低身長の悩みをファッションアイテムで カバーする9つの方法

低身長の悩みをファッションアイテムで カバーする9つの方法

世の中にファッションアイテムはたくさんあるというのに、どれもこれも低身長の自分には合わなくて何を着たらいいのかわからない!という方、実は結構多いのでは?

長身のスラリとした人をみかけるたびに羨ましくなってしまって、自分の着ている服が自分をより小柄に見せているのでは、、、と不安になってしまいます。

でもちょっとしたことで、無理なく身長をカバーできるって知っていましたか?男性も女性もコツは同じ、着こなしや取り入れるアイテムを少し工夫するだけで見た目はかなり変わります。さっそく紹介していきましょう!



 

低身長の悩みをファッションアイテムで
カバーする9つの方法

 

帽子や小物で重心を上にしよう


まずは見る人の目線が少しでも上の方にいくように工夫してみましょう。一番簡単なのは帽子をかぶること。キャップでもニットでももちろん効果はありますが、一番はハットですね。

存在感もあり、少し高さもでるのでおすすめです。女性はカンカン帽が流行っていますし、他には大きめの帽子で小顔効果も狙えます。また、帽子の他に首元にストールをまくのもオススメです。

垂らして縦のラインを作るのももちろん良いですが、首まわりをダボッと大きく見せることで、簡単に重心を上に持ってくることができます。

 

トップスはジャストサイズにしよう


小柄に見せたくなくてつい大きめの服を着ていませんか?でもそれって実は逆効果なんです。特にトップスは肩のラインがきちんと身体に沿ったジャストサイズのものでないとブカブカ感がでてしまい、より小柄に見えてしまいます。ピタピタすぎる服も不自然ですから、着心地がよく大きすぎないサイズを選びましょう。

 

縦ストライプをチラ見せしよう


アウターやカーディガン、パーカーなどの中に着るTシャツは縦ストライプのものがおすすめです。縦ストライプは痩せてみえるという効果もありますが、縦のラインを強調することで身長を高く見せるという力もあるのです。

ストライプは太めよりも細めだとより良いですね。また、インナーだけでなく、縦ストライプのシャツを羽織るのも効果的です。

 

黒のパンツをはこう


パンツは濃い色のものが断然良いです。黒でなくとも紺やダークグレーなど、暗い色ほど足長に見えます。黒系のパンツならばトップスやアウターと合わせやすいのも嬉しいですね。

型は細身すぎずダボダボすぎず、ストレートなものが良いです。特にブーツカットはおすすめできず、足が短く見えてしまうので気を付けましょう。

 

カーデやベストで縦のラインを作ろう


小柄な人はTシャツオンリーはNG!ぜひTシャツの上に何かを羽織る癖を付けてみてください。春・秋に着やすいカーデはボタンを開けて羽織ることで、インナーのTシャツを縦長にチラ見せして縦のラインを作れます。

ベストならば1年を通して着られるものが多いので、アイテムの一つとして持っておくと便利です。色は濃い方がさらに効果的です。また、カーデやシャツを肩がけするのもいいですね。

 

エンジニアブーツで足下のごつさを出そう


服全体をスマートにし、足下はエンジニアブーツでごつい感じをだすのも良いですね。ブーツはロングよりもショート丈を選ぶようにしましょう。ブーツ以外をシンプルにしすぎてしまうと目線が下にいきがちですから、さきほど紹介したストールや帽子などを使うとバランスが取れます。女性は最近流行りのブーティなどがおすすめです。

 

上下で色のメリハリをつけよう


ボトムスは濃いめにし、トップスを印象的な色のアイテムにするとメリハリが出て目線が上にいきやすいです。トップスのおすすめ色は青です。他にも、少し派手目な色が良いですが、派手色は複数使うとかえってバランスが悪くなるので、ポイントを決めて必要最低限にすることを心がけましょう。

 

丈は短めにしよう


小柄な人はとにかくバランスが大事ですから、ダボダボの丈よりも短めの丈を選ぶようにしてみてください。足首が少しでる丈感や、ロールアップしてわざと短めにするのも良いですね。

7分丈やクロップドパンツは小柄な人によく似合い、バランスが取りやすくなります。女性限定ですが、スカートはロングは避けましょう。短い方が断然スタイルがよくなりますから、ミニや膝上、膝丈くらいが丁度良い長さです。丈感は大事にしましょう。

 

アウターはショート丈を選ぼう


小柄な人ほどロング丈を着る傾向がありますが、アウターは絶対にショート丈にしましょう!ロング丈は縦のラインが強調できそうで、身長が高く見えるのでは?と思いがちですが、アウターは印象が強すぎて、丈の長いものは着ている人を小柄に見せてしまいます。ダッフルやPコートはぜひショート丈を選んでみてください。

 

いかがでしたか?

低身長の悩みをファッションアイテムでカバーする9つの方法をお話ししました。どれも共通しているのが、バランスよく見せることが結果的に身長を高くみせることになるということです。

身長の低い人はコンプレックスを感じやすく、高身長の人と同じアイテムを身にまとおうとします。ですがそれは残念ながら逆効果。自分に似合うアイテムを探し、スタイルがよくなることだけを意識しましょう。

それが自然と身長対策につながります。身長の高い人は身長を下げることはできません。ですが、身長の低い人は工夫次第で高く見せることができますから、ぜひ一度チャレンジしてみてください!

 

まとめ

低身長の悩みをファッションアイテムでカバーする9つの方法

・ 帽子や小物で重心を上にしよう
・ トップスはジャストサイズにしよう
・ 縦ストライプをチラ見せしよう
・ 黒のパンツをはこう
・ カーデやベストで縦のラインを作ろう
・ エンジニアブーツで足下のごつさを出そう
・ 上下で色のメリハリをつけよう
・ 丈は短めにしよう
・ アウターはショート丈を選ぼう