集中力を鍛える7つのステップ!確実に身に付けるにはコレ

集中力を鍛える7つのステップ!確実に身に付けるにはコレ
集中力を鍛えるにはいくつかのポイントがあります。ただやみくもに「集中しなきゃ」と思っていても結局集中することができず、自信をなくしてしまうと負のスパイラルに陥ってしまいますから、正しいステップで集中力を鍛えるトレーニングを続けることが必要です。

試験勉強や仕事で必要なスキルの勉強、また、スポーツにおいても集中力を鍛えることが必要不可欠です。集中していないと注意散漫になって本来持っている実力が十分に発揮できなかったり、効率が悪くなってしまいます

しかし、集中力を持続させたり、必要な時に保つようにするためにはどうしたらよいかわかりませんよね。そこで今回は、集中力を鍛えるために必要なステップについてお伝えします。

睡眠時間の確保

集中力を鍛えるにはまず健康的な体作りからしなければいけません。集中力と健康な体は関係ないのではないかと思われがちですが、不健康な状態だと集中力を持続させることは難しいのです。

健康な体作りに欠かせないのが睡眠時間です。海外のプロのオーケストラの奏者は睡眠時間を平均より多くとってパフォーマンスを最大限に発揮しているというデータもある通り、睡眠時間を十分とることは集中力を鍛える上で欠かせないのです。集中力が切れた時に仮眠をとるというのもポイントです。

 

毎日の適度な運動

集中力が持続する体になるには睡眠時間の確保に加えて適度な運動を毎日することも大切です。運動をするとセロトニンという物質が分泌されます。このセロトニンは精神状態を安定させる効果があるため、うつや不眠などにも効果があると言われています。

集中力が続かないという悩みを持っている人は、セロトニンが不足している可能性もあるので、毎日ウォーキングなどの適度な運動をすることが集中力を鍛えることにもつながるのです。

 

集中を阻害するものの排除

健康的な体と精神を作ったら、いよいよ集中力を鍛えるための環境の準備をします。例えば、勉強に集中したいのについスマホを見てしまうという人は手元にあるスマホを手の届かないところに置き、テレビをつい見てしまうという人はテレビがない部屋に移動しましょう。

自分の集中力を途切れさせてしまう要因になりうるものを自分の周りから排除するのです。物理的に集中せざるを得ない状況を作ることによって徐々に集中力は鍛えられていきます。

 

集中する場所を見つける

人によって集中できる環境は異なります。一般的には何もない静かな部屋が集中できると言われていますが、人によってはシーンとしていると逆に落ち着かないという人もいますので、自分が最も集中できる場所を見つけることは大切です。

例えば、自分の部屋だとベッドがあるのでつい昼寝ばかりしてしまうという人は、人目がある公共の場の方が適しているかもしれません。このように集中力を鍛えるためには、自分が最も集中できる場所を見つけることも重要なステップです。

集中力が続く時間の見極め

集中力を鍛えると言っても何十時間も連続して集中することはできません。人には連続して集中できる時間の上限が決まっています。一般的には90分が最大と言われていますが、人によっては60分だったり、30分だという人もいます。

集中力が完全に切れてしまったのに無理やり勉強やスポーツの練習をするのは非効率ですから、自分が集中力が続く時間を見極めてその時間で区切って休憩を入れるということも大切なのです。

 

目標到達までやる

集中力が続く時間を見極めることができたとしても、その時間で終了してよいということではありません設定した最終ゴールまで到達できなければ意味がありませんから、いくら集中力が続く時間で区切ってよいからと言っても、頑張らなければいけない時はあります

ここで重要なのがその日の目標を決めておくことです。その目標を達成できるまでは、いくら集中力が切れても休憩を入れるなどして最後までやり遂げることは大切です。こうして自分に負荷をかけることによって集中力を鍛えることができます。

 

ストレッチ運動で血流促進

スポーツのトレーニングや絵画などで集中している時には眠くなるということはないかもしませんが、勉強や読書などでは、集中力が切れて眠気が襲うことがあります。このような時に効果があるのがストレッチ運動です。

眠くなるということは、脳に血液が十分にめぐっていない状態ということですから、ストレッチ運動をして血行を促進し、眠気を覚ますことが効果的です。集中力を鍛えるためにはストレッチ運動のように合間合間で集中力を持続させるテクニックを駆使することも大切です。

 

さて、集中力を鍛えるにはお寺で座禅を組んだり、瞑想するというのも流行っている方法です。このような精神面を鍛える方法も効果がありますが、それ以前に集中できる心と体と環境が備わっていなければ集中力を最大限に発揮することはできません

今回お伝えした集中力を鍛える7つのステップは、確実に順を追ってステップを踏むことで着実に集中力を鍛えることができます。睡眠をしっかりとるとか運動をするということは集中力を鍛えることとは無縁のように感じるかもしれませんが、実はとても大切なことなのです。

集中力を持続させて物事を達成すると大きな満足感を得ることができますから、集中力を鍛える努力をして、自分が思い描いたゴールまで前進していきましょう。

まとめ

続けられる集中力を鍛えるには

・しっかりと睡眠時間と仮眠時間を確保する
・毎日適度な運動をして精神バランスを整える
・スマホやテレビを封印できる環境を作る
・自室に限らず自分が集中できる場所を見つける
・自分の集中力が続く時間で区切りをつける
・その日の目標を明確にして達成するまでやる
・眠気が襲ってきたらストレッチをして血行促進


連記事