タバコの口臭ケアだけで 職場の人間関係が改善するのはなぜ

タバコの口臭ケアだけで 職場の人間関係が改善するのはなぜ

100年の恋も一気に冷めてしまうタバコの口臭問題。タバコの臭いは喫煙者本人はなかなか気付かないものですが、ひょっとしたら陰で「あの人、タバコで口が臭いよね…」などと噂をされているかもしれません。

家族や仲のいい友達であればまだ表立って教えてくれるかもしれませんが、職場などではなかなか本音で注意してくれる人もいないでしょうから、タバコの口臭ケアは念入りに行う必要があります。

人が他人との距離が近いときに最も不快に感じることの第一位は口臭であり、その場面がビジネスの場であれば仕事にも大いに影響してきます。今日はタバコの口臭ケアで得られるメリット、またタバコの口臭ケアで職場の人間関係が改善する理由についてご紹介します。



 

タバコの口臭ケアだけで
職場の人間関係が改善するのはなぜ

 

周囲からの評価が上がる


人間が不快に感じる臭いとは、第一位が口臭、第二位が生ごみ、第三位が体臭だといわれています。汗やからだの臭いなど体臭に気を使っている人は多いと思いますが、なんと嫌われやすいのは大衆よりも口臭のほうが上なのです。

実際に人と会話をしていて相手の口からくさい臭いがしたら顔を背けたくなるものですが、喫煙者の口臭は人間本来の臭いに加えてヤニやニコチンの臭いが加わります。

こうなると相手も早々に話を打ち切りたくなりますし、商談や会議でも内容に集中できなくなりますから、タバコの口臭は人間関係に大きな影響を及ぼすものなのです。

口臭があまりにも強烈だと人から避けられることも考えられますから、タバコの口臭ケアをしっかりと行うことで、周囲から正当な評価を受けることができます。

 

職場の雰囲気を明るくすることができる


タバコの口臭は喫煙者が思っているよりもしつこいもので、数メートル離れても臭いが漂ってくるものです。また喫煙者がその場を立ち去った後も残り香として臭いますし、本人から手渡された紙一枚にも臭いがついていますので、タバコの臭いが嫌いな人は喫煙者が近くを通るときには息を止める人さえいるほど。

こうなると職場に気まずい雰囲気が漂うようになり、「あの人、仕事はできるし悪い人じゃないんだけど、近くで話したくはないな…」と悲しいレッテルを貼られることになってしまいます。

口臭は職場だけでなく恋愛や家族など全ての人とのコミュニケーションにおいて大きな問題となってきますから、タバコの口臭ケアを怠ると人との距離がだんだんと離れていってしまうのです。逆にタバコの口臭ケアをしっかりと行うことで人間関係が驚くほど改善し、業務も更にスムーズに進めることができるでしょう。

 

自身のストレスを軽減させることができる


体臭や口臭は誰でも気になるものですが、喫煙者であればなおさら気になってしまいます。口臭は口の中の問題だけではなくストレスでも発生しますので、仕事で大きなプレッシャーを抱えていたり、残業や長時間労働が続く場合には要注意です。

仕事でのストレスが溜まるとタバコの量がどうしても増えてしまいますし、会社にいればそうこまめに歯磨きをする機会がありませんので、口臭が更にきつくなってしまいます。そうなるとストレスも口臭も酷くなり、更に大きなストレスを抱えるという負のループに陥ってしまいます。

ストレスを上手に処理できないでいると仕事にも身が入りませんし、集中力が欠けて大きなミスを起こしてしまうかもしれません。タバコの口臭ケアは、他人への気遣いのように見えて、実は自分自身のストレスをなくすための行動のひとつなのです。

 

自臭症が治り精神的に楽になれる


口臭を自分で自覚していない人とは正反対に、さほど臭わないのに過剰に「自分の口臭は臭い」と思い込んでしまう症状を「自臭症」といいます。自分の口臭が臭わないか、臭くないか、などと気にしすぎてしまい、他のことに身が入らなくなってしまうこともあり、心理的に追い詰められて悩み苦しんでいる人がたくさんいます。

自分ではきちんと口臭ケアをしているつもりでも、他人の口臭を感じたときに「もしかしたら自分も」と被害妄想のようになり、人前で上手に話せなくなるケースもあるといいます。きちんとタバコの口臭ケアをすることでこうした不安も取り除くことができますから、その結果職場の人間関係も円滑になっていくのです。

 

体調管理になり健康になれる


元々からだの臭いというのは病気や不調のシグナルですので、口臭がきつくなったら何かしらの原因があると考えられます。タバコの口臭ケアは自宅で行うことができますが、臭い防止として念入りに歯磨きをすることで虫歯や歯槽膿漏、歯周病を予防することができます。

あまりにも口臭が取れないようであれば歯医者で診てもらうこともあるでしょう。歯科医は口臭のエキスパートであり、その臭いが口の中からきているものなのか、それともからだの不調によって起こるのか医師の目で判断してくれます。

中には十二指腸潰瘍や糖尿病、慢性肝炎などの疾患が隠れている場合もありますから、口の中をケアするだけで病気の早期発見につながることもあるんですよ。

 

自信を持つことができる


喫煙者は歯に黄色いヤニがつきますので、歯科医による定期的なホワイトニングやクリーニングがお勧めです。タバコの口臭は煙ではなくヤニも大きな原因となっていますので、歯石と一緒にしっかり取ってもらうといいでしょう。

こうして口腔内の病気を予防し、堂々と歯を見せられる状態になれば人前でも自信を持って話すことができます。今日のビジネス社会では、会社のいいなりになるだけでなく自分の意見を主張できる人材に注目が集まり、活躍の舞台が広がっています。世界に通用するビジネスマンとなるためにも堂々たる自信を持っていたいですね。

 

プライベートが充実する


あるカップルはとても仲が良かったのに、いつしか相手がよそよそしくなってデートの回数が減ってきた…そこで思い切って理由を聞いてみると「口がタバコ臭くて嫌だ」といわれたそうです。現代は臭いに非常に敏感であり、スーパーや百貨店では臭い対策グッズが所狭しと並べられているほど。

タバコの口臭ケアをしっかりすることでパートナーとの関係がよくなりますし、プライベートが充実すると仕事もはかどりますので、職場の人間関係にもいい影響をもたらすうようになります。

 

いかがでしたか。

タバコの口臭を完全になくすためには禁煙をすることが一番ですが、それでもタバコが止められない!という場合には、煙だけではなく口臭にも気を使いましょう。

例えば、「タバコの本数を減らす。」「タバコを吸ったら、できるだけすぐに歯磨きをする。」これくらいでもタバコによる口臭を軽減させることができますし、ヤニ臭い口臭がなくなれば息もキレイになります。

会社での大事な会議や商談、また社内のコミュニケーションも自信を持って行えるようになります。タバコの口臭ケアはタバコを吸った後だけでなく、毎日の習慣にして人間関係をよくしていきたいですね。

 

まとめ

タバコの口臭ケアだけで職場の人間関係が改善するのはなぜ

・ 周囲からの評価が上がる
・ 職場の雰囲気を明るくすることができる
・ 自身のストレスを軽減させることができる
・ 自臭症が治り精神的に楽になれる
・ 体調管理になり健康になれる
・ 自信を持つことができる
・ プライベートが充実する