集中力が低下してると感じたら試したい5つの対策

集中力が低下してると感じたら試したい5つの対策
集中力が低下してしまって、目の前のやらなければならないことが思うように進まないという経験、ありますよね。集中力が低下していると仕事も勉強も能率が下がってしまいます。

人間の時間は限られています限られた時間の中でいかに集中して物事に取り組むかが重要です。そこでカギになるのが集中力の低下への対策です。

同じ人間ですから、みな集中力が下がるのは当たり前です。しかし常に成果をあげている人間は、いかに集中力を管理するかを知っているのです。

また、集中力の低下にうまく対処できれば、目の前の作業にも常に集中して取り組むことが出来るようになります。これが積み重なれば、自分の目標も一足はやく達成できることでしょう。

そこで今回は、少しでも高い成果をあげるために有効な、集中力低下への対策を5つお伝えします。



 

集中力が低下してると感じたら
試したい5つの対策

 

無理せずに休憩を取る


集中力の低下を感じたら、まず最初に試してほしいのは休憩を取ることです。集中力が低下している時は、脳が集中できる状態ではないのです。そこで無理をしても仕方がありません

人間の集中力はそう長くは続きません。学校の授業もだいたい45〜60分のことが多かったですよね。それは子どもの集中力が長く続かないことが考慮されているからです。

いったん机から離れて、作業のことを考えるのはやめましょう。5分〜10分、まったく別のことをしたり、ゆっくりとコーヒーをすするのもよいでしょう。

そうすると、作業に戻ったときにまた新鮮な気持ちで取り組むことができます。集中力が低下してきたのを感じたら、休憩を取り、また作業に戻るという繰り返しが、何事においても一番効率の良いやり方です。

 

適切に栄養を摂取する


あなたの脳には栄養が行き届いているでしょうか。もしそうでなければ、栄養不足が集中力の低下の原因になっている可能性があります

不摂生な食事が続いていると、たちまち脳の機能は鈍ってしまいます。ですので集中力を維持するためにも栄養をしっかりと摂りましょう

広く知られているように、脳の主要なエネルギー源は糖分です。アメやチョコレートを休憩中に食べるという人も多いことでしょう。しかし、これには注意が必要です。

アメやチョコレートなど直接的な糖分を摂取すると急激に血糖値が上がり、一時的には脳の機能が高まります。しかし血糖値がそのあと急激に下がってしまうために眠気に襲われるなど、逆に集中力の低下になりかねません

したがって血糖値を穏やかにあげるように、バナナやアーモンドなど、食物繊維やその他の栄養素を含んだ炭水化物を取るのが好ましいと言えるでしょう。間食としては消化に負担のかからないドライフルーツもオススメです。

 

運動をする


仕事や勉強に没頭するあまり、運動不足になってはいませんか?集中力が低下してしまうと思っているならば、運動が大きく解決するかもしれません

ランニングでもただの散歩でもかまいません椅子から離れて、20分程度の運動を実施しましょう。時間がなければ、少しのストレッチ程度のものでも良いです。重要なのは身体を動かすということです。

運動によって、気分がリフレッシュされるとともに、意欲も向上します。集中力が低下しているときは脳の血流が悪くなっていることが多いのですが、運動によって脳の血流も改善されます。

また、運動によって適度な疲労感が生まれ、夜はぐっすりと良質な睡眠をとることにもつながります。一石二鳥、三鳥の効果が見込めるのが運動をする習慣です!

 

環境を整える


もし、作業中に意識がうまく目の前の物事に注げないのだとしたら、それは環境が影響しているかもしれません。

まず検討するべきは整理整頓です。デスクがきれいに片付いていないと、意識は分散してしまい、結果として集中力の低下を招きます。休憩中の5分に片付けを行ってみてはどうでしょうか

また、緊張感が欠如していても集中力は低下してしまうものです。カフェや図書館など、他の知らない人がいる環境ではなぜか集中できるという経験はありますよね。

適度な緊張感があるからこそ集中力は発揮されます。環境を変えてみるのも一つの手段です。

 

作業を切り上げる


どんなに優秀な人でも、立て続けに作業をしていれば疲れますし、夜になったら疲れを取るために睡眠をとっていますよね。1日に使えるエネルギーは無限ではないということです。

どんな手段をもってしても集中力の低下が改善されない、という場合はいっそのこと作業を切り上げてしまうことも手段のうちの一つです。優先度の高いことだけ片付けてしまえば、あとはゆっくりと他のことをするか、食事をとって寝てしまいましょう

そして明日にまた高い集中力をもって取り組むことができるならば、絶対にそうするべきなのです。

 

いかがでしたか。集中力の低下は誰にでも起こります。そのような場合に冷静に対処し、能率を落とさずに作業を続けられるかどうか?これが最終的な成果を左右します。

集中力には色々な条件が絡み合って作られるものです。その日も気分もありますし、体調や環境もそうです。しかしどんな条件にあってもきちんと目の前の物事に取り組めるように、日頃から対策を整えておきたいですよね。

ぜひとも今回お伝えした方法を取り入れていただいて、改善策をさぐっていきましょう!食事や運動など、たった少しのことで大きく変わるかもしれません。そのときどきでベストな方法は異なりますが、集中力の低下に上手く対処することができれば仕事も勉強もはかどります。集中力で悩むことなく、前向きに取り組んでいきましょう。

まとめ

集中力が低下したときに試したいこととは

・無理せずこまめに休憩を取ろう
・きちんと栄養を脳に与えよう
・運動も取り入れてみる
・環境を整えてみる
・ダメだと思ったら切り上げるのも手
・睡眠不足も集中力の大敵
・精神的な影響もあることを知る