自分では分かりにくい!気付かれる前にとる5つの体臭対策

自分では分かりにくい!気付かれる前にとる5つの体臭対策
体臭には、汗からくるものや加齢によるものなど理由は様々ですが、自分では気付きにくいものだからこそ、しっかりと体臭対策をしたいですよね。体臭をそのまま放置しておくと、周りにも迷惑をかけますし、あまりに酷いと自分から人がどんどん離れてしまいます

例えば、体臭のせいで相手が不快になり、商談が駄目になったり、デートしようとしても臭いのせいで、断られ振られるということもあり得ます。このように、体臭は思っている以上に、色々な場面で悪影響を及ぼす可能性があるのです。

最近では臭いによるハラスメントも叫ばれています。だからこそ、体臭の対策はしっかりと施す必要があるのです。

そこで今回は、自分では分かりにくい体臭を気付かれる前にとっておきたい対策についてお伝えします。

体を清潔に保とう

体臭の原因は色々あるにせよ、体臭対策の基本は「体が清潔であること」です。そのためには、しっかりと入浴し体を綺麗に洗いましょう

特に臭いが発生するワキや陰部は、より丁寧にきちんと洗わないといけませんが、ただ石鹸やボディーソープを多く使えばよいというわけではなく、殺菌成分が入ったものを使わないと効果がありません。そこで、おすすめなのが「柿渋」や「ミョウバン」「緑茶エキス」が含まれているものになります。

それとお風呂上りには、清潔なタオルで体を拭くようにしましょう。使い回しや生乾きのタオルには、菌が存在していますし、臭いもしますので、それらが体に移ることが体臭の元になることもあります。正しく入浴すれば、体が清潔に保たれて、体臭に悩むこともありません。

 

制汗剤で対処しよう

汗と体臭は密接に関係していますので、汗に対して何らかの対処をすることは、体臭対策に繋がります。そこで、活躍するのが制汗剤であり、ドラッグストアやコンビニ、薬局などいろいろな所で売られています。

ですが、制汗剤を使用するのは、汗をかく「前」がよいのか「後」がよいのか、迷う人もいますよね。使うタイミングは汗をかく前の清潔な状態の時です。

また、制汗剤は冷たいものなので、付けすぎてしまうと毛穴が詰まったり皮膚がヒリヒリして痛みを伴うこともありますので、注意が必要です。欲張って沢山つけても効果はなく、良いタイミングで適度に使うのが最も効果的です。

 

食事を改善する

体臭は、普段の生活とも結び付いており、その一つが食生活です。中でも体臭をきつくさせるのが、脂っこいものやタンパク質の摂り過ぎになります。脂っこいものは、文字通り脂汗をかきやすくなるため、体臭がきつくなります。また、タンパク質を摂り過ぎると悪玉菌が成長しやすくなるのですが、これが臭いの強い成分を沢山作ってしまうため、体臭がきつくなるのです。お肉やスナック菓子の食べ過ぎには注意しましょう。

注意しなくてはいけない食べ物もあれば、その反対におすすめな食べ物もあります。それが、抗酸化力が高い食材(果物、海藻、ナッツ、緑黄色野菜など)や脂肪の分解を助けるビタミンB2を含んだ食材(納豆、卵、魚など)です。

脂っこいものやタンパク質を含むものは適度に摂り、おすすめのものを沢山食べるように改善することが、体臭対策になるのです。

 

生活習慣を見直そう

現代社会において、ストレスがない人はいないでしょうが、このストレスも体臭と関係しています。ストレスには、脂質の働きを活発にさせるという、ありがたくない力があるのです。この状態で汗をかくと、ドロッとしている上に臭いがきつくなります

なので、自分の好きなことをする時間を定期的に設けるようにして、ストレスを溜め込まないことが、体臭対策にもなります。

また、お酒を飲むことを習慣にしている人もいるでしょうが、その時体内ではアルコールが分解され、アセトアルデヒドという物質が生成されます。この物質も体臭の原因となりますが、飲み過ぎなければ問題はありません

 

サプリメントを活用する

ここまでお伝えしたことを振り返ってみると、体の「外」だけでなく「内」からも体臭の対策ができることは分かりましたが、「内」からの対策は効果が現れるのにどうしても時間がかかってしまいます

そこで、対策を手助けしてくれるサプリメントを活用して、より効果的な対策を実施していきましょう。ただし、良さそうなサプリをひたすら選んでいたら膨大な数になりますので、的確なものを選ぶことが大切です。

おすすめなのが、臭いに効果がある「柿タンニン」や「緑茶」の成分が含まれているもの、キノコや樹木などから発生し殺菌力のある「フィトンチッド」という成分が入っているものです。また、体臭は腸内環境と関係性を持っていますので、腸に良いサプリメントを選ぶのも効果が期待できます。

 

体臭の対策には、体を清潔にしたり汗を抑えたりして体の「外」に施す方法と、食生活の見直しやストレスの軽減などを体の「内」に施す方法があります。体の「外」の対策は即効性はありますが、根本的な解決にはなりませんし、体の「内」はその逆になります。

なので、体臭の対策はどちらか一方だけをするのではなく、両方の面からしていくことが大切です。どちらにしても体臭に気付いた時には、かなり酷い状態になっていることが予想されるので、対策は早め早めに行って損はありません

周りから煙たがられたり距離を取られたりする前に、たとえ自覚がなくても体臭対策をしておきましょう。臭いがなかったりきつくない今だからこそ、確実に対策を実施すれば、必ず体臭のしない体になりますよ。

まとめ

気付かれる前にとる体臭対策は

・体を清潔に保つためにしっかりと入浴する
・汗をかく前の清潔な時に制汗剤を使う
・食事に体臭に効果のある食材を加えよう
・ストレスを溜め込まずお酒を飲み過ぎないようにする
・サプリメントでより効果的な対策をしよう


連記事