ぷるるんメタボな私が、人生を損していると思う9つの理由

ぷるるんメタボな私が、人生を損していると思う9つの理由
ぷるるんメタボ。

何とも可愛らしく、ぷるるんなんて言ってますが、ホントに忌々しいですね。脂肪ちゃんには、私のお腹を離れて、今すぐにでもドコかへ行ってほしいのに、居なくなってくれる気配は全然ない。

ぷるるんメタボな私はきっと人生の色んな局面で損していると思います。

今日は、このメタボな贅肉を追い出すために、徹底的に損している理由を分析して、ダイエットのやる気に変えてみようと思います。



 

ぷるるんメタボな私が、
人生を損していると思う9つの理由

 

その1: 全然モテなくて損している

ぷるるんメタボで、何を1番損しているか?それは、やっぱりモテないこと。これは間違いない。みんな痩せている人の方が好きなハズ。

「そんな事ないよ。太ってても関係ない」と言ってくれる人もいるけど、それってやっぱり本人を目の前にしているから。フォローしてくれてるだけなのは、丸わかりです。

 

その2: オシャレが出来なくて損している

メタボだからモテない。事実を受け入れることは大事かも知れないけど、諦めるのはよくない。精一杯オシャレをして魅力を高めよう。
そう思って洋服を色々と見てみても…。

ダメ。やっぱりメタボな私には、服の選択肢が減っちゃう。
可愛い服も、カッコいい服も、どうしても似合わない。どうしても無難な洋服選びになっちゃう。オシャレな服を着るのは、諦めたくないのに。

 

その3: 運動が出来なくて損している

モテないし、オシャレもできない。そんな状態を抜け出したい。そうなるとやっぱり、運動が一番。でも運動なんて無理です。そもそも運動は好きじゃなかった。その上、このメタボ。ちょっと走っただけで息切れが。足も痛い。

水泳だと水の浮力で、体への負担も少ないし、全身運動から良いっていうけど、人前で水着なんて絶対無理です。

 

その4: 自信が持てなくなって損している

痩せたいのに、運動できない。ダイエットで失敗の繰り返し。少し痩せても、ちょっと気を抜いただけでリバウンド。どんどん自信がなくなってきちゃう。自信がなくなると、やっぱり人としての魅力がなくなってモテなくなる。

そして、また自信が持てなくなる。典型的な悪循環。抜け出したい。

 

その5: 甘えていると言われて損している

私がメタボな自分に対して、自信を持てなくなっているのに、世間は冷たい物です。「メタボ甘え」という人も珍しくありません。その人が言うには、「身長は本人が伸ばそうと思っても、伸ばせないけど、体重は落とそうと思えば、落とせる」という物。

確かに正論かも知れません。でもそんなに簡単に体重は落ちません。

 

その6: 自己管理能力が評価されて損している

人から甘えていると言われる程度なら、私が我慢すればいいのですが、自己管理能力が低いと評価されることも少なくありません。メタボ大国であるアメリカでは、出世の条件に、「メタボでないこと」という項目がある企業も存在するというのです。

その理由は、「自分の体重を管理も出来ない人間が、部下や仕事、スケジュールの管理が出来るワケがない」という理論です。

こんなのは、言いがかりであり、パワハラその物であると思うのですが、実際に評価として存在するのなら、避けては通れません。日本の企業はやはりアメリカの企業を追従するケースが多いので、今後は企業から評価を下げられる可能性がないとも言えません。

 

その7: 健康面でも損している

痩せられない悪循環。これまではモテたいとか、自信が持てないとか、言っていましたが、それだけでは、悪循環を抜け出すには、決定力不足。こうなったらメタボが抱えるもっと深刻な部分に目を向けて、悪循環脱却の糸口にしたいと思います。

メタボの深刻な問題の第一は健康面。
この辺からは、損をしているとかじゃなくて、深刻な問題です。まずメタボでいて、健康面で良い事なんて一つもありません。メタボになると、様々な病気のリスクが高まります。その種類は、糖尿病、高血圧症、高脂血症、動脈硬化、脳卒中と数え上げるとキリがありません。

 

その8: 心臓への負担で損している

メタボになると、これらの健康面での影響が考えられますが、何と言っても、一番影響を受けるのが、心臓です。

メタボになるという事は、自動車に例えると車体が大きくなるこす。エンジンである心臓の機能は、基本的に、体の大小に関係なく同じですが、車体の大きさは、人それぞれで、当然、負担の増加が考えられます。そこへダイエットの為の無理な運動が重なると、心停止と言った深刻な問題も無視できなくなってしまいます。

 

その9: 金銭面で年間12万円も本当に損をしていた。

モテない、自信がなくなるといったメンタル的な話や、健康面で損しているという話をしてきましたが、最後にもう一つショッキングな話題を。なんと、メタボであるということは、金銭的に実際に損をしているという話です。

厚生労働省が行った調査によると、メタボの人は、そうでない人に比べ、生活習慣病の治療なので医療費が多く必要となり、年間にすると、8~12万円ほどになるという発表がありました。

また別のシミュレーションでは、糖尿病になって合併症を引き起こした場合には、経済的な負担が1700万円にもなると言われています。これまで書いてきた事柄よりも、ある意味でインパクトの大きい話題ではないでしょうか?

 

如何でしたか?

ここで、これまで書いたように、ぷるるんメタボには問題が一杯で、百害あって一利なし。人生でかなり損していると考えて間違いない様です。

過激な運動は危険ですが、クヨクヨ悩んでいても問題は、解決しません。軽い運動と無理のないダイエット。そろそろ、ちょっと本気で考えてみようと思います。

 

まとめ

ぷるるんメタボな私が、人生を損していると思う9つの理由

その1: 全然モテなくて損している
その2: オシャレが出来なくて損している
その3: 運動が出来なくて損している
その4: 自信が持てなくなって損している
その5: 甘えていると言われて損している
その6: 自己管理能力が評価されて損している
その7: 健康面でも損している
その8: 心臓への負担で損している
その9: 金銭面で年間12万円も本当に損をしていた。