多汗症で顔がべとべとになる私がやっている、7つの汗の対処法

多汗症で顔がべとべとになる私がやっている、7つの汗の対処法
多汗症 顔の汗が気になるという方はいらっしゃいますか?

多汗症とは汗がたくさん出てしまう症状ですが、特に「顔面多汗症」といって、特に顔にたくさん汗をかいてしまうという症状の方もいます。顔から汗が吹き出し、べとべとでとても不快ですし、周りの人にも「どうしたの?」と心配されます。メイクもすぐに落ちてしまうので、本当に困りますね。他の人の目につく部分だけに、なんとか多汗症 顔の汗を抑えたいものですが、今回は7つの多汗症 顔の汗の対処法をご紹介しますね。

同じ悩みをお持ちの方ぜひ参考にしてくださいね。



 

多汗症で顔がべとべとになる私がやっている、7つの汗の対処法

 

その1: 清潔なタオル地のハンカチを持ち歩く

まず基本的なことですが、清潔なハンカチを持ち歩き、すぐに汗を拭きとれるようにしましょう。できれば汗の吸収の良いタオル地のものがおすすめです。最近はミニタオルでおしゃれなものもたくさん出ていますので、かわいいもので汗を吸い取ることができます。

 

その2: 運動する

多汗症 顔の汗の場合、運動不足が原因になることもあるそうです。運動の習慣がなく、汗をかくことが少ない人は、熱の発生が少なくなり、汗腺が活発に動かなくなってしまっています。特に体や腕、手や足に汗をかかなくなり、汗腺が眠った状態ですと、体の体温調節がうまく働かなくなってしまいます。そうなると顔で体温調節しようとしますので、顔にたくさん汗をかいてしまうのです。

それで多汗症 顔の人の場合、定期的に運動して全身から汗を流し、汗腺を目覚めさせてあげることが必要です。そうして体温調節機能を復活させると、顔の汗が次第におさまってくると思います。

 

その3: 首の周りを冷やす

首の周りを冷やすと、多汗症 顔の汗が収まることがあります。保冷剤や濡れたタオルを首の後ろに当てて、首の周りを冷やします。首のまわりは大きな血管が通っていますので、この部分を冷やすことで体感温度が下がり、顔に汗をかきにくくなるのです。

例えば、朝お化粧する前や、お化粧直しをする際に、首の後ろを冷やしながら行うと、化粧もちが良くなります。また首の周りを冷やすことを頻繁にしていると、あまり顔に汗をかかなくなるという報告もあります。簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね。

 

その4: 豆類を多く摂取する

多汗症 顔を改善する食材があります。それは大豆類です。豆腐、豆乳、おから、納豆、枝豆などの大豆製品をなるべく摂取するようにしましょう。大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きを私たちの体の中で行ってくれます。

女性ホルモンは、汗をかいてもさらさらにしてくれたり、汗自体を抑える作用があります。多汗症 顔の汗は女性ホルモンの乱れから生じるとも言われています。それで女性ホルモンを活性化させることは多汗症 顔対策に効果的なので、なるべく大豆イソフラボンを定期的に摂るようにしましょう。大豆イソフラボンは美容にも健康にも効果がありますので、積極的に取り入れていきましょう。

 

その5: 肉類や脂っこいもの、アルコールを摂りすぎない

多汗症 顔汗の原因の一つに、肉類や脂っこいものの摂りすぎということも挙げられます。肉や脂っこい食べ物を摂りすぎると、体が酸性に傾き、汗の臭いが強くなることがあります。またお酒を飲みすぎた後にも、たくさんの汗をかくことがありますので注意しましょう。

 

その6: ミョウバン水を顔に吹きかける

手作りの自然派制汗剤をミョウバンで作れることをご存知ですか?作り方はこうです。まず焼きミョウバン50gを1.5リットルの水に溶かします。これを涼しいところで2日間ほど放置します。それからミョウバン水1に対して、水20の割合で希釈し、スプレーなどに入れて顔に吹きかけます。とても簡単にできて、多汗症 顔に効果があります。

また消臭効果もありますので、汗の臭いも気にならなくなります。

 

その7: ストレスをためない

多汗症 顔面の場合、ストレスが影響していることがあります。極度に緊張したりストレスを感じると、顔に汗をかくということはありませんか?そういう場合、精神科や心療内科を受診して治療することも多汗症 顔改善に役立ちます。さらに普段の生活でストレスをためないことも重要です。多汗症 顔汗自体が大きなストレスになってしまうことがあるかもしれません。

しかし、周りの人はあなたが思うほど気にしていないこと、汗をかくことは不潔なことではないことを忘れないようにしましょう。それから自分なりのストレス解消方法を見つけましょう。リラックスを心掛けましょう。そうすることで、多汗症 顔をストレスと感じないようになり、徐々に症状も改善に向かうということも十分あります。

 

多汗症 顔対策を7つご紹介しましたが、いかがでしたか?

顔に汗をかくということは、生活に支障が出ますし、とてもつらいですよね。でも今回取り上げたような対策を行うことで、徐々に改善に向かうことでしょう。それであきらめずに続けることが大切です。

また多汗症はただの汗っかきとは違いますので、きちんと専門の病院に受診することも必要です。いずれにせよ、きちんと多汗症 顔の汗と向き合い対策を講じることができます。少しでも顔の汗のストレスを減らし、毎日さわやかに過ごしていきましょう。

 

まとめ

多汗症で顔がべとべとになる私がやっている、7つの汗の対処法

その1: 清潔なタオル地のハンカチを持ち歩く
その2: 運動する
その3: 首の周りを冷やす
その4: 豆類を多く摂取する
その5: 肉類や脂っこいもの、アルコールを摂りすぎない
その6: ミョウバン水を顔に吹きかける
その7: ストレスをためない