すぐに試せる!食べても太らない人の5つの食事法

すぐに試せる!食べても太らない人の5つの食事法
出来ることなら、食べても太らない人になりたいものだ、と誰もが思うものですよね
。もちろん、太りやすいか、太りにくいかということは、生まれつきの体質によります。どんなものを食べても、全然太らないという人は確かに存在するのです。一方で、ものすごく、食には気をつけているのに、やっぱり太ってしまう人も存在するわけです。

しかし、体質は変えられないとあきらめてよいものでしょうか。もちろん、劇的に変えることは難しいですが、現状を少しでも改善することは可能です。賢く食選びをしたら、満足のいく食事をとりながらも、綺麗な痩せる身体を作っていくことができるのです。

そこで今回は、食べても太らない人に近付くためには、どのようなことを気をつけたらよいのかについて、お伝えします。



 

すぐに試せる!
食べても太らない人の5つの食事法

 

よく噛みましょう


食べても太らない人になるためには、よく噛むことが大切です。これでもかというくらい、すごくよく噛むのです。噛むと、たくさん唾液が出て、消化を助けてくれますし、噛めば噛むほど、満腹中枢があがり、少ない量でも、お腹いっぱいになったと感じやすくなります。

時間がないからと、ろくに噛まずに、掃除機のようにぐんぐん食べ物を吸い込んでしまうと、いくらでも身体に食物が入ってしまい、その結果、いくらでも太ってしまいます。食べても太らない人になりたいと思ったら、まずは、よく噛むこと。噛んで悪いことは、少しもありません。一回につき、最低30回は噛みましょう

 

朝と昼にしっかり食べて、夜には食べるのをやめましょう


食べても太らない人になろうと思ったら、朝ごはんと昼ごはんをしっかり食べましょう。そのかわり、夜ご飯は、少なめですませます。朝と昼に食べたものは、すぐにエネルギーとして使われるため、食べてもそんなに太りません。けれども、夜は、そのまま眠るだけですよね。ですから、夜に食べたものは、エネルギーに変化して使われずに、そのまま、身体にたまってしまいます。ですから、食べても太らない人になりたければ、睡眠の四時間前には、もう、何も食べないように気をつけましょう

 

野菜から先に食べましょう


食べても太らない人になるためには、まず、野菜から食べるということも大切です。野菜を食べて、お腹を膨らませてから、他のものを食べるのです。こうすると、炭水化物や、糖分、脂肪分などの取り過ぎを防ぐことができます。野菜をまず食べてから、てんぷらを食べてみましょう。思ったよりも、てんぷらを、バクバク食べずにすみますよ。

 

おやつの代わりに、フルーツなどをよく食べましょう


食べても太らない人になるためには、デザートに、フルーツを食べましょう。旬のフルーツなどは甘くておいしいものです。チョコレートや、ケーキ、クッキーや、タルトや、パイなどはとてもおいしいですが、食べたらやっぱり、太ってしまいます。そういうおやつ類のかわりに、フルーツを食べるようにしたら、グンと痩せることができますよ。

口寂しいときには、チョコレートを食べるかわりに、ドライフルーツなどを食べてみてください。それだけで、かなり、カロリーを抑えることができます。

 

腹八分目を心がけましょう


食べても太らない人になるためには、満腹になるまで、つめこんだらいけません。腹八分目で終わります。腹八分目なんて物足りないと思うかもしれませんが、そこを我慢して、少し待ってみてください。時間がたてば、お腹が膨らんで、もう食べたくなくなります。腹八分目で終わるように気をつけましょう。

 

いかがでしたか。食べても太らない人になるには、コツがいります。食事法を見直すだけで、かなり、痩せることができるのです。間食をいっぱいして、おやつばかり食べて、野菜はあまり食べず、朝ごはんはぬいて、夜にいっぱい食べるような生活を送っているとしたら、それはもう、太ってしまうのは当たり前。食べても太らない人になり、常に綺麗な女性でいようと思うならば、そんな悪習慣は、すぐにやめた方が良いでしょう。

朝日を浴びて、起きましょう。朝ごはんをしっかり食べ、外を歩きましょう。食べても太らない人になるためには、運動も大切です。一日にどれくらい歩いていますか。あまり歩いていない人は、できるだけ、歩数を増やしましょう。いつも、車で行くスーパーに、歩いて行ってみても良いでしょう。駅までバスで行く代わりに、歩いてみるのも良いですね。

また、自転車を活用するのも良い方法です。天気のよい青空の中を、自転車でスウウッと走っていくと、気分も爽快になり、一日を爽やかにはじめることができますよ。

ヨガをするのもおすすめです。深く酸素を身体の中に取り込むせいか、ヨガをすると、不思議とやたらに食べたいという欲求がなくなり、少しの食事で満足してしまうのです。そのため、あまりムリをせずに、痩せることができます。自分の欲しいだけ食べても太らない人になるために、ヨガはかなり良い方法かもしれません。

食べても太らない人になるために、良い習慣を身につけて、コツコツ続けてみてくださいね。

 

まとめ

食べても太らない人になるポイント

・よく噛むことで、満腹中枢があがるので、少ない量で満足できるようになります
・朝と昼にしっかり食べて、夜は軽めにすませるようにすると、痩せやすくなります
・野菜から先に食べるようにすると、炭水化物などのとりすぎを防ぐことができます
・おやつではなく、フルーツを食べるようにすると、カロリーを抑えることができます
・腹八分目を心がけると、無理なく痩せることができます