ぽっこりお腹に効く!今すぐできる下腹ダイエット

ぽっこりお腹に効く!今すぐできる下腹ダイエット
下腹のダイエットはぽっこりお腹をスッキリ見せるためには欠かせないですよね。しかし、腹筋運動や食事制限をしているのになぜか下腹だけ痩せない。痩せないなら続けても意味がないと途中で辞めてしまう人も多いことでしょう。

実は、下腹ダイエットは通常の腹筋運動ではほとんど効果がありません。さらに、痩せるためにと始めた食事制限がさらなる悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

下腹ダイエットをする人のなかには、見た目がスリムで肥満とは無縁そうな人もいます。ぽっこりお腹の原因には脂肪の蓄積はもちろんのこと、普段の姿勢などが原因で起こる筋力低下、便秘やガス溜まりなど腸内環境の悪化や骨盤の歪みなどが関わってきます

今まで、脂肪の蓄積だけを原因と捉えて下腹ダイエットを実行してきた人も多いでしょう。それでも結果が出ないのは、自分のやり抜く力が低いせいだと悩む必要はありません。そこで今回は、あなたに合った方法で今すぐできる下腹ダイエットをお伝えします。



 

ぽっこりお腹に効く!
今すぐできる下腹ダイエット

 

おへそから下を意識して動かしましょう


下腹のダイエットには腹筋運動は避けて通れないほど重要です。それは、下腹には内臓を守る骨がないので、筋肉で支え、脂肪で守る役割があるためです。筋肉が衰えると内臓は支えを無くして下垂するため、下腹が出る原因の1つになります。下腹の腹筋運動はそれを防ぐためにも重要なのです。

腹筋運動は寝そべった状態から上半身を起こして刺激を与える方法が良く知られていますが、下腹のダイエットとしてはあまり効果的ではありません。下腹とはおへそより下の部分を指しますので、上半身より下半身を使っての腹筋運動が効果的です。

基本的な姿勢は、寝そべった状態から下腹をよく意識して足を上げます。ここから足を上げ下げする動作や、交差させる動作などに派生させて下腹に負荷を与えます。下腹が痛くなるのは効果がある証しです。この時、腰が痛いなどの症状が出たら無理はしないでください。ポイントとして、呼吸は止めずに自分にあった負荷で行うことです。

 

日々の動作を見直して小さな成果を積み重ねよう


場所を選ばず、もっと手軽にできる方法は、普段から姿勢を意識する事です。座っている姿勢や立っている姿勢を見直すことは、あまり使わない筋肉への負荷が期待できるだけでなく、見た目も綺麗な印象を与えてくれます。下腹を意識した呼吸も加えると良いでしょう。

椅子に座っている時間が多い人は、どうしても動き自体が少なくなってしまいます。椅子には浅く腰掛け、姿勢を正しながら足を浮かすだけでも下腹ダイエットの効果が期待出来ます。立っている姿勢では、猫背が癖になってしまうとぽっこり下腹の原因にもなります。まずは姿勢を正しくキープするように心がけ、下腹を意識して引っ込めてみましょう。そのままキープするのを繰り返すだけでもぽっこりお腹に効果が期待出来るでしょう。

楽な姿勢はどうしても筋肉が休みがちになってしまいます。筋肉は継続によって作られますので、無理のない範囲で下腹ダイエットに取り組みましょう。

 

腸の働きを改善して下腹ダイエットを加速させよう


ぽっこりお腹の原因の1つに、腸の働きが悪いことで起こる便秘やガス溜まりがあります。便は定期的にスッキリ出てくれるのが理想的ですが、ストレスや不規則な生活、食事によって腸の働きが悪くなってしまうのが便秘の主な原因です。また、腸の中で便が排出されずにいると、ガスを作り出す原因にもなり、お腹の張りとして表れます。

まずは、普段から意識して水分補給をするように心がけましょう。目安としては1.5Lから2Lですが、水だけで2L摂取する必要はありません。食事に含まれる水分(味噌汁やスープなど)からも上手に取り入れると、無理なく目安量を摂取することが出来ます。

