汗が臭いと自分が気になるときの簡単な臭いレベルチェック術

汗が臭いと自分が気になるときの簡単な臭いレベルチェック術

汗が臭いとか、臭そうと言いますが、汗自体は約99%が水分なので臭いはありません。汗が臭い原因は、皮膚についている雑菌です。だから肌が清潔な状態のお風呂上りにかく汗は臭くないですよね。

ただし、汗の成分も臭いに関係していて、サラサラの汗は、臭くなりにくく、ベタッとした汗は臭くなってしまいます。これは食生活や生活習慣などが影響している為、根本的な改善が必要になります。

ベタッとした汗が臭くなるのは、汗腺の機能が低下してしまい、ミネラルを多く含んだ汗になってしまうからです。この汗は、乾きが遅く、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、臭いが強くなってしまうのです。

ただし、汗が気持ち悪いのはいつものことだからと、本人が汗の質の良し悪しに気づくのは難しいことなのかもしれませんね。そこで今日は、汗が臭いと自分で感じたときに、臭いのレベルを簡単にチェックする方法をお伝えします。



 

汗が臭いと自分が気になるときの
簡単な臭いレベルチェック術

 

汗をティッシュで拭いて臭いをかいでみよう


汗が臭いなと感じ、それが気になったら、ハンカチや手で汗を拭うのではなくティッシュで拭いてみてください。そのティッシュの臭いをすぐにかいでみて、臭いがあれば汗が臭いということです。

汗をかいてすぐの状態で臭いを感じるということは、時間が経てばもっと臭いのレベルが高くなってしまいますよね。それでも不安が取り除けないのであれば、汗を拭きとる時に脇にティッシュを1分間位はさんで、それをビニール袋に入れて臭いを嗅いでみてください。

汗が臭いのであれば、最初のチェック方法より臭いが強くなるはずです。そこまでして臭いを感じないのであれば、あなたの嗅覚にトラブルがあるか、実は臭いは気のせいだったということになりますよね。そしてティッシュに汗の臭いを感じたのであれば、汗や臭い対策をすぐにでも始めてください。

 

脇の汗ジミの色を確認しよう


自分の汗が臭いと感じたら、シャツなどの脇の部分を確認してくださいね。もし黄色いシミがあった場合は、わきがの可能性が高く、そうなれば当然臭いのレベルが高くなってしまいます。

わきがは、独特な臭いを発生させるので、今後は汗対策よりもわきがの対策が必要になってきますよね。気づいたのに対策をしないのは、周囲の人の為にも良くありません。自分自身が安心する為にも、脇の汗ジミをチェックしてみましょう。

 

ネットのレベルチェックで自分の臭いの状態を確認してみよう


パソコンやスマホで、汗の臭いや汗が臭いと検索すると、汗の臭いのレベルチェックを出来るページがありますよ。今の自分の状態を選択するだけの簡単なものなので、一度やってみることをおすすめします。

その理由は、臭いの感じ方というのは個人差があるので、文字で状態を確認出来るネットのレベルチェックは、自分自身を納得させたり、現状をきちんと理解することにも役立ちますよ。誰も教えてくれない答えを、パソコンやスマホを通して聞いてみましょう。

 

服の臭いをかいで臭いのチェックをしよう


自分で汗が臭いと思ったら、服の臭いをかいでみましょう。ここでポイントなのが、必ず服を脱いでから臭いのチェックをすることです。

体から離すことで、客観的にそして肌の臭いと混ざらない為、きちんと臭いの確認が出来るからです。シャワーを浴びたりした後であれば、更に分かりやすいはずですよ。

そして、少しでも気になるようなら、汗の臭い対策が必要です。周囲の人が感じる臭いは、元々の体臭+汗の臭いなのですから、今、あなたが感じたよりも強いはずですよね。もしかしたら、あなたのことを汗臭いと思っていたかもしれませんよ。

 

家族や友達に臭いのレベルチェックをしてもらおう


正直、聞くこと自体に勇気が必要ですが、ある意味これが一番手っ取り早い方法なのです。自分の汗が臭いか一度周囲の人に聞いてみましょう。

ただし、家族の場合は、あなたの臭いに慣れている為、気にならないという答えが返ってくる可能性があります。おすすめは友人です。

「今から大事な用事で人に会うんだけど汗臭くない?」と聞けば、きちんと正直に答えてくれますよ。もし、臭いと答えてくれた場合は、「ありがとう。着替えてから行くね。」と言えば、友達も正直に答えて良かったと思ってくれるでしょう。聞くことが臭いの簡単・即効のチェック術ですよ。

 

いかがでしたか。

汗が臭いと自分で気になるということは、あなたの嗅覚が自分の臭いで麻痺していないということですよね。わきがなどが原因で体臭が強い人は、自分の臭いに気がつかないことが多く、周囲に不快な思いや迷惑をかけてしまっている人がたくさんいます。

そう考えると、少し気が楽になりませんか。しかし、自分の汗の臭いが周囲の人から、どう感じられるか、迷惑をかけるレベルなのかは確認してみないと分かりません。

普段体臭が少ない人でも、体調不良や汗をかいて着替えることが出来ない等の理由で、汗が臭いなと自分で感じた経験があるはずです。

ただ、それがその後も続けて起こるようであれば、やはり体質が変わってしまい、汗の質にも変化が出ていて、それが原因で汗が臭いという可能性もあるのですよ。

一度気になると、自分の汗が常に臭いような気がしてストレスになってしまうことがあります。そうなる前に、早めに汗の臭いのレベルチェックをしてみましょう。

 

まとめ

汗が臭いと自分が気になるときの簡単な臭いレベルチェック術

・ 汗をティッシュで拭いて臭いをかいでみよう
・ 脇の汗ジミの色を確認しよう
・ ネットのレベルチェックで自分の臭いの状態を確認してみよう
・ 服の臭いをかいで臭いのチェックをしよう
・ 家族や友達に臭いのレベルチェックをしてもらおう