脂肪燃焼に効果的な方法を使いスムーズに痩せるテクニック

脂肪燃焼に効果的な方法を使いスムーズに痩せるテクニック

脂肪がメラメラと燃えてくれて、あっという間にスリムになる方法があったら、ぜひ試したいはずです。しかし、脂肪燃焼させるためには、走ったり、食事制限したりと、大変なことが多すぎて、結局挫折してしまうか、最初からあきらめてしまうかのどちらかになってしまいます。

しかし、夏が近づいています。薄着になってきて、体のラインをごまかせるものが無くなっていきます。あきらめて、このままの体型で暑い夏を過ごすのも1つの方法です。

でも、せっかくですから、効果的にメラメラ脂肪を燃やす方法を確認してみませんか。きっと、今回ご紹介する脂肪燃焼の方法の中に、出来そうと思うものがあるはずです。それを実行して、すっきりとした体型で、暑い夏を一緒に過ごしましょう。



 

脂肪燃焼に効果的な方法を使い
スムーズに痩せるテクニック

 

カフェイン効果で燃焼しましょう


カフェインは、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれている成分です。カフェインというと、眠気覚ましのイメージがありますが、ダイエットにも効果があるのです。

カフェインにはリバーゼという脂肪の分解を促進する酵素を活性化する役割があり、体内の脂肪燃焼にも効果があるのです。運動する30分前にカフェインを取ってから運動すると、脂肪燃焼効果がアップするのと同時に、やる気もおこるので、効果がさらにアップします。

その他に、食後、カフェインを摂ると、脂肪燃焼しやすくなるので、運動が苦手な人は、食後のカフェイン摂取がおすすめです。チョコレートにもカフェインが含まれているので、カカオの成分が高いチョコレートを代用するのも方法です。ただし食べ過ぎには、注意してください。

 

唐辛子で燃焼しましょう


唐辛子が入った料理を食べると、汗がたくさん出て、体もポカポカしてくるので、脂肪燃焼して痩せやすいというのは、なんとなくイメージしやすいはずです。唐辛子の辛さの主成分であるカプサイシンは、脂肪燃焼をサポートする成分として注目されています。

カプサイシンは脂肪燃焼の最初の工程である、脂肪動員ホルモンの分泌をサポートしてくれるのです。唐辛子を食べれば、脂肪が燃焼するわけではなく、あくまでサポートしてくれているだけなので、運動を組み合わせたりすることによって、脂肪が通常より燃焼しやすくなります。その効果をしっかり利用してください。

それ以外にも、カプサイシンには、アドレナリンの分泌を促す効果があります。アドレナリンが分泌されると、血行がよくなって、汗をかきやすくなるので、デトックス効果も期待できます。

脂肪を燃焼させるのではなく、分解する効果がアドレナリンにはあるのです。タバスコやコチュジャンなど手軽に取れるものやキムチなどを食べて、運動すれば、スムーズに痩せることが出来ます。

 

ブロッコリーを食べて燃焼しましょう


中性脂肪を燃焼させるために食べたい食材は、低カロリーで尚且つビタミン類が摂れるものです。人間の体はタンパク質やミネラル成分なども補給していく必要があるので、カロリーだけではなく、栄養面の考慮も必要です。

ブロッコリーは、そういう点から最適な食材で、食物繊維が豊富でビタミンCやβカロテン、ビタミンB群などの含有量が多いのが特徴です。

それから中性脂肪を減らす為に食物繊維をしっかり取るのが望ましいのですが、ブロッコリーは低カロリーで食物繊維も多く、食べた後の満足感も高い食材なのです。いろんな食材との相性もよく、どんな調味料にも合うので、飽きることなく痩せることが出来るはずです。

 

有酸素運動で燃焼しましょう


有酸素運動で脂肪が燃焼するのは、知っている人が多いのですが、それを効果的に実行するには、どうしたらよいのでしょうか。まず有酸素運動とは、運動のエネルギー源になる代謝にたくさんの酸素が必要とされる運動です。

無酸素運動というのもあり、酸素があまり必要とされない運動のことをいいます。水泳で25m泳ぐのは、無酸素運動ですが、長い時間持続できるスピードで泳ぐ場合は有酸素運動になります。

