食べてないのに太る!?陥りやすいダイエットの落とし穴

食べてないのに太る!?陥りやすいダイエットの落とし穴
多くのダイエット挑戦者の口から出る『食べてないのに太る』というワードですが、そのメカニズム気になりますよね。摂取カロリーを徹底的に抑えれば太るわけがない!確かにそうです。ダイエットには消費カロリーと摂取カロリーのバランスが深く関係していることは誰もが知っていることです。

太るということは、人が生きていく上で活動に必要なカロリー以上のカロリーの過剰摂取の結果、脂肪となりそれが蓄積してしまったから、というのが常識ですよね。しかし、それは決して食べなければ痩せるということではありません。効率的なダイエット法を知れば辛い食事制限やリバウンドに悩まずに済むのではないでしょうか。

そこで、今回は食べてないのに太る!?陥りやすいダイエットの落とし穴についてお伝えします。



 

食べてないのに太る!?
陥りやすいダイエットの落とし穴

 

代謝が落ちている


食べてないのに太る、そんな状態になっている理由のひとつに代謝が落ちていることが考えられます

食べない=痩せる、そう思いこんでいる人が陥り易いのが極端な食事制限をチョイスすることです。その結果、基礎代謝が正常な状態でなくなることがあるのはご存知でしょうか。

痩せるためには代謝はとても大切なキーワードです。摂り込むカロリーが少ないだけで、みるみる痩せるというわけではありません。人のカラダはそんなに単純ではないのです。無理な食事制限でカロリーを極端に減らすと、人が活動する上で必要なカロリー、いわゆる基礎代謝を下回ってしまい、それを補うために筋肉を燃やすシステムが働きますその結果、痩せにくく太りやすい体質になってしまうのです。理想とする美ボディとは程遠い、手足は細いのにお腹ポッコリのカッコ悪いカラダになってしまう可能性もあるのです。

食べてないのに太る!と感じるのは、間違った食事制限のせいで代謝が落ちているから、それが逆効果になり痩せにくいカラダになってしまったというわけです。

ダイエット中でも、最低1日1200kcal摂取を意識し、特にタンパク質は積極的に摂り入れるようにすることが食事制限のダイエット効果を最大限に発揮するポイントです。また、夜10時以降の食事も痩せるカラダづくりに大事な代謝の妨げになるので控えるようにしましょう。

 

腸内環境が悪くなっている


食べてないのに太る理由のひとつに危険な食事制限が引き起こした腸内環境の悪化も考えられます。早く結果が見たい!と極端な食事制限をするダイエットを試みる人がいます。するとカラダには様々な形で影響が出てきます。

例えば、便秘が代表的です。食べてないのだから出るモノも出ないでしょ。そんなストレートな問題だけではなく、無理なダイエットで食生活が乱れ乳酸菌などの働きが低下している影響かも知れませんよ。その結果として腸の動きも悪くなり便秘が起こり、痩せるつもりが逆に太りやすいカラダになっている恐れもあるのです。

太りやすいカラダか太りにくいカラダかの傾向は、腸内環境ととても深い関係があり、腸内フローラといわれる腸内細菌の集まりの状態によりそれは決定します。ダイエット中は食事の量やカロリーにばかり気を取られてしまいがちですが、実はそれだけでは期待している効果は得られないのが現実です。

無駄なカロリー摂取を抑えるのは良いけれど、腸内環境を整えるために必要な栄養素までカットしてしまうことで起こるダイエットの落とし穴がこれです。食べてないのに太る!と感じるのは、ダイエットに効果的な食品まで食べなかったため、太りにくいカラダ作りが出来ていなかったという残念な結果になったというわけですね。

目の前に溢れる誘惑に負けず、空腹に耐え、あんなに辛い思いをしたのに逆効果だったなんて、こんな悲しいことはありません。

 

食事と運動のバランス


食べてないのに太るなら、食べたいものは食べた方が良いに決まっていますその分運動して消化すれば良いのです。

食事ダイエットと運動ダイエットを連動させるのが一番効果的なのはいうまでもありませんが、食事制限のみ、運動のみのダイエットだけでは、なかなか痩せにくいのも事実です。肥満の元となる脂肪を効果的に燃焼することが出来れば、理想的なパーフェクトボディも夢ではありません。

そして脂肪燃焼のためには適度な筋肉が必要になります。脂肪燃焼のための運動をするにも無理な食事制限を強いられたカラダではパワーもエネルギーも不足状態です。これではダイエットに効果的な運動など出来るわけがありません。食事はしっかり摂ってエネルギーを補給し、身の丈に合った軽い運動をするのが一番良いというわけです。

また、食事制限ダイエットを選択する人のほとんどは、運動を取り入れるダイエットは避けてしまう傾向にあります。しかし、食べないだけでは筋肉は消耗しても脂肪は燃焼できませんよね。食べてないのに太る!理由はそこにもあるのです。

適度に食べて適度な運動をしなければダイエットを成功に導くことなど出来ないというわけですね。

 

いかがですか。以上が食べてないのに太る!?陥りやすいダイエットの落とし穴です。食べなければ痩せる?高カロリーと思われるモノを食生活から徹底的に排除する?効果が現れるどころか、逆効果になってしまう間違ったダイエットの常識を見直ししてみてはいかがでしょうか。

結果を出すための辛く苦しいダイエットではなく、驚くほど楽チンでポジティブにダイエットを楽しむことが出来るなら長く続けることも出来ますよね。ダイエットに大事なのは『継続』です。食べないで痩せることを継続したら健康を害してしまいます。極端な食事制限はまさにダイエットの落とし穴へまっしぐら!なのです。

食べてないのに太るのではなく、しっかり食べて健康的にキレイに痩せてそれを持続するのが理想的なダイエットですね。

まとめ

食べてないのに太る!?ダイエットの落とし穴とは

・代謝が落ちている
・腸内環境が悪くなっている
・食事と運動のバランスが悪い

可能性があります