さらに、食物繊維を加えた食事にすることも腸の働きを改善するのに効果的です。食物繊維は水に溶ける性質の水溶性と、水分を吸収して水に溶けない性質を持つ不溶性食物繊維の2種類があります。

水溶性食物繊維は野菜や果物のほかにも納豆、山芋、里芋、昆布、わかめなどのネバネバ、ぬるぬるしたものにも含まれています。これらの食物繊維が、便に含まれる水分を増やして軟らかくし、便を出しやすくしてくれます。不溶性食物繊維は、根菜類、きのこ類、豆類などの繊維質が、水に溶けずに腸まで運ばれて行きます。水に溶けない繊維が水分を吸収して便が腸内で大きくなることで、腸が刺激されて腸のぜん動運動を活発にしてくれるのです。

下腹ダイエットをしていく過程でも、便秘の解消は痩せやすいからだ作りに効果があります。そのためにも、普段から意識して水分補給をする、2つの食物繊維をバランス良く摂取するなどを心掛けましょう。また、食物繊維の過剰摂取は、腸の働きを悪化させる原因にもなりますので取り過ぎには注意しましょう。

 

有酸素運動よりも普段の食べ物を見直そう


せっかく下腹ダイエットのために腹筋運動などをしても、筋肉を作るたんぱく質が不足していては効果的とは言えません。ぽっこりお腹を減らすために有酸素運動をしていても、ついつい食べ過ぎたり、お酒を飲みすぎると皮下脂肪や内臓脂肪となって蓄積されてしまいます。これらの運動で成果を出すには、食事管理がとても重要な要素となります。

まずは食事の習慣を見直してみましょう普段から食べ過ぎだと感じている人は、食事量を見直す、食べ方を変えるだけでも減量効果が高くなります。特に脂質や糖質は、意識して制限しなければ簡単に摂取量をオーバーしてしまうものです。下腹ダイエット初期の段階から意識して、制限することを心がけましょう。

野菜は最初に食べることで血糖値の急な上昇を防いでくれます。さらに食物繊維も摂取でき、噛む回数も増えるので食べ過ぎ防止にもなりますタンパク質を食べることは筋肉を作る上で重要なだけでなく、消化されるときに他の食材と比べて多くのカロリー消費を伴い、内臓脂肪を燃焼してくれる効果があります。ただし、脂質の多い物と食べ過ぎには注意が必要です。

白米やパン類、麺類は主食や炭水化物と呼ばれ、毎日食べる機会があるものです。これらの糖質はダイエットの敵だからと極端に減らすことは避け、雑穀を混ぜる、全粒粉のものにするなどで食物繊維も効率良く摂取するようにしましょう。下腹ダイエットには高タンパク質低カロリーの食事はとても大切です。毎日の活動に必要不可欠な炭水化物や、腸の働きを改善してくれる野菜も取り入れた食事管理で、運動の成果が出やすいからだ作りをしましょう。

 

いかがでしたか。今回はあなたに合った方法で今すぐできる下腹ダイエットについてお伝えしました。主に下半身を使った腹筋運動が基本的な動きになりますが、普段の動作でも下腹を意識して動かすことで、いつでもどこでも手軽に行うことが可能です。

まずは自分のペースで継続していくことがなによりも大切になります。初めからすべてやろうとせず、少しずつでも積み重ねていきましょう。結果はすぐには出てきませんが理想とするスタイルに着実に近づいていきます。

さらに食事や生活習慣を見直すことで痩せやすいからだになり、運動の効果も出やすくなるのでダイエットに対するモチベーションの維持、向上に繋がります

頭の中で下腹ダイエットに成功して理想のスタイルを手に入れた自分を思い浮かべることが出来たら、今回お伝えしたことを参考に下腹ダイエットを実践していきましょう。

 

まとめ

下腹ダイエットのために今すぐできる事とは

・おへそから下を意識して動かそう
・日々の動作を見直して小さな成果を積み重ねよう
・腸の働きを改善して下腹ダイエットを加速させよう
・有酸素運動よりも普段の食べ物を見直そう