身長を伸ばすにはルールがあった!守るべき3つの基本事項

身長を伸ばすにはルールがあった!守るべき3つの基本事項
「身長を伸ばすには」というのが何かと話題です。マシュマロを食べると良いとか、牛乳を飲むと良いとかいった情報が、時々思いついたようにブームになりますね。実際、欧米に比べ小柄な人の多い日本では、男性なら誰でもあと5センチ、せめて3センチ伸びたいと思った人は少なくないでしょう。

女性でも、あと5センチ身長があったらパンツやロングコートをすっきり着こなせるのになあとため息をつく時もありますよね。でも、10代ならともかく、20歳を過ぎてから身長を伸ばすには、美容整形しかないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません!というわけで今回は、身長を伸ばすには忘れてはならない3つの基本事項についてお伝えいたします!



 

身長を伸ばすにはルールがあった!
守るべき3つの基本事項

 

身長を伸ばすには、正しく眠るのが大事!


身長を伸ばすために最も重要な役割を担っているのが成長ホルモンだということは、皆さんご存知ではないでしょうか。身体の成長を促進する成長ホルモンは睡眠中に分泌されますので、身長を伸ばすには正しい睡眠を取ることが一番大切になるのです。近年は子供でもパソコンや携帯、スマフォを使うようになり、睡眠時間がどんどん減少しています。

大人にいたっては、慢性的に睡眠不足、通勤電車で居眠りをしている人も少なくありません。こうした生活は成長ホルモンの大敵です。成長ホルモンを活発に分泌するには、どんなに忙しくても、最低7時間は睡眠時間を確保しましょう。

どうしても時間が取れないときは、短くても密度の濃い良質の睡眠を取るように心がけます。睡眠が大切と言っても、ただだらだらと眠れば良いというわけではないのです。良質の睡眠というのは、脳と身体をしっかり休ませ、疲れから回復させられるような睡眠です。

そうした睡眠をとるためには、眠りに着く前から、身体を急速モードにおいてあげることが大事です。脳を休ませるためには、パソコンなどの作業は寝る1時間前には切り上げて画面から離れる。同様に、テレビも早めに終了。就寝前には、熱過ぎないお風呂に浸かるかゆっくりシャワーを浴びて身体を温め、負担にならない程度の軽いストレッチなどを施して筋肉をいたわります。そしてお布団にはいれば、脳も身体もゆっくり休息できるのです。

 

身長を伸ばすには、正しく食べるのが大事!


子供の頃、牛乳を飲むと背が伸びるよ、と言われた事のある人は多いと思います。確かに、牛乳はカルシウムやたんぱく質が豊富ですので、骨や筋肉の発達に効果的です。でも、牛乳ばかり飲んでいても、背は伸びません。身長を伸ばすには、バランスの取れた食事を摂ることが大切なのです。特に、伸長の要である骨を強化するたんぱく質を上質な蛋白源から摂取し、マグネシウム、カルシウムなどと一緒に吸収すると効果的です。

また、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ野菜や果物も成長には欠かせません。当たり前のことばかりのようですが、実際、小学校の家庭科で習った食事方法は成長ホルモンをしっかり出すために有益なものなのです。初心に戻って、健康的な食事を目指しましょう!

また身長を伸ばすには、何を食べるかだけではなく、どう食べるかも大切です。まず、成長ホルモンをしっかり分泌させるには、3度の食事をしっかり摂ることが大切です。いけないのは、食事以外の時間に間食をすること。

間食は食事の質を落としてしまうだけではなく、3度の食事のときにお腹が減っていない状況を作ってしまいます。成長ホルモンは空腹時に食事を取ることで分泌されますので、間食で常にお腹にモノが入っている状態というのはホルモン分泌にとって良い状態ではないのです。

 

身長を伸ばすには、正しく運動するのが大事!


身長を伸ばすには、日常でしっかり身体を「使う」ことが大切です。いくら食事に気を使っても、睡眠をたっぷりとっても、家にこもってジッとしていたのでは背は伸びません。成長ホルモンの分泌は20歳くらいをピークに減少していきますので、じっとしていては身体がちぢこまっていくばかりです。高齢になると、きちんと食事をとり、睡眠をとっていても、若い頃に比べて身体が小さくなっていきますが、これは身体の動きが小さくなり、運動量が少なくなってしまうからです。

高齢でなくても、身体をしっかり動かすのと動かさないのとでは、ホルモンの分泌量が違ってきます。骨を育てて身長を伸ばすには、適度な運動が必要なのです。身長を伸ばすための運動は、身体が疲れるほどのものではなく、身体をゆっくり伸ばせる程度のもので充分です。夜寝る前、バスタイムの後に、軽くストレッチをすると、身体が程よく温まって眠りにもつきやすくなるのでお勧めです。

また、下半身の骨を成長させるジャンプ系の運動も伸長には効果的です。バレーやバスケットの選手たちはみな長身ですが、もともと身長が高いのに加え、幼い頃からジャンプ系の運動を続けてきたことで骨がしっかり伸びているのです。また、普段の姿勢も大切ですので、姿勢を正し、骨が伸びているイメージを保って歩くようにしましょう!

 

いかがでしたでしょうか。

身長を伸ばすには成長ホルモンをしっかり分泌させること、これは皆さんよくご存知ですよね。成長ホルモンは人体を成長させ健康を維持させるためのホルモンですので、これを活発にするには、正しい生活習慣をとることが一番重要です。基本的には、正しく食べ、正しく眠り、正しく運動すること、これだけで良いのです。

眠りは伸長にとって一番大事なこと、夜更かしをやめて、充分な睡眠時間を確保しましょう。食生活は良質のたんぱく質をカルシウムやマグネシウムと一緒にバランスよく摂取し、間食を止めるようにしましょう。そして、生活の中に、毎日出来るような軽い運動を取り入れます。特に、骨の増強に役立つジャンプ系の運動や骨を伸ばすストレッチがお勧めです。運動によって心地よく疲れたところで入浴して身体を休めると良質な睡眠がとれますよ!

 

まとめ

身長を伸ばすには

・正しく眠る!
・正しく食べる!
・正しく運動する!