汗が臭い人が持つ、どうやっても解決出来ない5つの悩み

汗が臭い人が持つ、どうやっても解決出来ない5つの悩み

汗が臭いのが気になる人は、汗に対して過敏になりがちですよね。しかし汗そのものは無臭で、体温の調節などの大切な働きをしています。

では、無臭なのになぜ臭くなるのかというと、汗をかいて時間が経つと酸化したり、皮膚の雑菌が増殖したりして、汗が臭い状態になってしまうのです。

暑い時期やスポーツなどで汗をかく量が多くなると、皮膚に汗が留まる時間が長くなり、その分臭いが出やすくなってしまいます。その為に、汗をかいている人=汗臭いというイメージが出来上がってしまったのでしょう。

しかし、そういう汗は、かいてすぐ拭いたり、着替えれば気にならないのですが、それが出来ないからこそ困っているというのもありますよね。そこで今日は、汗が臭い人が持っている解決が出来ない悩みについてお伝えします。



 

汗が臭い人が持つ、
どうやっても解決出来ない5つの悩み

 

不潔そうに見られてしまう


汗が臭い人というだけで、お風呂に入っていないのではないかなど、不潔そうな感じに見られてしまいますよね。実際には、汗が臭いと自覚している人の多くは、とても清潔にしている人が多いのです。

それに日本人は体臭が少ない人種なので、臭いに対してとても敏感で、臭うのは不潔だからだという考えになってしまいます。

清潔感というのは、恋愛や仕事においてとても大事なことで、生理的に不潔そうな相手を受け付けられない人も多い為、汗が臭い人は、そういうイメージにとられてしまう可能性があるということが悩みとなってしまうのですね。

 

加齢臭と合わさって臭さが倍増してしまう


昔は、おじいさんやおばあさんの臭いだった加齢臭もストレス社会の現代では、男女問わず、40歳前後から出る人が多くなってきました。

ただご年配の加齢臭より、働き盛りと言われる年代の人の臭いの方が強くなる場合があります。それは、ストレスや食べ物の影響が強いからです。

汗が臭い人が加齢臭を併発すると、スメハラと言われても仕方がない状態になってしまうことも事実ですよね。こまめにシャワーを浴びたり、着替えたりすることが難しく、汗が臭くなりがちなのに、加えて、加齢臭という悲しい老化を受け入れなくてはいけないことが、さらに悩みを増幅させてしまうのでしょう。

 

環境が臭いを強くしてしまう


臭いは環境で変わりますよ。寒い所で感じなかった臭いが、暑い所だと気になるという経験がある人が多いのではないでしょうか。臭いを強く感じやすいのは、湿気が多い時や気温が高い時です。

湿気が多いと、臭いの分子が分散されにくくなってしまい、その分、臭いを強く感じます。気温が高かったり、部屋が暑いと臭いの分子が発揮しやすくなるのですね。

自分の部屋ならまだしも、他の場所で温度や湿度を調整することは出来ません。汗が臭い状態を更に増幅させてしまう環境が原因では、どうやっても解決することは出来ないのです。

 

仕事が出来無さそうに見られてしまう


汗が臭いということは、仕事ではマイナスでしかありません。デスクの周囲の人には臭いと思われ、営業先では第一印象が悪くなってしまいますよね。

その上、汗が臭いと思われるかもという思考が、あなたの積極性を欠く原因となり成功から遠ざかってしまいます。汗が臭いという事実が招く悩みとも言えるでしょう。だからこそ、この状況を改善しなくてはならないのです。

 

衣類が臭くなってしまう


汗は、皮膚の表面にずっと留まっている訳ではありませんよ。服から出ている部分は自然と蒸発しますが、他の部分は服や靴下などが吸い取ってしまいます。

そして衣類に吸収された汗が乾く頃には、臭い服が完成してしまうのです。そうなると、出てくる汗を拭いても臭いは取り除けませんよね。

特に綿素材が汗を吸収すると他の素材よりも臭くなってしまいます。制服などだと、替えが何着もある訳ではないので、着替えるわけにもいかないという悩みになってしまうのです。

 

いかがでしたか。

汗が臭い人が解決出来ない悩みというタイトルが不思議だった方も、納得していただけたと思います。汗が臭いと言われたくない為に努力はしていても、仕事の種類や環境など、どうしようもないことがたくさんあるのですね。

臭いが強いというだけで日本では確実にマイナスのイメージが付いてしまいます。これが外国なら、体臭が強い人が多いので、汗が臭くても気にならないし、イメージが悪くなるということも少ないのでしょう。

日本には四季があり、湿度も高い国です。その環境は解決不可能ですが、汗が臭いという状況を少しでも改善する方法は、たくさんありますよ。

誰にでも出来る簡単な方法は、汗を拭くときに、濡れたハンカチやウェットティッシュを使用することです。汗を拭くのなら乾いたハンカチでも十分な気がしますが、皮膚の表面が乾いてしまい、汗が更に出てきますよ。

濡れたハンカチなどの方が、皮膚の湿度を保ちつつ、臭いの原因の雑菌も取ってくれるので汗が臭い状態が抑えられるのです。解決できない悩みもありますが、生活習慣の改善など出来ることから始めてみてくださいね。

 

まとめ

汗が臭い人が持つ、どうやっても解決出来ない5つの悩み

・ 不潔そうに見られてしまう
・ 加齢臭と合わさって臭さが倍増してしまう
・ 環境が臭いを強くしてしまう
・ 仕事が出来無さそうに見られてしまう
・ 衣類が臭くなってしまう