内臓脂肪を減らそう!下腹のお肉を凹ます5つのダイエット

内臓脂肪を減らそう!下腹のお肉を凹ます5つのダイエット
お腹のお肉が気になり始めると、下腹のダイエットを考える人は多いですよね。内臓脂肪や皮下脂肪など、お腹周りの脂肪はなかなか落とすのが難しいため、下腹のダイエットに苦戦する人も多いはず。近年、食の欧米化が進み、脂質の多い食生活をおくっていることも、ひとつの原因です。

内臓脂肪を落とさず蓄積し続けると、メタボリックシンドロームをはじめとして糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化などのさまざまな生活習慣病を引き起こすリスクがとても高くなります。見た目だけでなく、体の内側にも大きな影響があるのです。

内臓脂肪だけでなく皮下脂肪によってもお腹周りが気になるので、下腹のダイエットは徹底してきたいところです。

そこで今回は、下腹に効くダイエット法をお伝えします。



 

内臓脂肪を減らそう!
下腹のお肉を凹ます5つのダイエット

 

ダイエットの定番!ウォーキング


ウォーキングといえば、ダイエットをおこなう人なら多くの人が通る道でしょう。このウォーキングでも、しっかりと下腹へのダイエット効果があるのです。

ダイエット効果をより実感するためには、歩き方や速さを意識します散歩のようにただダラダラと歩いてしまっては効果が期待できませんので、いつもより早歩きの速さを保ちましょう。また、背筋を伸ばしてしっかり腕をふって、足だけで歩かず全身の筋肉を使いましょう

ウォーキングは、朝食前におこなうと効果絶大です。血液中の糖が少ないため、脂肪燃焼効果が大きく、内臓脂肪などの下腹のダイエットにも向いています。ただし、1時間など長時間のウォーキングの場合は、低血糖症を引き起こすリスクがあるため、朝食前は避けるようにしてください

 

スロージョギングが意外に効果的!


「スロージョギング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ウォーキングに慣れて、もっと運動したいと思う人には最適な運動になっています。もちろん、このスロージョギングでも下腹のダイエット効果が得られます。

スロージョギングは、いつもの歩幅の半分ずつくらいで走ります。走るといっても、ランニングのようにスピードを出さずに、跳ねるようなイメージでゆっくりと走ります。会話がきつくならない程度の速さがベストだとされています。

「ゆっくり走るだけで、本当に効果があるの?」と思いますよね。実は、スロージョギングでは、ウォーキングの倍近くのエネルギーを消費するのです。ウォーキングよりも効果的だけどランニングほどつらくない。スロージョギングは、誰でも始めやすく下腹に効くダイエットのひとつです。

 

自宅で簡単!踏み台昇降運動


雨の日は外に出られないから、外での運動は続きにくい…そんな人におすすめなのが、踏み台昇降運動です。

踏み台昇降運動のための台も販売されていますが、「わざわざ買うのは面倒」とか「今すぐやってみたい」という人は、雑誌などを重ねてしっかりと固定したものを台として使うことで踏み台昇降運動をおこなうことができます

やり方はとても単純で、昇って降りることを繰り返すだけです。とても単調な動きですが、テレビを見ながらや音楽を流しながらなど、室内で出来る運動だからこその楽しみもあるうえに、しっかりと下腹のダイエットにつながります。

とても簡単な方法ですが、やってみると意外とキツイと感じる人も多く、その分、きちんとエネルギーが消費されるため、下腹に効いてダイエットを成功させやすくなります。

 

意外!フラフープで下腹ダイエット


子どもの頃に、フラフープを回して遊んだことがあるでしょう。そのフラフープが、実は下腹などのダイエットにとても効果的なのです。

フラフープは、意外にもしっかりした有酸素運動。たった10分で100キロカロリーも消費するので、短時間で大きな効果を得られます。

また、フラフープは腰で回すため、お腹全体を刺激します。そのため下腹のダイエット効果だけでなく、ウエストや腰回りなどにも効果的なのです。

インナーマッスルや体幹を鍛えられるメリットもあり、痩せやすい体づくりも並行して進められます。

フラフープを10分だけなら、家事の合間やシャワーを浴びる前などのちょっとした時間でできるのでうれしいですね。

 

スロートレーニングで脂肪燃焼効果アップ!


有酸素運動に加えておこないたいのが、筋トレです。筋肉を鍛えることで脂肪燃焼効果が高まり、その結果下腹のダイエット成功にもつながります。筋トレをおこなうときに実践したいのが、スロートレーニングです。

名前の通り、ゆっくりした動きでおこなうトレーニングです。ひとつひとつの動作を数秒かけておこなうため、時間をかけて筋肉へ負荷をあたえます。そのため、筋肉をより効果的に成長させやすくなるのです。

筋肉を鍛えて成長ホルモンが分泌されることで多くのエネルギーを消費したり、基礎代謝が上がるために痩せやすく太りにくい状態に近づいていけます。

下腹のダイエットには、有酸素運動だけでなくスロートレーニングを加えてみてくださいね。

 

いかがでしたか。下腹に効くダイエット法は、どの方法も誰でも簡単に始められるものなので、気になったダイエットを実践してみることをおすすめします。

ウォーキングやスロージョギングなどには、専用のシューズや通気性の良い服を用意しておきましょうケガを防いだり、運動しやすい環境をつくれますよ。

どのダイエットも、筋肉痛を引き起こす可能性があります。日ごろから運動後にストレッチやマッサージをおこなって、ひどい痛みの場合は無理せずしっかりと休養するようにしましょう。

下腹のダイエット成功には、継続も大切なポイントです。たった数日では、どんなダイエットも効果は表れませんよね。

健康やスタイル維持のためにも、長い目で見て日々ダイエットに励んでいきましょう。

まとめ

下腹を凹ますおすすめダイエットは

・ウォーキングで確実な効果実感
・程よい運動をしたいならスロージョギング
・踏み台昇降運動で雨の日もダイエット
・フラフープをまわしてお腹全体に効かす
・筋トレはスロートレーニングで効果アップ