恥ずかしい手汗をかかなくなる簡単7つの対策法

恥ずかしい手汗をかかなくなる簡単7つの対策法

手汗が気になって、生活に支障が出るのは苦しいですね。少しでも精神面で軽くなるように、手汗をかかなくなる対策を行いましょう。手軽にできるものから長期にわたって行う事まで様々な対策があります。自分にあった方法を実践してみましょう。悩みを解決できるだけでなく、ストレスの解消にもつながりますよ。



 

恥ずかしい手汗をかかなくなる
簡単7つの対策法

 

その1: ツボを押す

東洋医学で考えられる「ツボ」を使い、手汗対策を行う事ができます。手汗を抑える事ができる手のひらの中央にある「労宮」と呼ばれるツボや、甲側にある人差し指と親指の交わった場所にある「合谷」はオススメです。

気軽にいつでもできるツボを押す事で手汗が減少したらこんなにいいことはありません。薬のように副作用もなく、手軽にできます。自律神経を落ち着かせる効果も期待できます。

 

その2: 漢方薬を飲む

皮膚科で処方される薬や市販薬など個人輸入で購入できるものまで実に様々な薬があります。その中でも漢方薬は効果はゆっくりで長期間の服用が必要がありますが、副作用が少ないので利用する人が多くいます。

手汗の対策としても、体質を改善する効果が期待できます。漢方薬を扱う病院も増えているので、かかりつけのお医者様に相談してみる事もいいでしょう。

 

その3: 制汗剤を使う

手汗対策に有効な「塩化アルミニウム」が配合されている制汗剤は効果が期待できます。汗を抑えたい部分にだけぬればいいという手軽さと効果で人気があります。制汗剤を塗る時間は夜がベスト。

制汗剤の有効成分は汗腺に入りこみます。夜は汗腺が朝ほど活発でないので、朝から塗った時よりも効果は長く続きます。朝使うと汗ですぐ流されてしまうので、夜が効果的という事になります。

制汗剤によっては臭いを付けるだけで、汗を抑える機能が少ないものもあります。しっかりと制汗剤を購入する場合は成分まで見て買いましょう。肌に合わずにかゆみを引き起こす場合もあります。自分の状態にあった物を選びましょう。

 

その4: 運動不足を解消する

運動をするという事は手汗対策に効果があります。運動不足でいると汗腺が使われている部分と使われてない部分に分かれます。汗腺が使われている部分にばかり負担がいき、汗のコントロールがうまくいきません。体のなかにある多くの汗腺をうまく使う為にも運動は必須です。

仕事の合間にストレッチを行ったり、階段を使う事を心掛けたり、少しでも動く事を意識しましょう。汗腺を開かせるためにはウォーキングやヨガがオススメです。運動する時間がないのであれば、半身浴でじっくり汗をかくといいでしょう。

 

その5: 生活習慣を改善

食事や睡眠などの生活習慣も重要です。辛い・熱いなどの刺激の強い食事は汗腺を刺激します。ストレスを緩和させるためにも睡眠は大切です。睡眠不足は自律神経と女性のホルモンバランスもくずしてしまいます。規則正しい生活とバランスのとれた食事は体の機能を整えます。

体にこもった熱を発散させる効果があるナス・キュウリなどの夏野菜は利尿作用もあります。そして、自律神経を整える豆腐・納豆などの大豆製品やビタミン類もオススメです。神経の働き正常にするためにも、ビタミンB群はとりましょう。

 

その6: 自律神経を整える

ストレスや生活習慣により乱されやすい自律神経を整える事は手汗対策に有効です。体と心をリラックスする事を意識しましょう。交感神経と副交感神経のバランスが悪い時は、解消できないストレスが体の中でイライラがたまり、発散させることができない状況にあります。

ストレスの解消をする事は手汗を抑えるとともにつながります。口角を上げて笑顔を心掛ける事、深呼吸をする事、お風呂にゆっくり入る事、が大切です。趣味に没頭する時間もいいでしょう。自分にとって気持ちが落ち着くという事に意識を向けましょう。

 

その7: 皮膚科へ行く

何の病気でも早く治療を行いたい場合は病院へ行くのが一番です。自分の症状はどうなのか、自分自身で思い悩んでいるだけで、意外と軽い場合もあります。手汗で悩む人は不安が強い人であったり、精神面でやさしく、思いやりが強い人であったりします。

一人で思い悩むより、病院へ行きましょう。手掌多汗症という病気であった場合は精神面や生活習慣が問題ではありません。薬であったり、レベルにおじては日帰りの手術も可能です。セルフケアにも限界があります。ストレスフリーな生活を目指して前向きになりませんか?

 

いかがでしたか?

「手を動かすと汗が飛ぶ」「握手がはずかしい」「汗で手がすべってしまう」など多くのストレスを感じている人がいます。病院で10代から30代の人が治療をしています。症状は汗で湿る程度の人から汗が滴り落ちる人まで実に様々です。

その症状が少しでも軽くなるように対策を行ってください。そして、汗が出るのは仕方ない事だと受け入れる事も大切です。汗が出る事に不安があると、どうしても気になってしまいます。自分の体のことなので、受け入れてみましょう。心がかるくなるはずですよ。

 

まとめ

恥ずかしい手汗をかかなくなる簡単7つの対策法

その1: ツボを押す
その2: 漢方薬を飲む
その3: 制汗剤を使う
その4: 運動不足を解消する
その5: 生活習慣を改善
その6: 自律神経を整える
その7: 皮膚科へ行く