下腹プックリさようなら♪1ヶ月で成果が出る快適食習慣とは

下腹プックリさようなら♪1ヶ月で成果が出る快適食習慣とは

下腹が出た時に、一番注意しなければならに事が、それは内臓脂肪であるか、皮下脂肪であるかです。内臓脂肪は男性に多く、お腹の内臓の周りにあります。皮下脂肪は女性に多く、徐々に体に蓄えられています。

皮下脂肪はお腹の肉をつかめるのに対して、内臓脂肪はつかめません。内臓脂肪は生活習慣病へのリスクが高まる事から改善を求められますが、皮下脂肪はあまり健康への影響はないので、放置しがちです。

しかし、蓄積された下腹のお肉はスタイルをどんどん悪くし、年をとったというイメージを他の人に与えるという影響があります。どのような食習慣に気を付ければいいのかご紹介いたします。



 

下腹プックリさようなら♪
1ヶ月で成果が出る快適食習慣とは

 

炭水化物はひかえめにしよう


体の中で消費で出来ずに余った炭水化物や脂肪は体にため込むという事になります。下腹プックリの体脂肪は燃焼できずにいるエネルギーのかたまりなのです。

しかし、炭水化物を抜くようなダイエットは日本人には向かないと言われています。ご飯やパン、うどんなどの麺類が多いと感じている人は減らすなど、極端な量をコントロールして行きましょう。代謝で必要な栄養素は体に入れないと、さらに皮下脂肪を増やす事になります。

 

高タンパクのものを食べよう


肉類では鶏肉が高タンパクとして知られています。高タンパクの食材は体の細胞を作るさいに必要になる栄養素です。肌荒れを起こさず、筋肉を減らさないように下腹のお肉にさよならする、ダイエットを行う為には必要な食材です。

鶏肉は「ささみ」や「胸肉」豚肉や牛肉であれば「ひれ肉」がオススメです。カロリーをダウンさせながら、体に必要な栄養素は補給していく事も大切です。

 

低脂肪の物を食べよう


脂肪は栄養素の中で最もカロリーが高いものです。ダイエット中は脂肪は敵です。しかし脂肪が不足しすぎても肌の乾燥や痒みを引き起こします。過剰に脂肪を抜くような事は危険です。

下腹のお肉を減らしたいのならば、牛乳を低脂肪や豆乳に変えたり、ご飯を玄米に変え、豆腐やキノコの入った味噌汁を用意するなど、和食を心掛けましょう。

 

野菜や果物に含まれている酵素を利用しよう


代謝が悪い状態では下腹は引っ込みません。代謝をよくする為にも、心掛ける事は酵素が多い、生野菜や果物を意識的に取る事が有効です。生のパイナップル、リンゴ、バナナ、キウイなど手頃に手に入る果物で体にたっぷりと酵素を入れる事ができます。

食物繊維も豊富で、胃腸のバランスも整えてくれます。下腹の脂肪が燃えやすい体にしていきましょう。

 

ゆっくりと良く噛んで食べよう


よく噛むと満腹中枢が刺激される事はみなさん知っている事だと思います。1口30回噛む事を目標に、食べ応えのある食物繊維が豊富な野菜を食べましょう。噛む事は他にも、体の中に入ってからもいい影響があります。

消化吸収をスムーズにし、消化する時間を短縮する事にもつながり、便秘解消などにも効果的で、それだけで下腹のお肉が減る事もあるのです。

 

1日3食を守ろう


朝食べなかったからと昼間にドカ食いしてしまう人はいませんか?お腹が減った状態で一気にカロリーを体に与えてしまう事はとても危険です。腹八分目という事をダイエットではよく言われます。

1日3食のバランスの良い食事を腹八分目で食べましょう。いつもの量を少しづつ減らしていく事が効果的です。下腹のお肉も減ってくれますよ。

 

間食はやめよう


間食はダイエットの敵です。でも、つい食べたくなってしまったりしてしまいます。お菓子などの間食をした場合は夕食を少なくするなど自分なりの工夫をしましょう。そして、夜に間食が止められない人は、間食したくなる前に寝てしまいましょう。

コンビニでスイーツを買う癖がある人は、自炊するなどコンビニに行かない工夫をして、下腹のお肉を減らしましょう。

 

飲み物も工夫しよう


体の代謝が悪いと下腹に皮下脂肪が付きやすくなります。冷え症の人は特に、体を温めるように意識しましょう。コーヒー、砂糖は体を冷やす食材なので、コーヒーにたっぷりの砂糖を入れる人の体は冷えてしまっています。

紅茶は体を温め、ショウガなどを入れるとその効果はさらに高まります。夏場も冷たい飲み物ばかりのんでいると体は冷えてしまいます。温かい飲み物を一年中楽しみましょう。

 

食事バランスを整えよう


食事のバランスを整えるコツを知れば、下腹のお肉は減ります。摂取カロリーを少なくし、調理法、調味料を工夫して自分で食事を作る努力をしましょう。揚げ物や炒め物は控える、濃い味付けは食欲がますので避けるなど、ポイントを抑えたダイエットレシピも多く出回っています。

 

いかがでしたか。

下腹が邪魔で入らなくなっていたジーンズが入るようになった!若い時のスカートが入った!などの目標を持ちましょう。その目標がダイエットを継続する時にとても必要なのです。

短期目標と長期目標を自分の中で組み立て、楽しみながらダイエットを行いましょう。1か月できれば、そこから2か月半年だって継続できます。食事をまず和食にすることはカロリーを抑えるため、とても効果的です。

何かを減らしすぎても、増やしすぎてもいけません。自分の体のために、バランスを整える事が何よりも大切なのです。下腹を減らすという事をきっかけに、もっと自分の健康に目を向ける事ができますよ。

 

まとめ

下腹プックリさようなら♪1ヶ月で成果が出る快適食習慣とは

・ 炭水化物はひかえめにしよう
・ 高タンパクのものを食べよう
・ 低脂肪の物を食べよう
・ 野菜や果物に含まれている酵素を利用しよう
・ ゆっくりと良く噛んで食べよう
・ 1日3食を守ろう
・ 間食はやめよう
・ 飲み物も工夫しよう
・ 食事バランスを整えよう