体の中からすそわきが対策!臭いを抑える5つの食材

体の中からすそわきが対策!臭いを抑える5つの食材
自分がすそわきがだと気付いたら、すぐにでもすそわきが対策をした方がよいですよね。とはいえ、すそわきがの対策にはどんなものがあるでしょうか。

デオドラント製品や消臭力の高い洗剤、そしてニオイを抑える下着などなどすそわきが対策グッズはたくさんあります。でも、それよりも忘れてはならないのは身体の内側から対策すること

身体の内側からアプローチする方法は入浴や生活習慣など色々ありますが、効果が高いものとしては食生活の改善があります。すそわきがに限らず、体臭を作っているのはその人が食べている食べ物ですから、臭いを出しやすい食品を避け、臭いを抑えることに繋がる食品を積極的に摂ることでかなり臭いを軽減させることができると考えられます。

でも、すそわきが対策のための食べ物と言えばどんなものがあるでしょうか。そこで今回は、すそわきがを抑える食べ物についてお伝えします。



 

体の中からすそわきが対策!
臭いを抑える5つの食材

 

ミネラル豊富な海藻類


すそわきがやわきがの臭いは、アポクリン腺から出る汗を餌に雑菌が繁殖して生じます。これをなるべく抑えるためには、ミネラル豊富な食材を積極的に食べて体内をアルカリ性に傾けることが良いとされています。

アルカリ性食品はたくさんありますが、特におすすめしたいのはわかめや昆布、ひじきなどの海藻類です。海藻にはカルシウムやナトリウムが豊富ですし、後でお話しする食物繊維も摂取できるのですそわきが対策として打ってつけの食材です。

海藻を使った料理は和食が多いので、自然に体臭が出にくい食生活に切り替わっていくというメリットもあります

 

大豆などの植物性たんぱく質食品


これは、大豆などの植物性たんぱく質が体臭を消してくれるわけではありませんが、動物性たんぱく質を摂るよりもすそわきが対策になるという理由です。肉、乳製品などの動物性たんぱく質中心の食生活は体内を酸性に傾け、雑菌の餌となる汗をかきやすくするので、なるべくたんぱく質は植物性食品から摂った方が良いのです。

大豆に含まれるイソフラボンは汗を抑える働きがありますし、大豆サポニンは抗酸化物質なので、脂質の酸化による体臭を起こりにくくしてくれるという効果があります。おからや水煮の大豆なら食物繊維を摂れるという利点もありますね。

大豆製品には色々ありますが、毎日の牛乳を豆乳に切り替えるだけでも変わるはずです。

 

食物繊維豊富なごぼうやこんにゃく、雑穀類


先ほどから食物繊維が良いということはお話ししていますが、その理由は、便秘はすそわきがの大敵だからです。便秘すると腸内で悪玉菌が異常繁殖し、それが腸から吸収されて汗と一緒に分泌され、わきがやすそわきがの臭いを強くしてしまうため、便秘解消はすそわきが対策として忘れてはならないものと言えるでしょう。

食物繊維を効率よく摂るならごぼうやこんにゃく、そしてご飯に混ぜて炊くような雑穀類がおすすめですこれらは脂肪分が低くミネラルも豊富なので、より体臭を減らせる食材と言えますね。

 

植物性乳酸菌が摂れる漬物や甘酒類


食物繊維と同じく便通を良くする食材としておすすめなのが乳酸菌食品です。と、言っても、チーズやヨーグルトは動物性たんぱく質と脂肪分が多いので、すそわきが対策としては今一つです。

植物性乳酸菌食品と言えば、ぬか漬け、すぐき漬けなどの漬物があります。これらを積極的に食べてお通じを良くし、体臭を減らせるようにしましょう。

ただ、漬物と言ってもキムチは避けて下さい。にんにく臭が身体に吸収されて体臭をきつくさせますし、辛さが汗腺を刺激してすそわきがの臭いを発しやすくしてしまうからです。

 

抗酸化作用が高い緑黄色野菜


アンチエイジングや美肌に効果的とされている抗酸化物質は、すそわきが対策としても摂りたい物質です。身体に活性酸素が溜まると身体が酸性に傾き、においの強い汗をかきやすくなります。それを抗酸化物質によって防ぐということですね。

抗酸化食品はたくさんありますが、食物繊維やビタミン・ミネラル類を同時に摂取できる緑黄色野菜がおすすめです。ブロッコリーやピーマンにはビタミンA、C両方がたくさん含まれていますし、人参やかぼちゃはカロチンが豊富です。

動物性食品を減らし、野菜を十分に摂ればそれだけで強力なすそわきが対策になりますので、是非この機会に野菜中心の食事に切り替えてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。食べるだけですそわきが対策になる食材を5種類お伝えしました。

日本人は元々わきがやすそわきがが少ない人種ですが、ここ数十年の食生活の欧米化によって体臭が強くなったと言われています。逆に考えると、野菜中心で油分の少ない昔ながらの和食を取り入れれば、かなりすそわきがを軽減できると考えられます。

確かに、本文中で出てきた食材の数々は、和食で使われるものばかりでしたよね。和食中心だった頃の日本では体臭の悩みが少なかったというのも頷けます。

現在すそわきがでお悩みの人は、身体の外側からの対策よりも内側から体臭を抑えるように働きかけてみてはいかがでしょうか。美味しく健康的に、臭いのコンプレックスから解放されましょう。

まとめ

食べるとすそわきが対策になる食材は

・ミネラル豊富な海藻類
・大豆などの植物性たんぱく質食品
・食物繊維豊富なごぼうやこんにゃく、雑穀類
・植物性乳酸菌が摂れる漬物や甘酒類
・抗酸化作用が高い緑黄色野菜