もうすぐ健康診断!メタボ脱却を目指す下腹ダイエット

もうすぐ健康診断!メタボ脱却を目指す下腹ダイエット
もうすぐ健康診断だから、下腹をダイエットで引っ込めたい!と一念発起する人は少なくないですよね。でも、一度付いた脂肪は簡単に落とせるものではありません

とは言え、お腹周りに付く内臓脂肪は、下半身に付きやすい皮下脂肪よりも落としやすいと言われています。つまり、努力をすれば下腹ダイエットはしっかり効果を感じられるということです。

本来なら健康診断の前だけではなく、常にメタボにならないように自己管理するのが健康のためですが、わずかな期間で下腹ダイエットしたいという人にも方法が無いわけではありません。

ダイエットの効果を上手に出すためには、運動、食事、生活習慣などの複数の角度から同時にアプローチすること。そこで今回は、より早くメタボ体型から卒業するための下腹ダイエット法についてお伝えします。



 

もうすぐ健康診断!
メタボ脱却を目指す下腹ダイエット

 

カロリーの摂りすぎにならないように食事制限しよう


お腹に脂肪が付く原因は、何と言っても食べ過ぎです。メタボ体型を作る内臓脂肪は、食べ過ぎて消費しきれなかったエネルギーが蓄積されて作られるのです。

これを解消して下腹ダイエットを成功させるためには、まずはカロリー制限です。巷には自分の年齢、身長、体重を入力するだけで適正な摂取カロリーがわかるサイトが数多くあるので、まずはそこで自分の適正カロリーを調べましょう

そして、そのカロリーを下回るくらいに食べる量を調節します。自炊ができればカロリーもわかりやすいですが、自炊しない人でもお弁当や外食メニューのカロリーを見ながら選べば簡単です。

 

3食をバランスよく食べよう


摂取カロリーが下回っているから大丈夫、と、栄養バランスを無視して間食をちょこちょこ入れるのは下腹ダイエットどころか、却って太る原因になります。間食が多いと血糖値が常に上昇した状態になり、食べる量がそれほど多くなくても脂肪に変換されやすくなるからです。

下腹ダイエットを実践している間は、間食はしないようにしましょう。そして三度の食事も栄養バランスを意識して、毎日決まった時間に食べるようにして下さい。

忙しい人だと夕食が遅くなったり、朝食が食べられなかったりしますが、これはお腹に脂肪が付きやすい食生活と言われています。3食とも同じくらいの摂取カロリーになるように調整するように心がけましょう。

 

筋トレを取り入れよう


食事管理と同じくらい大切なのが運動です。内臓脂肪は運動によって燃焼されやすいという特徴がありますが、その焼却炉である筋肉が無ければ意味がありません

下腹ダイエットの効果をよりスピーディにするためには筋トレが不可欠です。お腹周りを引き締めて見せるためにも、腹筋を付ける運動をメインにすると良いでしょう。

ただ、筋トレは毎日行うと逆効果です。1~2日おきくらいのペースで、ヘトヘトにならない程度の適度な筋トレをすると筋肉が効率よく付きやすいと言われています。

 

できるだけ有酸素運動に時間を割こう


筋トレは毎日行いませんが、脂肪を燃焼するための有酸素運動は毎日行って下さい。それも、ウォーキングなどの軽いものではなく、ジョギングや水泳などのややハードなものをおすすめします。健康診断が近いなら、ゆるゆるとした運動だけでは間に合わなくなってしまいますよね。

そして、有酸素運動は最低でも1時間。20分以上行えば脂肪の燃焼が始まると言われていますが、20分でやめて良いというわけではなく、そこから長時間運動すればするほど脂肪が燃焼され続けるという意味です。

健康診断までに下腹ダイエットを成功させるという目標があるのですから、せめてそれまでの間だけでも休まず有酸素運動をするようにして下さい。

 

お酒を飲み過ぎないようにしよう


全てのお酒がメタボ体型の原因になるというわけではありませんが、過度の飲酒習慣がある人がメタボ体型になりやすいというのは事実です。

お酒を飲み過ぎると肝臓による代謝が追いつかず、脂肪が蓄積されやすくなります。それに加えておつまみのカロリーが嵩み、カロリーオーバーを招きやすいという理由もあります。

完全禁酒までする必要はありませんが、下腹をダイエットしたいのならお酒は週に1回、それも嗜む程度に留めましょう。節酒は下腹ダイエットだけでなく健康診断の血液検査にも良い影響をもたらすはずです。

 

いかがでしたでしょうか。健康診断までに下腹ダイエットを成功させたい人のための方法についてお伝えしました。

食事制限、運動、食べるタイミングなど、どれか一つを継続的に行うだけでもダイエット効果が期待できますが、より早く効果を出したいなら、全てを同時進行で行うようにして下さい。そして、健康診断が終わってから制限を多少緩めても良いでしょう。

ただ、健康診断の時だけ健康な数値を出せるようにして、その後はまた不健康な生活に逆戻り……では、本末転倒です。健康診断はその日だけの成績を競うものではなく、これからも健康体でいるための大事な検査なのですから、できれば健康診断が終わってからもメタボ予防のための生活を送るようにしたいものです。

健康診断までの僅かな間にスッキリ痩せた後は、来年の健康診断の際にまた悩む必要が無いように自己管理を続けられるようにしましょう。

まとめ

健康診断までに下腹ダイエットをするなら

・カロリーの摂りすぎにならないように食事制限しよう
・3食をバランスよく食べよう
・脂肪を燃焼しやすくするために筋トレを取り入れよう
・できるだけ有酸素運動に時間を割こう
・肝臓に脂肪が付く原因となるお酒を飲み過ぎないようにしよう