったところをスケーラーで削るようにして落とします。力をかけすぎると歯や歯茎を傷付けてしまうので、ゆっくり適度な力加減で、時間をかけて行います。

ここで気を付けたいのは、目で確認できる範囲の歯石のみを取るということ。無理に見えない部分の歯石を取ろうとしたり、歯周ポケットと呼ばれる歯茎と歯の間の歯石まで取ろうとすると、プロでなければ十中八九失敗するはずです。

見える位置の歯石が全て除去できたら、水で口をゆすいで終了となります。消毒液でのすすぎは却ってよくないので、きれいな真水にしましょう。

 

歯茎を傷付けないようにしよう


歯石の取り方における注意点はたくさんありますが、その中でも絶対に守るべきなのが歯茎を傷付けないようにすることです。歯茎を傷付けるとそこから細菌が入って歯周病に繋がってしまったり、歯茎が痩せて新たな歯垢や歯石が溜まる原因になるからです。

歯科医院での歯石取りの際に出血することがありますが、この場合は後処理をきちんとしてくれるので問題ありませんが、自分で出血させてしまった場合は十分なケアもできません歯茎を傷付けてしまったら歯石取りは中断して、それ以上口内をいじらない方が良いでしょう。

歯茎の健康を守るための歯石取りですから、そのせいで歯茎を傷めるようでは元も子もありません。無理な歯石除去は逆効果だと思いましょう。

 

いかがでしたか。自宅で行う場合の歯石の取り方や注意点についてお伝えしました。

冒頭でも本文中でもお話ししていますが、歯石取りは基本的に歯科医院で行うものです。歯石取りを行ってくれる歯科衛生士は、専門の学校に通い、国家資格を取得したエキスパートですから、そのスキルを自分で身に付けるのは容易ではないと思いましょう。

それでも、どうしても自分で歯石取りがしたいという人は、目に見える範囲で、無理のない程度にしておいた方が無難です。どうしても自分では取りにくい位置の歯石が気になるなら、何とか時間を作って歯科医に相談して下さい。

「餅は餅屋」という言葉の通り、口の中の健康は専門家に任せるのが一番だということを忘れないようにしましょう。

まとめ

自分で行える範囲の歯石の取り方は

・まず、歯石を歯科医院で取るべき理由を知っておこう
・2週間ほど前から隅々まで磨ける歯ブラシとフロスで歯垢を徹底除去しよう
・「スケーラー」という専用器具を用意しよう
・無理せず目に見える歯石だけを除去しよう
・歯茎を傷付けないようにしよう


連記事