必見!食べても太らない体を手に入れる5つの方法

必見!食べても太らない体を手に入れる5つの方法
どれだけ食べても太らないなんて、夢のような身体になれるならなりたいと思いますよね。でも、人の身体は食べたら太るのが当たり前で、カロリーのあるものを食べても太らないなどというのは、非現実的な印象もあります。

無限に食べ続けても全く体重に影響がない身体というのはあり得ませんが、体質をうまく改善できればある程度の量なら食べても太らない身体を作り出すことは可能です。そんな身体を手に入れるためには、一体どうすれば良いでしょうか。

そのカギを握るのは、運動や普段の生活習慣。それらをうまく調整することでダイエットに適した身体作りができるのです。

たくさん食べたい、でも太りたくない……という人は、この機会に食べても太らない身体を得てみませんか。そこで今回は、誰でもできる、食べても太らない身体を作る方法をお伝えします。



 

必見!食べても太らない体を手に入れる
5つの方法

 

筋力を付けて代謝を上げよう


食べても太らない身体=代謝が良く、摂取したカロリーを余さず消費できる身体のことです。たくさん食べてもそれらのカロリーが脂肪になる前に使い切ってしまえば、太らずに体型はそのままでいられますよね。

このカロリーの焼却炉となるのが筋肉です。つまり、筋肉が少ない人よりも多い人の方が太りにくくダイエットする際も有利ということになります。

食べても太らない体質になりたいなら、まずは筋トレを普段の生活にどんどん取り入れ、筋肉を増やしましょう。そうすることで引き締まった身体も手に入れられ一石二鳥です。

 

こまめに動く習慣を付けよう


どんな小さな動きにもエネルギーが必要ですから、座りっぱなしで一日中動かずにいるよりもこまめに立ち座りし、ちょっと距離なら歩いて移動するなどの習慣を積み重ねると必然的に消費カロリーが多くなります

先ほどもお話ししたように、筋トレをして筋肉が付いた身体であれば少しの動きでも消費カロリーが大きくなるので、普段の作業の合間に身体を動かすようにするだけでも太るリスクをかなり減らすことができます

まとまった時間を取って有酸素運動をしないとカロリー消費ができないと思われがちですが、いつもの生活の中でもしっかり消費されているものなのです。

 

身体を温め冷え性を改善しよう


代謝を良くして太らない身体を手に入れるためには、冷え性改善も大切です。特に女性の場合は筋力が少ない上に露出が多い服装をしがちになるため、むくみや冷えが起こりやすい傾向にあります

冷え性を撃退するためには、ファッション性よりも保温を重視した暖かい服装をする冷たい食べ物や飲み物をなるべく控える、シャワーだけではなくなるべく湯船につかる習慣を付けるなどの方法があります。生姜やネギなどの身体を温める食材を積極的に摂るという方法もおすすめです。

冬の防寒はもちろん、夏でもエアコン対策や冷たいものの摂り過ぎに注意し、いつもポカポカで代謝の良い身体を手に入れましょう

 

水分が不足しないように注意し循環を良くしよう


水分不足は体液の循環を滞らせ、老廃物をうまく排出できない「むくみ体質」を作り出します。逆に、水分が十分に足りていて、老廃物を溜め込みにくい身体は顔も手足もスッキリとした印象を与えます

むくみにくい身体を作るためには先ほどの冷え性改善も重要ですが、同時に水分不足を防ぐことも大切です。一般的には普段の食事以外に一日2リットル以上のお水、できれば味の付いていないミネラルウォーターを飲むと良いと言われています。

注意することとしては、お水は常温か温めるようにし、身体が冷えることを防ぐこと、そして一気に飲まずに一日かけてこまめに飲むことです。

 

食事を摂る時間を規則正しくしよう


食べても太らないと言っても、眠る直前におやつをたくさん食べても太らないようにするのは難しいです。食べてすぐに眠ると脂肪になりやすいので、これは避ける必要があります。

理想とされているのは、3食を規則正しい時間に食べ、おやつなども午前中や昼下がりに食べる習慣を付けること。そして、食事もおやつも食べてから3時間以上間をあけ、胃の中に食べ物が残らない状態になるまで眠らないことです。

食べてからしばらく活動する時間があるなら、3食の食事で食べ過ぎても、おやつがハイカロリーなものでも消費するチャンスが生まれます。たくさん食べたいと思う時は、なるべく早めに食べるようにしましょう

 

いかがでしたでしょうか。たくさん食べても太らない身体を作るために心がけたいことを5つお伝えしました。

身体を動かす、むくみを予防する、規則正しく食べるなど、ありふれた方法ばかりですが、意外とこのポイントを押さえられていない人は多いようです。デスクワークだと身体を動かさずに一日を終えることが多くなりますし、忙しくしていると筋トレする気力も、規則正しく食べる暇も無くなります。今まさにこんな生活をしているという人は多いのではないでしょうか。

でも、そんな生活を続けていてはどんどん太りやすい上に不健康な身体に傾いていくはずです。この機会に、食べても太らない健康的な身体を手に入れるために生活改善を試みましょう。

まとめ

食べても太らない体を手に入れる方法は

・筋力を付けて代謝を上げよう
・こまめに動く習慣を付けよう
・身体を温め冷え性を改善しよう
・水分が不足しないように注意し循環を良くしよう
・食事を摂る時間を規則正しくしよう