身長差を生かして他のカップルより幸せになる方法

身長差を生かして他のカップルより幸せになる方法

手を伸ばしても相手の頭に届かない身長差、背を伸ばすと相手と同じくらいになる身長差、相手を見上げるくらいの身長差、世の中には様々な身長差カップルがいますが、身長差をうまく生かして、今よりもさらに幸せなカップルになる方法があります。

男性は相手より身長が低いと、女性は相手より身長が高いとコンプレックスを抱きがちですが、そのコンプレックスを超えて好きになってくれるような相手を見つける事ができたらとても素敵ですよね。

相手は気にしていなくても、「こうだったらいいのになぁ・・・」と無いものねだりをしがちだったり。気になる身長差ですが、その身長差をうまく利用して、幸せなひと時を過ごせるようになれたらいいですよね。そこで今日は、身長差を生かして他のカップルより幸せになる方法をお伝えします。ではご覧ください。



 

身長差を生かして
他のカップルより幸せになる方法

 

上下目遣いで美しく年齢ギャップも生み出そう


男女の恋愛において上目遣いは基本中の基本のテクニックです。無理やり上目遣いをすると不自然で遊びなれている、ぶりっこ認定されがちですが、ある程度身長差がある事によって、女性が背が低く、男性が背が高い場合、自然な上目遣いになるので男性の服従心をくすぐります。

写真を撮る時も、脚をななめにそろえたり、顔を真正面ではなく、横顔と正面顔の間のななめ顔にしたりするのと同様に、上目遣いもまた小顔効果、補正効果があり、より自分を綺麗に見せる事になります。女性なら美人、男性ならイケメンでしょう。また、正面からみる通常の姿ではないので少し違和感を覚え、新鮮味を与える事にも繋がります。

背の高い方は、相手から鼻毛とか見えないようにあごを引き、逆に下目遣いをするのが好まれます。上目遣いはより若く見え、下目遣いはより年上に見えるので、見た目の年齢差も生み出し、ギャップに萌える事でしょう。身長差があまり無いカップルは互いに斜面や路側帯や階段をうまく利用して、身長差を生み出しても新鮮です。

 

憎まれ口を叩いて、遠慮の無い付き合いをしよう


身長差があると、高い方が頭をぽんぽん、よしよししっぱなし、低い方がなでられっぱなし、になりがちで、それは=(イコール)身長の高い方が上位、低い方が下位、と言う上下関係を作りがちです。

その関係のまま不動の上下関係が出来上がってしまうと、主人と奴隷の関係のように言いたい事も言えなくなり、NOと言えない環境になってしまいます。(そういう関係が好きならそれでもいいですが)。

これからお互いを知っていく段階のカップルとしては、フェアな関係を作り上げていく事によって、相手を寄り深く知る事ができるでしょう。そこで、憎まれ口です。あえて身長の低い方が、高い方をバカにする事によって、立場は逆転します。

そうすると、+-(プラスマイナス)0で遠慮のないフェアな関係が作れます。ただし、本当に相手の人格を否定するような言ってはいけない事は、言わない心遣いも必要です。

 

パーソナルスペースを確保し、棲み分けをしてサポートし合おう


かなり身長差があるカップルの良い所は、目線が近いと競争意識を持ちケンカしやすくなる身長差の少ないカップルに比べ、心理的にお互いに抵抗感や不快感なく傍にいられるパーソナルスペースを確保し棲み分けが出来るという事です。

相手との苦しくない距離感を探る事は、中々難しく自分のペースが乱されると苦痛な人もいますし、もっともっと踏み込んで欲しいという人もいます。傍にいても、身長差が適度な距離感を作り出し、お互いに過ごしやすいでしょう。呼吸をする時も酸素の奪い合い(?)になりませんし、お互いに棲み分けをしてうまく共存する事が可能です。

背の低い方が手の届かない所のものをとったり、背の高い方が見落としがちな低い所の汚れや足元の石ころなどに気づく事が出来、ハプニングも減り、お互いの足りない所を埋めるサポートをしあう事が出来ます。

 

本能をくすぐり合い、相手を尊重しよう


ある程度身長差があるカップルにおいて、女性側の方が身長が高い場合、ちいさなこどもやほっとけない男性を守りたいと思う女性の母性本能をくすぐります。女性側が低い場合は、男性の防衛本能をくすぐります。

そしてどちらが高くても良いですが、身長差があるカップルは、男性の狩猟本能から他の美人や可愛い女の子に視線を泳がせがちな時や、女性の繁殖本能から良質な遺伝子を求める時にイケメンに視線を泳がせがちな時に、身長差による目線の高さの違いから、それにお互いに気付かず、面倒なやり取りがなくなり、加えて嫌な気持ちにならずに済むという事があります。

面倒な事を自然に回避できる事はとても良いですね。他を見ると、やっぱり相手が良い。と再確認できる良い機会にもなります。

 

別の役割を演じて、ドラマティックデートを楽しもう


身長差があると、店員さんなどに親子、兄妹と間違われる事もしばしば。そんな時は怒らず、悲しまず、敢えてその設定にのっかってみましょう。例えば普段物静かな彼女とよく喋る彼氏なら、寡黙な兄とやんちゃな妹とかです。

普段とは違う性格や職業設定のストーリーを描く事によって、新鮮味が出たり、想像力が磨かれ、自己演出力や表現力が高まるでしょう。街中デートをしていて、いきなりお題をふられても即興劇(アドリブ)が出来るようになれたら、臨機応変に、その場の空気を読めるようになった証拠でしょう。

要は見えない透明のコスプレのようなもの。いったんその役になったら、時間を決めて1日限定で演じきる、と、いうデートも楽しめるでしょう。

 

いかがでしたか。

以上が身長差を生かして他のカップルより幸せになる方法でした。身長差はギャップ効果を高めてくれ、より一層ドキドキ感が出ます。「親しき仲にも礼儀あり」と踏み込んで欲しくない事もありますから、適度な距離感を保ち、自然に相手の足りない部分を補完し合える関係が幸せになれるコツでしょう。

さらに身長差がある事により、カップルに見られなかったりマイナスの事があっても、二人の間の関係性は誰にも変えられません。ですので、敢えて、それを楽しめるようになれたら、ドッキリ番組のようなデートになり、少しいたずらっ子の気分も味わえて、面白度もアップしますよね。

幸せなカップルに必要なのはちょっとした刺激(新鮮さ)です。これらの身長差を生かして他のカップルより幸せになる方法は身長差の無いカップルでも応用は利くので幸せになりたいカップルは試してみてください。

 

まとめ

身長差を生かして他のカップルより幸せになる方法

・ 上下目遣いで美しく年齢ギャップも生み出そう
・ 憎まれ口を叩いて、遠慮の無い付き合いをしよう
・ パーソナルスペースを確保し、棲み分けをしてサポートし合おう
・ 本能をくすぐり合い、相手を尊重しよう
・ 別の役割を演じて、ドラマティックデートを楽しもう