手汗対策ベスト5選★その場のケアから生活改善まで教えます

手汗対策ベスト5選★その場のケアから生活改善まで教えます
手汗対策をしていても、大事な時に限って手汗がベットリ・・・なんていうことがありますよね。寒い冬でも手汗で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今日は大丈夫と安心していても、心とは裏腹に緊張すればするほど手汗は容赦なく湧き出てくるものです。

手汗は緊張からくる「精神性発汗」と体温が上昇した時にでる「温熱性発汗」と2種類に分類します。副交感神経と交感神経のそれぞれの刺激から手汗が起きるのですが、対策も人それぞれですよね。病院で相談すれば良いのでしょうが、ちょっと受診までは・・・という方も多いでしょう。

どの対策が一番適しているのか、探すのも至難の業です。今回は、手汗対策の中でも特に行なわれているケアや改善策をお伝えします。



 


手汗対策ベスト5選★
その場のケアから生活改善まで教えます

 

手汗用制汗パウダーで瞬間対策


手汗対策としてその場でなんとかしたいという方におすすめなのが、専用の制汗パウダーです。パウダーなのでサラサラ感が持続でき、緊張する場所でも安心して過ごすことができるでしょう。ドラッグストアでも手軽に購入できますし、いざとなったときの強い味方です。

気になるニオイも抑えてくれてとても助かりますよね。脇や足にも使えるパウダーもありますので、気になるところに年間を通して使えます。ローションタイプやジェルクリームタイプもありますので、使いやすい方を選んでください。

最近では男性より女性の方が制汗剤を求めることが多くなっていますので、コンパクトタイプで携帯しやすくなっています。

 

緊張や不安の緩和で手汗対策


手汗対策として交感神経を刺激させない行動を起こすことで、緊張による「精神性発汗」による手汗が抑えられます。不安や緊張しない方法を身につければ、自然と手汗対策もできるというわけです。リラックスできる方法をいつも身につけていれば、どんな時でもすぐに防止することができます。

手汗は気にするとどんどん発汗されて湧き出てきます。気にしなければ半分以上手汗を抑えることが可能なのです。気を紛らわせることも、十分な手汗対策になりますのでとっさのときはお試しください。精神的な部分から起こる手汗は、気持ちを落ち着かせることからイメージしましょう。

汗をひくイメージをするだけで、スーッと手汗が引いていくのを実感できるでしょう。

 

手のツボで手汗対策


手汗対策でよく耳にするのが、手のツボ押しです。直接手のツボを刺激することによって、手汗を抑えるとともに緊張感を和らげる効果が期待できます。手のひらの真ん中にある「労宮」というツボを5秒間押すと、気持ちが落ち着きますので何回か押して気持ちを安定させてください。

緊張したり不安になったりするときは、「合谷」と呼ばれる手の甲の親指と人差し指の骨が合わさる部分のくぼみを反対側の親指を使って5秒間押しましょう。「合谷」は万能のツボとも呼ばれているので神経過敏の症状にも効くといわれています。

不安な気持ちやストレスを緩和してくれるツボですので、数回押してリラックスしてください。

 

手汗対策として野菜中心にした食生活を


手汗対策に、食生活の見直しをして体の内側から体質改善をしていきましょう。当たり前のように食べていた偏りの食生活では手汗は収まりません。脂っこいものや辛い食べ物は手汗の原因でもありますので、控えるように心がけましょう。発汗作用のある食べ物も極力避けるようにしましょう。

手汗対策には、野菜中心の食生活が最も適していると言えます。バランスよく食事をすることによって、汗も適量に発汗されますし、肥満防止にもなりますよね。肥満は手汗の天敵です。多汗症へと発展してしまう可能性もありますので、今のうちに対処しておく必要があります。

食生活を注意して質の良い汗に変えていくことで手汗を抑えていきましょう。

 

アルコール摂取を控えて手汗対策


手汗対策にアルコールを控えることも効果があることをご存知でしょうか。アルコールも手汗の原因のひとつです。アルコールは血管を広げてしまう作用があります。そのため手汗をかきやすく、飲み過ぎれば飲み過ぎるほど手汗がとまりません。結婚式などのスピーチのときに手汗が必要以上に多く発汗するのはそのためです。

アルコールを摂取しなければいけない席では仕方がないことですが、手汗を抑えるためにはアルコールの摂取量を極力控えましょう。日常のアルコール摂取も同じです。手汗が気になるならば、日頃の晩酌は数日おきや数週間に1回にするなどして減らしましょう。

手汗対策だけでなく、健康のためにもなります。

 

手汗対策は、とっさにできる対処法から普段の生活改善で解消できます。ストレスを溜めないように、日頃から運動や半身浴などを行うとより効果が期待できるでしょう。規則正しい生活も手汗対策になりますので、決まった時間に就寝するなど心掛けて生活リズムを整えることも大切です。

腹式呼吸も副交感神経の動きを高めるため手汗対策としておすすめです。改善を試みても成果が感じられなかったり手汗があまりにもひどいと感じた時は、手掌多汗症の可能性が十分考えられますので早めに受診してください。ひどくなると手術や注射で治療することになりますので、そうならないためにも今から対策をしておくと良いですね。

手汗を気にしない生活が送れるように、ケアを怠らずに過ごしていきましょう。

 

まとめ


手汗対策ベスト5★

・手汗専用パウダーで瞬間にできる制汗対策
・緊張感や不安を解消した手汗対策
・手のツボ押しで効果抜群な手汗対策
・野菜中心の食生活で汗を現象させる手汗対策
・アルコール摂取を控えて抑える手汗対策