集中力がない原因は噛み合わせ?!意外と知らない5つの事

集中力がない原因は噛み合わせ?!意外と知らない5つの事
集中力がない原因として考えられるのは、本人の性格や環境によるものなどが真っ先に考えられますよね。でも、実はそれだけではないのです。

集中力は頭脳や精神と密接な関りがあるため、対策としてはどうしてもメンタルトレーニングや脳力などの方に目が行きがちになります。また、周囲がうるさい・まぶしい・暗いなどの本人と関係の無い環境要因もよく集中力がない原因として取り上げられています。

しかし、本人の肉体、フィジカルなものと集中力の関係も忘れてはなりません例えば噛み合わせや姿勢などが悪く、集中力がない原因に繋がることもよくあるのです。

そこで今回は、集中力がない原因へと繋がる身体的なもののひとつ、噛み合わせについてお伝えします。



 

集中力がない原因は噛み合わせ?!
意外と知らない5つの事

 

噛むことで生じる脳への刺激がうまく行かなくなる


メジャーリーガーなどがガムを噛みながらバッターボックスに立つ様を見たことがありますよね。これは、ただ行儀が悪いとかお腹が空いているということではありません。

スポーツをしながら「噛む」ことで、集中力を上昇させる働きがあると言われています。歯と歯が噛み合わさることで脳に適度な刺激が伝わり、活性化させる作用があることから、試合中にガムを噛むことが一般化されているのです。

それと同じ原理で、歯並びが悪く噛み合わせが正しくない人はうまく脳に刺激が伝わりにくく、正しい噛み合わせの人よりも集中力が低い傾向があると言われています。噛み合わせのせいで能力を発揮できないのは勿体ないことといえるでしょう。

 

口呼吸による脳への酸素供給の低下が生じる


噛み合わせの悪さのせいで口をしっかり閉じることができず、気付かないうちに口呼吸になってしまう人が少なくありません。人の身体は口が開いていると鼻から空気が通りにくくなり、鼻呼吸が止まってしまうからです。

この口呼吸が曲者で、鼻呼吸よりも酸素の消費が多く、吸った量よりも消費の方が多くなり、結果的に身体と脳が軽い酸欠状態になりやすくなるのです。集中力がない原因は、脳の酸欠ということが十分考えられますよね。

脳が酸欠になると頭がいつもぼんやりして、気が散りやすく、生あくびが出る状態に陥ります。これらが集中力がない原因に繋がってしまうのです。

 

睡眠不足による集中力の低下もある


口呼吸の害は脳の酸欠だけではありません。就寝時の口呼吸のせいで良質な睡眠が取れずに睡眠不足になる悪影響もあります。睡眠不足は言うまでも無く集中力がない原因になります。

寝ている間に口呼吸をしていると、ドライマウスや喉の渇きによる咳きこみで途中覚醒しやすくなったり、いびきによる無呼吸のせいで眠りが浅くなったりします。時間だけを見ればしっかり眠っているつもりなのにすっきり起きられないという人は、寝ている間の口呼吸を疑う必要があります

口呼吸は噛み合わせだけでなく鼻や喉の病気もあり得るので、しっかり調べてもらうと良いでしょう。

 

噛み合わせのせいで肩こりが起こる


噛み合わせが悪いと左右の顎に均等に力がかかりにくくなる上、噛みやすい方でだけ噛む「片噛み」の状態に陥りやすくなります。このように毎日同じ方にばかり力がかかると肩こりや耳鳴りの原因になります

肩こりが進行すると頭痛を起こし、集中力がない原因にもなります。また、耳鳴りまで起こるようになれば集中力が妨げられるのが想像するにたやすいでしょう。

肩こりがあると姿勢も悪くなりやすいので、全身が凝った状態になるという悪影響もあるので早めに改善するべきです。

 

虫歯や口臭が気になり集中できないことも考えられる


噛み合わせが悪いせいで歯磨きの磨き残しが出やすくなり、虫歯の原因になるということはご存知ですよね。この虫歯も、意外なことに集中力がない原因になるのです。

虫歯の穴が気になり始めると歯の穴をずっと舌で触って確認しがちになりますし、痛みがあればそれが集中を妨げるのは言うまでもありません。また、磨き残しによる口臭が出やすくなると、周囲を気にして呼吸が不自然になり酸欠気味になります。

歯を丁寧に磨き、虫歯は迅速に直すようにすればこの心配は無くなりますが、それでも歯並びが良い人よりも高いリスクを抱えることには間違いありません

 

いかがでしたでしょうか。噛み合わせが集中力に与える悪影響を中心にお話ししました。

噛み合わせが悪いと美容の点と口内の健康に良くないことは知られていますが、それが集中力がない原因にまで繋がっているということは意外に知られていません。今回初めて知ったという方は、ご自身の噛み合わせ、家族の噛み合わせ改善について検討することをおすすめします。

お子さんがいるなら、お金はかかりますが早めに噛み合わせの改善を計画しましょう。きれいな歯並びは集中力の向上はもちろん、笑顔に自信を持てるようになるという大きなメリットがあります。

外見・内面ともに大きな影響を与える噛み合わせを軽視せず、悪ければなるべく早く改善すべきという認識を持ちましょう。

まとめ

噛み合わせが集中力がない原因になる理由は

・噛むことで生じる脳への刺激がうまく行かなくなる
・口呼吸による脳への酸素供給の低下が生じる
・睡眠不足による集中力の低下もある
・噛み合わせのせいで肩こりが起こる
・虫歯や口臭が気になり集中できないことも考えられる


連記事