体臭を改善できないひとが持つ、イケナイ食生活

体臭を改善できないひとが持つ、イケナイ食生活

元々は体臭が少ないと言われる民族だった日本人。しかし、食生活の欧米化に伴い、体臭が強くなってきていると言われています。あなたは日ごろから体臭が気になっていませんか?

体臭を発生させる原因はさまざまありますが、汗腺から出てくる汗や皮脂腺から出る分泌液がニオイの元になっています。汗や分泌液は、毎日の食生活と密接に関係しているため、食生活を見直すことで、体臭を改善させることができるのです。

今回は、体臭を悪化させてしまう食べ物をご紹介します。思い当たる人は、今すぐにでも食生活を見直してみましょう。



 

体臭を改善できないひとが持つ、
イケナイ食生活

 

動物性脂肪が多い食事に偏っていませんか?


日ごろから脂肪分の多い赤身肉やバターなどの乳製品、揚げ物など脂質の摂取が多い食生活になっていませんか?脂質の摂取量が多すぎると、内臓脂肪や皮下脂肪が増えるだけだと思っていませんか?

実は、余った脂肪は腸の酵素で分解され、血液中に流れだし、皮脂腺やアポクリン腺から皮脂として排出されています。皮脂が増えると、皮脂が酸化したときのニオイも強くなり、結果として体臭が強くなってしまうので、動物性脂肪の摂り過ぎには注意しましょう。

だからと言って、動物性脂肪をまったく摂らないのも考えもの。脂質はエネルギー源となるだけでなく、細胞膜や脳神経組織、ホルモンなどの材料になる大切なものなので、体臭改善のために食べるのを控えるのはやめましょう。

 

肉中心の食生活になっていませんか?


野菜をほとんど食べずに、いつも肉類ばかり食べていませんか?肉などのたんぱく質を摂取し過ぎると、腸内環境が悪くなりやすくなってしまいます。

みなさんもご存知のとおり、腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在しますが、たんぱく質は悪玉菌のエサとなり、ニオイの強い有害成分をたくさん作り出してしまうのです。

これらは、水分と一緒に血液に流れだし、汗や皮脂とともに排出されるため、体臭の原因となります。また、肉類は、消化器官で吸収されたあと肝臓でエネルギーに変わります。

このときに発生する熱は、糖質のおよそ5倍です。肉類に偏った食生活をしていると、体温が上昇し、汗をかきやすくなります。動物性たんぱく質は、大量に摂取すると汗が酸化しやすくなるため、体臭の原因となってしまうのです。

 

食品添加物を多く含む食品にも注意しましょう


何かと忙しい現代。食事と言えば、ファストフードやカップ麺が多いという方や日ごろからスナック菓子を食べることが多い方は注意が必要です。

ファストフードやカップ麺は、手軽でおいしい食べ物ですが、食品添加物がたくさん含まれていることでも知られていますよね。この食品添加物、実はしっかりと消化されないまま腸に溜まりやすいのです。

すべての食品添加物が体臭の原因となるわけではありませんが、食品添加物の中には、腸内細菌に悪影響をおよぼすや消化・吸収の際に異臭を発するものがあり、それらが体臭を引き起こします。

 

にんにくやニラの無臭化には24時間かかります


ニオイが強いことでも知られるニンニクは、夏バテ予防やスタミナ回復として食べられることが多いですよね。しかし、食べるタイミングや食べ合わせを考えずに、歯磨きをしたり、お風呂に入ったりすればニオイが取れるだろうと安易に考えていませんか?

ニンニクやニラには「アリシン」と呼ばれる成分が含まれています。これがニオイの原因となっているのですが、アリシンは体内で分解されてもニオイが残り続けるという性質を持っているため、なかなかニオイが取れないのです。

肝臓で無臭化されるまでにかかる時間はおよそ24時間。それまでの間はアリシンが血液中に流れだし、全身を巡っています。つまり、ニンニクを食べてから24時間以内は、吐く息だけでなく、毛穴を通してニオイが体の外に排出されてしまうということです。

ニンニクやニラを食べるときには、翌日の予定を確認した上で、にんにくのニオイを分解、吸着する効果のある食べ物と一緒に食べるようにしましょう。

 

お酒を飲み過ぎていませんか?


社会人になると、プライベートだけでなく付き合いとして飲む機会が増えるアルコール。日ごろからお酒を飲む習慣がついていたり、一度にたくさんのお酒を飲む習慣はありませんか?もしかしたら、体臭の原因になっているかもしれませんよ。

体内に入ったアルコールは、いくつかの分解工程を経て無害になってから体の外へ排出されています。アルコールが代謝される一連の過程の中でニオイの物質であるアセトアルデヒドが作り出されます。

アセトアルデヒドが血液中に増えると、口臭や体臭の原因となってしまうのです。特に、お酒に弱い方は少しの飲酒でも体臭が強くなってしまうことがあるので、注意が必要です。また、アルコール代謝が翌日までかからないように、飲み過ぎには注意したいですね。

 

コーヒーの飲み過ぎも危険です


ダイエットやアンチエイジング、脳の活性化などさまざまな効果があることで知られるコーヒー。目覚めの1杯、リラックスするひと時、気分転換など1日に何度もコーヒーを飲んでいる人も多いですよね。

しかし、コーヒーも体臭の原因となることがあるのです。個人差があるため、どのくらいから飲み過ぎという定義はされていませんが、コーヒーを飲み過ぎると皮脂の分泌が促され、空気に触れた皮脂が酸化することで体臭を発生させます。

また、利尿作用のあるコーヒーを短時間にたくさん飲むと、腎臓に負担がかかり、尿として排出されるはずの老廃物が汗と一緒に排出され、皮脂と混ざり体臭の原因となることがあります。

コーヒーと言ってもさまざまな種類のものがありますが、日ごろからドリップコーヒーやインスタントコーヒーよりも濃度の高い缶コーヒーを飲んでいる人は体臭につながりやすい傾向があるので注意しましょう。

 

カレーやキムチなど辛いものにも注意しましょう


日ごろからカレーやキムチなどの辛いものを食べる習慣はありませんか?辛いものの食べ過ぎには注意が必要です。辛いものを食べると体が熱くなり汗が出てきますよね。

汗は雑菌と混ざり合うことでニオイの原因となりますが、汗をかけばかくほどニオイもキツくなってしまうため、辛いものの食べ過ぎには注意しましょう。

 

いかがでしたか。

なかなか体臭を改善できない人がついやってしまいがちな食生活をご紹介してきました。思い当たるところがあったという方は、すぐにでも食生活を見直してみましょう。

ただし、ここに挙げたものを食生活の中から排除すれば良いわけではありません。「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」と言うように、何ごともバランスが大切です。どちらにも偏らない栄養バランスの良い食事を心がけ、体臭を改善していきましょう。

 

まとめ

体臭を改善できないひとが持つ、イケナイ食生活

・ 動物性脂肪が多い食事に偏っていませんか?
・ 肉中心の食生活になっていませんか?
・ 食品添加物を多く含む食品にも注意しましょう
・ にんにくやニラの無臭化には24時間かかります
・ お酒を飲み過ぎていませんか?
・ コーヒーの飲み過ぎも危険です
・ カレーやキムチなど辛いものにも注意しましょう