集中力を鍛える!「ゾーン」状態まで高める5つの方法

集中力を鍛える!「ゾーン」状態まで高める5つの方法
集中力を鍛える方法を極めると、世間では「ゾーンに入る」などと呼ばれる極限の集中状態に突入することがあります。一般の人はそれほど経験が無くても、スポーツ選手や棋士などのインタビューでよく聞かれますよね。実際にそこまで集中力を鍛えることは容易では無いのですが、一般人でも全く不可能とは言い切れません。そのためには訓練や技術の向上のために時間を割くよりもメンタルに働きかける力、つまり簡単に言うと自己暗示をかける力を鍛えるのが有効だとされています。

でも、自己暗示とはどのようにしてかければ良いのでしょうか。そこで今回は、自己暗示によって普段よりもパフォーマンスを向上させたり集中力を鍛えるコツについてお伝えします。



 

集中力を鍛える!
「ゾーン」状態まで高める5つの方法

 

最初は雑音や邪魔なものが無い環境から始めよう


いわゆる「ゾーン」の状態に入ると、雑音も余計なものも目に入らなくなり、目の前のものに全ての意識を集中できるようになります。でも、最初は邪魔者ばかりの環境で集中力を発揮するのは至難の業です。まずは、「集中している」という実感を得るため、周りに集中を乱すものが無い環境で仕事や勉強、スポーツなどに取り組むようにしましょう

集中力を鍛えるためには、まずは周りに何もない環境から始めて、徐々に雑音が多い場に移っていくことが効果的です。いきなり騒がしい場所で集中力をMAXに高めるのは難しいですが、経験を積めば少しずつ雑音が気にならない体質を作ることができます

 

軽く体を動かして血行を良くしよう


スポーツはもちろん、勉強やデスクワークにおける集中力を鍛えるために「身体を動かす」ことが効果的だとご存知でしょうか。身体を動かすことで脳への血流が上昇し、頭の回転が速くなるためです。寝起きのぼーっとした頭よりも軽くジョギングした後の方が意識がハッキリしているのと同じ原理です。

身体を動かす強度は、自分の体力に合わせたごく軽いものが良いでしょう。軽く息が弾むくらいの運動がおすすめですが、そのせいで疲れた感覚の方が勝ってしまうようではいけません。

ジョギングでも筋トレでも、心拍数がやや上がる程度の運動を、その時の環境に合わせて行う習慣を付けてみて下さい。

 

対象に興味を持とう


人の脳は興味の有無に大きく影響を受けるもので、興味の無いものにはどれだけ集中力を鍛える手段を尽くしても飽きてしまうのです。それを打開するためには、対象に興味を持てるようになるべきです。

勉強や仕事を擬人化したり、好きな芸能人にこじつけたりして少しでも興味が湧くようにすれば、その作業が楽しくなり、没頭できるようになります。対象がどうしても嫌いで好感が持てないということなら、「なぜ嫌いか」を考えてみることでも興味が湧くようになります

このように、対象への意識を高めることも集中力を鍛えるためには欠かせない行為です。

 

視線を一点に集中する力を付けよう


「ゾーンに入る」と呼ばれる状態になると、アスリートなら競技内容やボールの行方、棋士なら駒の動き、そして学者なら本の内容や自分の考察しか目に入らなくなると言われています。集中力を鍛えてこの状態を作為的に作るなら、視野を極限まで狭める訓練をすると良いでしょう。

例えば物理的に視野を狭めること。つまり、眼鏡を外して近くのものしか見えない状態にしたり、スポーツの試合を録画したものを延々と見続けてボールの動きを追う練習をするなどが挙げられます。

視野は広く持つべきと言われることが多いですが、このように意識して狭めることで余計なことを気にせずパフォーマンスを向上させることができるのです。

 

「ルーティン」を行おう


アスリートが試合前に行う決まり事を「ルーティン」と呼びます。ルーティンとは本来は「日課」などの意味で使われますが、最近では集中力を高めるための儀式やゲン担ぎを指すことが多いですよね。

このルーティンこそ、自己暗示によって集中力を鍛えるための最大の方法です。一見無意味な行為でも、「ルーティンを行ったから最良のパフォーマンスができるはずだ」と思い込むことによって能力を最大限に発揮できるようになるのです。

ルーティンの内容は何でも構いませんが、自分が成功した場面の直前に行っていた行為(何を飲んだとか食べたとか、何を身に付けていたなどでも良いです)を集中したい場面の直前に取り入れ、自己暗示をかけるようにしてみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。ここでは主にメンタルや身体の機能に働きかけて集中力を鍛える方法についてお話ししました。

対象が何であれ集中力を鍛えるためには、その対象への雑念を捨てることと、「必ずうまく行く」というプラスイメージを持つことが大切です。常に雑念だらけでは集中できなくて当たり前ですし、「もしかしたら失敗するかも……」とマイナス思考に支配されてしまっては、余計なミスが嵩んで気が散る一方です。

スポーツでも、試験勉強でも、仕事やプライベートの趣味でも、高い集中力を持つことで得られるメリットは計り知れません。何かに一心不乱に打ち込みたいと思う人こそ、この機会に集中力を高めるための方法を身に付けましょう。

まとめ

メンタルや身体に働きかけて集中力を鍛える方法は

・最初は雑音や邪魔なものが無い環境から始めよう
・軽く体を動かして脳への血行を良くしよう
・飽きずに続けられるように対象に興味を持とう
・視線を一点に集中する力を付けよう
・「ルーティン」を行おう


連記事