まずは15分から!5つの集中力をつけるトレーニング

まずは15分から!5つの集中力をつけるトレーニング
皆さんの中にも、毎日少しの時間を使って集中力をつけるトレーニングが出来れば良いのに…と思ったことがある人いますよね。集中しようと意識しても、なかなか集中できずに何も手につかない。そんな状況もあることでしょう。

勉強や仕事、スポーツの練習など、集中したいシチュエーションは人それぞれたくさんあるはずです。そんな集中のシチュエーションは上手く乗り切りたいものですね。集中力をつけるトレーニングには1日15分から出来るものがいくつかあり、そのどれもがとても簡単・手軽に始められて、習慣になればなるほど効果も上がるものばかりです。

集中とは、意識だけの問題ではなく、実は心と体も関係しています。そこで今回は、1日15分から始められる集中力をつけるトレーニング方法をお伝えします。



 

まずは15分から!
5つの集中力をつけるトレーニング

 

メンタルを安定させよう


集中は「意識」だけが大事だと思われがちなのですが、実はメンタルがとても大きく影響しています。メンタルを安定させることは、集中力をつけるトレーニングになるというわけですね。主に、運動を行って気分をリフレッシュさせたり、運動不足を解消させることなど、自分に合った方法でストレスを発散・解消することが、まず思い浮かぶでしょう。これらもとても大事ですが、集中力をつけるトレーニングでは「瞑想」がとても効果的です。

瞑想と聞くとなんだか難しそうな気もしますが、一点に視点と意識を集中させてじっと見つめたり、目をつぶって気持ちを落ち着かせて集中させるだけで十分ですし、意外と簡単なものです。一点を見つめて集中力をつけるトレーニングを行うには、手のひらなどを見るのがとても手軽にできますよ。

 

休憩時間を取ることも重要


一気に集中して物事をやってしまわないで、途中で休憩を挟むこともとても大事です。そこで集中力をつけるトレーニングとして行いたいのは、時間を決めて休憩を取ることです。

例えば、1時間集中して5分休憩、時々であれば15~30分の仮眠も、それからの集中を高めるためのパワーになります。

脳が「もう無理だ」と限界を感じてしまう前にあらかじめ休憩を取ることがポイントなので、「まだ集中できてるから良いや」ではなく「頑張ったから少し休憩を挟もうかな」と集中力をつけるトレーニングとして休憩を挟みましょう

 

集中するための環境を整えよう


仕事や勉強、スポーツの練習など、どんな場面でも「環境づくり」が重要なカギになります。脳は、いつでも新しいものを好みます。視覚や聴覚を使って集中力をつけるトレーニングを行うために、必要ないものを一切排除して環境を整えるのです。

自宅で集中力をつけるトレーニングを行いたい場合は部屋全体が綺麗に整っていると最も良いですが、難しければ机の上を綺麗にしておいたり、座ったときに視界に入るところに必要ないものを置かないようにします。

聴覚で言えば、多くの人が行っている「音楽を流して作業する」ことはやめましょう歌詞のある曲やアップテンポな曲は、返って気が散る原因にもなります。もし音楽を流したいのであれば、インストゥルメンタルやヒーリングミュージックなどで集中力アップを図りましょう。

 

物事を1つずつこなそう


時間短縮など効率化のためには、1度に2つ以上のことを済ませようとしてしまうこともありますよね。しかし、集中力をつけるトレーニングとしては、1つずつ着実に進めてメリハリをつけることがとても大事なのです。

そのために行いたいのは、スケジュール管理です。時間ごとにやるべきことを決めておきます。そうすることで、「今はコレに集中!」と自然に意識が持っていかれます。

時間を区切った「メリハリ」や「オン・オフ」を意識したスケジュールを組んでみましょう。

 

「まずは15分だけ!」と向き合ってみよう


集中力をつけるトレーニングとはいえ、なかなか気が進まないこともあるでしょう。そういったときには、「15分だけやってみよう」と軽い気持ちで作業に向き合ってみるのが効果的です。

実は、人の集中力が切れる時間は15分ごとにやってくることが多いのです。そのため、「15分だけ」でなく「もうちょっと作業してみようかな」と思うようになります

ただし、前項までにお伝えした通り「集中しすぎ」は良くありませんので、ある程度集中力をつけるトレーニングを実施したら休憩を取るように心掛けましょう。

 

いかがでしたか。集中力をつけるトレーニングを5つお伝えしてきました。すべてのトレーニングはとにかく簡単・手軽なので、作業前の癖にしたりして習慣化すれば、集中力アップも間違いなしでしょう。

15分からできる集中力をつけるトレーニング方法としてお伝えしましたが、どんなトレーニングも「出来ないだろうな」と諦めずに「ちょっとやってみよう」という心意気が大事です。

「瞑想」に関しては、最初はなかなか集中できないことがほとんどです。どうしても邪念が払いきれない…といった具合ですね。そんなことも毎日の習慣にしてみると、いつの間にか心も体も落ち着いて、集中力をつけるトレーニングの効果が現れることでしょう。

気持ちや時間、環境を整えて集中力をつけるトレーニングを行い、どんな場面でも集中力をアップさせられるように日々積み重ねていきましょう。

まとめ

15分から集中力をつけるトレーニングとは

・意識だけでなくメンタルも安定させる「瞑想」を行おう
・集中力を高めるために適度な休憩をきちんと取ろう
・集中したい環境づくりをしっかり行おう
・メリハリのあるスケジュールで1つ1つ着実に進めよう
・「まずは15分」とチャレンジしてみよう


連記事