産後の下腹なんとかしたい!無理せず戻す5つのダイエット

産後の下腹なんとかしたい!無理せず戻す5つのダイエット
産後、ぽっこり出てしまった下腹に「気になるけれど、無理なダイエットはちょっと…」という方は多いですよね。妊娠を機に伸びてしまった皮膚を仕方ないとは分かっていても、産前着ていた服が入らなくなったり、鏡に映るたるんだお腹に女性としての自信を失くしてしまう声も多くあります。

「産後のダイエットは体調や母乳に影響を与えてしまうのでは…」と不安な方もいることでしょうが、産後に出てしまった下腹の原因は骨盤が深く関わっているので、ダイエット方法の中でもメジャーな苦しい筋肉トレーニングを行う必要はなく、体調を崩す心配はありません。

なので、産後の体に負担をかけずに行うことによって、下腹を引き締めて元に戻すことができるのです。

そこで今回は、産後出てしまった下腹を戻すためにオススメのダイエットについてお伝えします。

 

産後の下腹なんとかしたい!
無理せず戻す5つのダイエット

 

正しく骨盤矯正ベルトを巻こう

骨盤矯正ベルトを正しい位置に巻かないと下腹が戻らない原因になります

骨盤は八の字型になっており、出産の際は骨盤の下部が開くので骨盤矯正ベルトを上部で巻いてしまうと骨盤は更に開いてしまうので充分注意をしましょう。

骨盤矯正ベルトは、両手を腰にあて指にあたる出っ張った骨の上を通り、ヘソに被らないように巻きます

キツく締め付けると、血行やリンパの流れが悪くなり下腹を引き締めるダイエット効果を得ることができないので、手の平が入る程のゆとりを作ることが大切です。

正しい位置に巻くことで、下がった内臓と姿勢を正し、猫背などの前傾姿勢が原因で下腹にたまる脂肪を予防するメリットもあります。

 

骨盤体操をしよう

妊娠中に広がってしまった骨盤を正しい位置に戻すことによって、内臓が下がるのを防ぎ、血行がよくなり新陳代謝が上がります。その結果、脂肪を燃やしやすい体を作り、たるんだ下腹を引き締めます。

産後、骨盤はゆっくりと締まっていくのですが、このように骨が動いている間に骨盤体操を行うことで骨盤の位置が調整しやすくなります

骨盤体操の基本として、腰回しがあります。肩幅に足を開き背筋を伸ばして真っ直ぐ立ち、腰に手を当てゆっくりと骨盤を右回り、左回りに30回ずつ回します。この時、回しやすさに差があると骨盤が歪んでいるということになるので、1日に3回は行い、骨盤の歪みをとりましょう

 

ゲーゲル体操をしよう

産後は妊娠から出産の間にかけて緩んでしまった骨盤底筋の上に乗っていた内臓が下がることによって下腹が出てしまうので、内臓を正しい位置に収めることが必要になります。

緩んでしまった骨盤底筋を元に戻し、下腹を引き締めるダイエット方法として有名なのがゲーゲル体操です。

この体操は、まず膝を立てて仰向けに転がります。この時、膝と膝の間を拳一つ分ほどあけましょう。そして、体の力を抜いた後、ゆっくりと息を吸いながら膣、肛門、尿道を締めて5秒キープできたら息を吐き出し緩めていきます

慣れてきたら秒数を10秒に増やしましょう。1回10セット、1日に2セット行うと効果的です。

 

腹式呼吸で代謝を上げよう

腹式呼吸で妊娠中に弱った腹筋を鍛えて、基礎代謝が高く、脂肪を落としやすい体を作りましょう

下腹のたるみは、減った腹筋の代わりに脂肪がついて作られるので、脂肪を燃焼しなければ改善されません。

腹式呼吸は、鼻からゆっくりと息を吸い込みお腹を膨らませ、吸い込んだ倍の時間をかけて口からゆっくりと息を吐き出します

この呼吸法はリラックス効果も高いので、吐き出す時にネガティブな感情と一緒に吐き出すイメージで行うことがオススメです。

また、下腹だけに効くダイエット方法ではなく、腹筋を強くすると体が安定して姿勢がよくなり、腰痛や内臓が下がり下腹が出るのを阻止する効果もあります。

 

保湿とマッサージをしよう

下腹を優しくマッサージして血行をよくすることで肌の新陳代謝を高め、たるんでしまった皮膚の再生を促し元に戻しやすくしましょう。

産後の体は特に肌が敏感で乾燥しやすくなっています乾燥していると肌の再性能力が著しく下がります

なので、保湿力の高いクリームを使って、手の平を腹部につけて「の」の字を描くように回したり、両手の平を腹部に当てヘソに向かって肌を寄せてマッサージします。この時、肌を強く擦ったり強く押してしまうと皮膚を傷つけてしまうので、優しく撫でるような手つきで行いましょう。

また、血行が良くなっている入浴後に下腹に触れることで、より高いダイエット効果が得られます。

 

いかがでしたか。産後出てしまった下腹を戻すダイエット方法の中でも、実践しやすい5つを厳選してお伝えしました。試してすぐに下腹が引っこみ元の体型に戻るという訳ではありませんが、確実についてしまった脂肪をなくすことのできる方法です。

ぽっこりした下腹を戻すダイエット方法の中には、揃えないといけないものや、育児中は忙しく上手く時間が取れず行えないものもあるかもしれません。

しかし、挙げた方法は骨盤を締めることで内臓を元の位置に戻し、下腹についた脂肪を燃焼させる働きに大きく関係しています。骨盤を正しい位置に戻すことで下腹のダイエットになるだけではなく「便秘改善」「月経異常の改善」「肩こりや腰痛の緩和」など嬉しい効果も多くあります

つい自分の体を後回しにしてしまうかもしれませんが、産前よりも体の調子が整った健康で綺麗なお母さんを目指しましょう。

まとめ

産後無理なく下腹を引き締めるには

・正しい骨盤矯正ベルトの巻き方で骨盤をしめよう
・骨盤体操で骨盤の歪みをとり脂肪が燃えやすい体を作ろう
・ゲーゲル体操で内臓の位置を正しい位置に戻そう
・基礎代謝を上げる腹式呼吸で筋力をつけて脂肪がつかないようにしよう
・保湿とマッサージをして肌の再生を促そう


連記事
タイトルとURLをコピーしました