全身の筋肉を使って長い時間続けれるのが、有酸素運動なのです。この有酸素運動で、脂肪燃焼を効果的に行うことが出来るのが、朝です。

炭水化物を体に入れていない時間が長いほど、有酸素運動の効果が発揮されるので、朝食前の軽いジョギングなどは、脂肪燃焼を加速させてくれ、痩せるのに効果的です。

 

脂肪燃焼スープで燃焼しましょう


この脂肪燃焼スープダイエットは、心臓外科手術の前に安全に急速な減量を行うために用いられている方法で、急速な脂肪燃焼を行うスープです。この方法で体内の不純物をスッキリと流してくれます。脂肪燃焼スープはとても簡単に作ることができて、その上、食べれば食べるほど体重が落ちるというすごいスープです。

材料は、たまねぎ大 3個・ピーマン 1個・セロリ(太いもの) 1本・キャベツ大 2分の1・ ホールトマト 1缶・チキンスープの素 1個です。

作り方は、野菜を食べやすい大きさに切って、チキンスープの素とホールトマトを一緒に大きな鍋に入れ、材料に対して水をひたひたになるくらい入れ、10分程煮ます。塩、こしょう、カレーパウダーなどで味付けしてしてください。これで完成です。

このスープは、いつでも好きなだけ食べていいので、空腹感を感じることが少ないダイエットです。ただし禁止事項がたくさんあるので、ご紹介します。

①お酒は禁止です。お酒を飲んで24時間以上空けてから、始めてください。
②飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース(甘味料の入ったものはNG)、スキムミルク(無脂肪)のみです。
③揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べないでください。
④砂糖などの甘味料は摂取しないでください。
⑤脂肪燃焼スープダイエットで肉を取りますが、茹でるか焼いた鶏肉(皮は食べない)、又は煮魚でも大丈夫です。

脂肪燃焼スープだけでも、効果はすごいのですが、他の食材を組み合わせると効果が倍増します。

1日目:くだもの(バナナはNG)とスープ。水分は水か甘味料の入ってないフルーツジュース/
2日目 :スープと野菜だけの日 。満スープに他の野菜(豆とスイートコーンはNG)を入れて食べてください。夕食に少量のバターを入れたベイクドポテトを食べてもOKです。
3日目:スープ、果物、野菜を好きなだけ食べてください。(ただしベイクドポテトはNG)
4日目 :スープとバナナ3本と無脂肪ミルク(スキムミルク)500mlとできるだけ多く水を飲むようにしてください。
5日目 :肉とトマトの日です。350g~700g程度の赤身の牛肉、又は鶏肉、煮魚でもOKです。最大6個のトマトを食べ、スープも最低一杯は食べてください。それと6~8杯の水を飲むようにしてください。
6日目 :牛肉と野菜の日で、好きなだけ食べてもいいです。(ステーキも2~3枚OKですが、ベイクドポテトはNG)スープも最低一杯は食べてください。
7日目 :玄米を食べる日  野菜、甘味料の入らないフルーツジュース、そしてスープも最低一杯は食べてください。

以上を守れば、7日間で5~8㎏やせることが出来るはずです。脂肪燃焼スープの効果を最大限に生かして、1週間で別人のようにスリムになってください。

 

いかがでしたか。

今回は、脂肪を燃焼させる為に手軽に始められる方法や、作ってしまえば、後は楽なスープダイエットなどをご紹介しましたが、全てに共通することがあります。

1日や2日では、やる意味がないのです。最低でも1週間は続けましょう。1日目と7日目では、同じ食材を食べたとしても、有酸素運動をしたとしても、体自体が燃焼しやすく変化しているので、体への反応が全く違います。

早く確実に効果を出したい人は、やはり脂肪燃焼スープがおすすめです。ダイエットは数字に表れてくれないと長続きしないものです。その点、脂肪燃焼スープは、短期間で数値の変動があるので、辛いダイエットのはずなのに楽しくなります。

満腹感をしっかり感じられることが出来るので、減食するダイエットではないからでしょう。ただし7日間続けたら、2日は必ずお休みしてください。お休みの間はリバウンド防止の為、食べ過ぎには気をつけましょう。ぜひ目標体重まで頑張ってください。

 

まとめ

脂肪燃焼に効果的な方法を使いスムーズに痩せるテクニック

・ カフェイン効果で燃焼しましょう
・ 唐辛子で燃焼しましょう
・ ブロッコリーを食べて燃焼しましょう
・ 有酸素運動で燃焼しましょう
・ 脂肪燃焼スープで燃焼しましょう