汗が臭いと嫌われる前に これだけはやっておきたい基本ケア

汗が臭いと嫌われる前に これだけはやっておきたい基本ケア

暑いときや緊張したときなどにかく汗のニオイって気になりますよね。みなさんは適切に対処していますか?汗をかいたときに正しいケアをしておかないと「汗が臭い」と思われてしまうかもしれませんよ。

自分では気づいていなくても、思っている以上に周りの人はニオイに敏感です。あなたも自分のニオイよりも周りの人のニオイの方が気になることってありませんか?

周囲の人から「汗が臭い」と思われないようにするために、日ごろから気をつけておきたい汗のケア方法についてご紹介します。



 

汗が臭いと嫌われる前に
これだけはやっておきたい基本ケア

 

朝シャワーの習慣をつけましょう


汗のニオイ対策は、朝行うのがもっとも効果的だと言われています。特におすすめなのが朝のシャワーです。多くの方は、学校や仕事などから帰って眠りに就く前にお風呂に入るかシャワーを浴びる習慣がありますよね。

しかし、寝ている間にも200~500mlほどの汗をかいたり、皮脂が分泌されたりしています。つまり、夜寝る前にどれだけキレイに体を洗っても、朝起きると睡眠中に分泌された皮脂や汗で体が汚れていると言うことです。

皮脂や汗がそのままになっていると、臭くなりやすいので、寝ている間の汚れを落とすために、起きてからシャワーを浴びる習慣をつけましょう。念入りに洗う必要はありませんが、汗のニオイが気になる場合には、しっかりと洗っておくと安心ですね。

 

汗をかいたらこまめに拭きましょう


汗は放置しておいても自然に乾きますが、だからと言ってかいた汗をそのままにしているということはありませんか?その習慣がニオイの原因となっているかもしれませんよ。実は、分泌されたばかりの汗はほとんどニオイがありません。

汗をかいてそのままにしておくと、皮脂や古い角質、ゴミ、汚れなどがつきやすくなります。すると、それらを栄養分にする皮膚の常在菌が繁殖して、汗に含まれる成分を分解・酸化することでニオイが発生するのです。

このニオイは、汗が皮脂や古い角質と混ざっている時間が長ければ長いほど強くなります。汗のニオイを防ぐためには、汗はこまめに拭くことが大切ですね。

 

乾いたハンカチで汗を拭くのはNG


こまめに汗を拭くことは大切ですが、実はただ拭けば良いわけではありません。みなさんは汗を拭くときに、何を使って拭きますか?乾いたハンカチやタオルを使うと言う人は要注意。汗のニオイが残っているかもしれませんよ。

乾いたハンカチやタオルは、吸収力が高いため、効率よく汗を拭くことができますが、実は乾いた布ではにおいの成分を拭き取ることができないのです。

つまり、汗を拭けば拭くほど体に残ったニオイの成分が濃くなり、ニオイが強くなってしまうと言うこと。汗だけではなく、ニオイの成分を拭き取るためには、濡れたハンカチやタオルやウェットシートなどを使うことがポイント。男性用として販売されているメントール入りのウェットシートは、スッキリするのでおすすめですよ。

 

定期的に半身浴をして汗腺機能を鍛えましょう


さまざまな美容効果があることで知られる半身浴には、汗腺機能を高める効果もあります。汗腺機能は、定期的な運動やサウナなど積極的に汗をかくことで鍛えられます。汗腺機能が鍛えられると、汗臭くなりにくい良い汗をかけるようになるのです。

実は、汗腺は筋肉と同じように使わずにいると衰えてしまいます。日ごろから冷房の効いた部屋に居ることが多く、運動の習慣がないなど、汗をかく習慣がないと、汗をかいたときに臭いやすくなってしまうのです。

これを改善するために、おすすめしたいのが手軽にできる半身浴です。38度ほどのぬるま湯に下半身だけ浸かる半身浴。最初はぬるいと感じますが、徐々に血行がよくなり気がつくと汗が流れ始めます。

日ごろから運動の習慣がない人が急にジョギングなどの運動をはじめると、心臓や肺などに負担がかかってしまいますが、半身浴の場合は、そんな心配もありませんね。汗腺機能を高めるために、週に1度でも良いので定期的に半身浴をしてみましょう。

 

睡眠をしっかりとりましょう


あまり知られていませんが、汗が臭くなる原因のひとつに寝不足が挙げられます。寝不足が続くと基礎代謝が落ち、体温が下がる、内臓の機能が低下するなどが起こります。

胃腸の働きが弱まると、ニオイの元となる物質の分解が間に合わずに血液中に流れだし、体臭となって現れてしまうことがあるのです。日ごろから汗が臭わないように対策をしているのに、汗のニオイが気になるという人は睡眠不足が原因かもしれません。

適度な睡眠時間は5~7時間と言われています。必要とする睡眠時間には個人差がありますが、これに満たない場合には、できるだけ睡眠不足を解消できるよう心がけてみると良いかもしれませんね。

 

制汗剤は正しく使いましょう


最近では、さまざまな制汗剤が販売されています。汗のニオイが気になる人の強い味方ですが、正しい使い方をしないと逆効果になってしまうこともあるので、正しい使い方を覚えておきましょう。

みなさんは、外出前に制汗剤をつけていませんか?制汗剤には、汗腺をふさぐ作用があるため、肌がきれいなうちにつけておかないと、効果が半減してしまいます。つまり、夜の入浴直後につけるのが、もっとも効果的なのです。

外出先で制汗剤を使用する場合には、汗をよく拭きとってから使用しましょう。ただし、制汗剤をつけすぎると、皮膚の常在菌を死滅させてしまうため、かえってニオイが強くなることも・・。また、かゆみや黒ずみなどの肌トラブルを引き起こすこともあるので、使用法を守って使うことが大切です。

 

重曹を使ってニオイを予防しましょう


弱アルカリ性の性質を持つ重曹は、ニオイの元となる酸性物質を中和することができます。その上、殺菌作用もあるので、ニオイの元を取り除くだけでなく、ニオイの予防もできる優れものです。ここでは、汗のニオイ対策にもなる重曹水の作り方をご紹介しましょう。

【用意するもの】
・重曹 小さじ1
・水 100ml
・スプレー容器
作り方はとても簡単!スプレー容器に水と重曹を入れ、重曹が水に溶けるまで振れば完成です。

汗が気になる部分の肌に直接スプレーして使いましょう。また、体全体の汗臭さが気になる場合には、ひと握りの重曹をお風呂に入れる重曹風呂がおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

 

いかがでしたか。

基本的な汗が臭わないようにするためのケア方法をご紹介しました。汗そのものは、ほぼ無臭ですが、正しいケアをしておかないとニオイの原因になってしまいます。

日ごろから、良い汗をかけるよう汗腺機能のトレーニングをしたり、汗をかいたら濡れたタオルなどを使ってこまめに拭いたりなど、基本的なケアをするだけでも十分な効果を実感できるでしょう。

もちろん、食生活や生活習慣を見直すことも大切です。汗が臭いと思われてしまう前に、毎日正しいケアをしっかりとしておきましょうね。

 

まとめ

汗が臭いと嫌われる前にこれだけはやっておきたい基本ケア

・ 朝シャワーの習慣をつけましょう
・ 汗をかいたらこまめに拭きましょう
・ 乾いたハンカチで汗を拭くのはNG
・ 定期的に半身浴をして汗腺機能を鍛えましょう
・ 睡眠をしっかりとりましょう
・ 制汗剤は正しく使いましょう
・ 重曹を使ってニオイを予防しましょう