その食べ方が太る原因!食べる順番で痩せ体質を作るコツ

その食べ方が太る原因!食べる順番で痩せ体質を作るコツ
悩みや苦労の多いダイエットですが、「食べる順番」に太る原因があるとしたら、ぜひとも押さえておきたいですよね。テレビなどで取り上げられる事も多いので、「なんとなく野菜を最初に食べると良いらしい…」という事を知っている方は多いでしょうが、それが太る原因にどう関係しているのか、効果を最大限発揮するための正しい方法とは…など、「実は詳しくは知らない」という方も多いのではないでしょうか。

つらい運動や、苦しい食事制限をすることなく、「食べる順番」を意識するだけでダイエットになり、その上健康にも良いのであれば、ぜひ挑戦してみたいですよね。そこで今回は、太る原因になる食べ方と、食べる順番を上手に工夫して、健康な痩せ体質を作るコツについてお伝えします。



 

その食べ方が太る原因!
食べる順番で痩せ体質を作るコツ

 

太る原因になる食べ方


忙しい現代人の多くは、食事を手軽に済ませる為、外食やコンビニ弁当に頼りがちという方が多いですよね。その為どうしても品数が少なくなり、野菜不足、炭水化物過多に偏ってしまいます

普段の食生活を思い返してみて、「朝食にパンとコーヒー」「小腹がすいて菓子パン」「お昼はうどん・ラーメンや丼もの」「夕飯にお肉とライス」など、炭水化物ばかりの食事をしている方って結構多いのではないでしょうか。

しかし、実はこのような食事内容こそが太る原因です。炭水化物メインの食事は、血糖値の急上昇を招き、結果として体脂肪を体に蓄積させることになります。また、食が進んでカロリーオーバーしやすいのも特徴です。

食事をとる場合は、外食であれば一品モノより定食にする事を意識して、コンビニなどで買って済ませる場合には、カップみそ汁とサラダは必ずプラスしましょう。

そしてそれらを「正しい順序」で食べていく事が、“太る原因になる食べ方”脱却の上手なコツなのです。

 

最初は汁物から


食べる順番でダイエットと聞くと、「野菜から食べる」と思っている方が多いのですが、太る原因になる食べ方をしないためには、一番最初は汁物です。特に日本人には、具をたくさん入れられて、腸内環境の改善にも良い味噌汁がおすすめです。

水分がおなかにたまり、満腹感を感じやすくなるのはもちろん、野菜やきのこ、海藻など、具を工夫する事で体に良い栄養が豊富に摂れます。

時間が取れる時は、味噌汁を食べ終わってから、少し時間を空けてから次に進むようにすると、より満腹感を感じやすくなり、食事量・摂取カロリーを減らすことにもつながります

 

二番目に食物繊維


汁物を食べ終えたら、ここで野菜などの食物繊維を摂りましょう。食物繊維を早い段階で摂取する事で、太る原因となる血糖値の上昇を緩やかにすることができます

特に、「水溶性食物繊維」を多く含む食品を積極的に摂ると、血糖値の急上昇だけでなく、脂質の吸収も抑えてくれるため、コレステロールや中性脂肪が気になっている方にもおすすめです。

海藻類、オクラ、ゴボウ、なめこ、納豆、切り干し大根などは、水溶性の食物繊維を多く含む食品ですので、日々の食事にプラスする事で、より効果を感じやすくなる事でしょう。

 

メインディッシュは三番目


肉や魚などのメインディッシュは、野菜などの食物繊維を食べた後に頂きましょう。ただし、ここで注意しなくてはならないのが、「ごはんと一緒にがっついてはダメ」という事です。

メインディッシュはライスと相性の良いものが多いですから、どうしても白いご飯が恋しくなりますが、ここでの甘えは太る原因になります。あくまでも食べる順番でのダイエットは、『炭水化物は一番最後』が鉄則です。

どうしてもご飯と一緒に食べたいという場合は、メインだけを先に半分食べ、残りの半分をご飯と一緒に食べるようにするなどの工夫をしましょう

 

これは絶対!一番最後に炭水化物


炭水化物を早い段階で食べてしまう事こそが「太る原因になる食べ方」です。体内であっという間に糖として吸収された炭水化物によって、一気に血糖値は急上昇。体脂肪が大量に生産され、太る原因になるのはもちろん、猛烈な眠気や倦怠感など、体調面にも影響が出ます

「美味しいおかずでご飯を食べるのが大好き!」という方にはつらい事かと思いますが、原則炭水化物は一番最後に食べなくてはなりません

これまで「汁物」「食物繊維」「メインディッシュ」と順を経て食べ進めてきたのは、すべてこの「炭水化物を一番最後に食べる」という目標を果たす為なのです。

血糖値をあまり上昇させないものから食べていく事で、血糖値の上昇が緩やかになる。順を経て食べていく事により満腹感を感じ、炭水化物の食べ過ぎを抑制できる。先に摂取した食物繊維の働きによって、炭水化物が繊維に包まれて吸収されにくくなる…といった様々な働きにより、太る原因となる「血糖値の急上昇」を防ぐ事ができるのです。

 

いかがでしたか。カラカラに乾いたスポンジが、汚水も清水も関係なく吸収するように、空腹時の人間の消化器官は、生命維持のため、入ってきた栄養を吸収しようと必死です。

そのため、最初に摂取した食べ物は、後から食べたものに比べて吸収率が高く、「どんな順番で食べていくか」という事は、太る原因にとても大きく関係しています

また、核家族家庭や一人暮らしの方などは、どうしても食事の品数が少なくなってしまいがちですよね。しかし、「一汁三菜」という言葉にあらわされるように、ご飯のほかに「汁物と数品のおかず」というのは、日本古来からの食習慣であり、日本人によく合った健康的な食事法と言えます。

つらい運動も食事制限もなく、食べる順番を意識するだけで、太る原因となる血糖値の急上昇を抑える事ができるのです。いつもならメインとライスで終わらせてしまうところに、ぜひお味噌汁と野菜一品をプラスして、健やかな痩せ体質を手に入れましょう!

まとめ

食べ方が太る原因!食べる順番で痩せ体質を作るには

・野菜不足・炭水化物過多の食事こそ太る原因になる食べ方であると知ろう
・最初は汁物。日本人にはやっぱりお味噌汁がおすすめ
・食物繊維をしっかり摂る。特に水溶性食物繊維を積極的に
・ご飯を一緒に食べたくなるメインディッシュは要注意
・あくまで炭水化物は一番最後に
・痩せ体質作りのコツは、昔ながらの「一汁三菜」だった