身長を伸ばす一番効果的な7つのストレッチ

身長を伸ばす一番効果的な7つのストレッチ
ストレッチをすれば身長を伸ばすことができると聞いたことがありますよね。ただ、骨が伸びるというわけではなくて正しい姿勢に矯正して、身長を伸ばすというのがストレッチの役割なんです。

現在の身長から、1cmでも伸ばしたい、1cmや2cmくらい伸ばしても意味がない、なんていう議論もあるかもしれませんが、その1cmで、精神的な負担が違うのは確かです。

ストレッチはグングン身長が伸びる魔法ではありませんが、身長を伸ばすことはできます。あと、1cm、2cmと考えている人にとっては価値がありますし、3cm伸びれば儲けものですよね。そこで今回は、「身長を伸ばす一番効果的な7つのストレッチ」についてお伝えします。



 

身長を伸ばす一番効果的な
7つのストレッチ

 

体を伸ばすストレッチ


身長を伸ばすには、朝と夜にストレッチをやっておくと効果的で、朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その1は、体を伸ばすストレッチがあります。体を伸ばすストレッチは、肩甲骨のまわりを伸ばすストレッチで、はじめに、仰向けになって、腕を頭の上に向かって伸ばしますが、これはまっすぐ、バンザイのイメージです。

その姿勢ができたら、手の甲を内側に向けて、両手の指をからませ、同時に、足のつま先を伸ばしますが、手が見えるように、ぐっと首を伸ばします。最後に、全身の力を抜いて、伸ばした腕を緩めて、ここまでを1セットとして、5セット繰り返しましょう。

 

正座して後ろに倒れるストレッチ


朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その2は、正座して後ろに倒れるストレッチです。柔軟性を向上させて、身長を伸ばすというのが狙いで、はじめに、正座をして、そのまま息を吐きながら、ゆっくり後ろへ倒れていきます。

体が硬い場合は、背中を床に近づけていく時に、両手をつきながら倒れてもOK。床に背中をくっつけることができたら、そのまま1~3分くらいキープします。最初は、なかなか上手くできませんが、柔軟性を向上させるという目的を持って頑張ってください。

 

両手を広げるストレッチ


朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その3は、両手を広げるストレッチです。背筋を鍛えるような動きになり、まずはじめに、うつぶせになり、そして、全身の力を抜いた状態で両手を広げてください。

両手、両足、首を上げて伸ばし、ここが背筋を鍛えるような動きになりますが、反り返るというよりは伸ばすというイメージで行ってください。最後は、全身の力を緩めながら戻し、ここまでを1セットとして、5セット繰り返してください。

 

筋肉の位置を元に戻すストレッチ


朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その4は、筋肉の位置を元に戻すストレッチで、肩甲骨の筋肉と胸の筋肉の癖を治していきます。開いてしまった肩甲骨と縮こまってしまった胸の筋肉を元の位置に戻すストレッチです。

はじめに、肘を垂直に曲げた状態で、腕を肩と平行にあげて、左右の肩甲骨をくっつける感じで、腕をぐっと後ろに引いて、これを10回繰り返します。筋肉の位置を元に戻すストレッチは、猫背を解消する役割もあります。

 

丸くなった背中の筋肉をほぐすストレッチ


朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その5は、丸くなった背中の筋肉をほぐすストレッチです。はじめに、うつ伏せになり、手をついて上半身を起こしていき、目線を天井に向けるようにして、そのままの状態で20秒キープして、これを2セット繰り返します。

 

ももの裏の筋肉をストレッチ


朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その6は、ももの裏の筋肉をストレッチで、骨盤から繋がっている筋肉を伸ばすことで、背筋をまっすぐにしやすくするストレッチです。

はじめに、床に座って脚を伸ばし、胸を張って背筋を伸ばした状態で、おへそを膝に近づけるようにして前傾します。両手で足の爪先をつかみ、10秒~20秒くらいキープします。ももの裏の筋肉が伸ばされたと感じられるのが重要です。前傾する時に背中を丸めないようにしましょう。

 

股関節の筋肉のストレッチ


朝と夜にやっておきたい身長を伸ばすストレッチ、その7は、股関節の筋肉のストレッチです。はじめに、両足を前後に大きく開いて、後ろ足にする足は床にくっつけ、前足にする足の膝は90度くらい曲げ、真下に向かって体重をかけながら、後ろ足を伸ばして股関節を前後に開きます。

20秒~30秒くらいキープし、前足の股関節の付け根の筋肉を伸ばすのがポイント。左右の足を変えて両方行ってください。

 

以上、「身長を伸ばす一番効果的な7つのストレッチ」についてお伝えしました。ストレッチは、新陳代謝を高める効果、成長ホルモンの分泌を促進させる効果、血流も良くする効果があります。

体が硬いうちは、7つのうち、3つくらいを選んでやり始めてください。最初は痛くて、思うように体を曲げられない人も多いですが、体がやわらかくなってきたら、すべてを一通りやるようにしましょう。

体が硬いと、曲がった姿勢、悪いとされる姿勢が楽になっているので、関節、筋肉をやわらかくすることによって、姿勢も改善されていき、損をしていた分の身長を取り戻すことができます。朝起きた時と夜寝る前に、自然にストレッチできるようになってきたら、一度身長を測ってみてください。変化があるはずです。

 

まとめ

身長を伸ばす効果的なストレッチは

●体を伸ばすストレッチ。
●正座して後ろに倒れるストレッチ。
●両手を広げるストレッチ。
●筋肉の位置を元に戻すストレッチ。
●丸くなった背中の筋肉をほぐすストレッチ。
●ももの裏の筋肉をストレッチ。
●股関節の筋肉のストレッチ。