知っておきたい!低身長の5つの原因と背を伸ばす方法

知っておきたい!低身長の5つの原因と背を伸ばす方法
背が低いことを気にしている人の中には、その低身長の原因がわからずに悩んでいる方もいますよね。「背が低いことなんて気にするなよ!」と言われても、他人には分からない悩みやコンプレックスがあるものです。ましてや、身体のことなので、人にも相談できずに一人苦しんでいる方もいることでしょう。

身長が伸びない大きな原因としては病気によるものや体質的なものがありますが、病気によるものは適切な治療をすれば身長も伸びていくことがありますし、体質的なものは治療の必要がなく原因を理解して対処すればこれからでも身長が伸びる可能性があります。

つまり低身長の原因さえわかれば、身長はまだまだ伸びるのです。

そこで今回は、知っておきたい低身長の5つの原因と背を伸ばす方法をポイントをおさえながらわかりやすくお伝えします。



 

知っておきたい!
低身長の5つの原因と背を伸ばす方法

 

成長ホルモンを理解しよう


成長ホルモンとは、その名の通り、体を成長させるのに体の中で作られている重要な物質です。この物質をエネルギーに変える事によって体を成長させていくことができます

つまり身長を伸ばすホルモンとして重要な役割を持つのが成長ホルモンになります。

低身長の原因の最大の要因は成長ホルモンが阻害されて、その機能が上手く働いていないことが考えられます。成長ホルモンが最も活発に働くのが夜寝ている時なので、十分な睡眠を取ることを心がけて生活することが背を伸ばす方法にもつながります。

寝る2時間前には食事を終えて、スマートフォンやPC等の脳に刺激を与えるようなものは寝る直前には行わない。入浴は1時間前には終えて湯冷めをする前に布団に入り、カフェインのなどは取らないようにしっかりと注意をして十分な睡眠の準備をしましょう。

睡眠や入浴などは毎日のことなのでつい疎かになってしまいがちですが、成長ホルモンを上手く働かせるにはもっとも大切であるという意識を持ちましょう。

 

ホルモン分泌や染色体の異常がないか調べよう


低身長の原因の一つとして、ホルモン分泌が異常に不足していたりする場合や、染色体の異常が見受けられる場合があります。どちらも病院でホルモン治療を行うことにより、身長を伸ばすことが可能となります。染色体の異常はターナ症候群と言われ女性に約2500人に1人の確率で発生する先天性の染色体が欠ける症状ですが、ホルモン治療を継続し続けることで、二次成長を起こすことも可能なので、心配はいりません。

 

内臓の病気や軟骨の病気がないか調べよう


低身長の原因と考えられるものの中には、内蔵の病気や軟骨の病気が考えられる場合もあります。この場合にはそれぞれ検査をして病気の原因を優先的に治療をしていくことにより解決策を見出していくことになりますので、主治医の先生とよく相談することが大事です。

 

低身長の原因はストレスにあり


低身長の原因にストレスが大きな要因になっていることもあります。家庭環境や学校の人間関係、勉強などでストレスが溜まってくると、成長ホルモンに影響をあたえて身長を伸ばす機能が働かなくなります。

成長ホルモンの分泌を促すためには、ストレスを溜めないように適度な運動が必要になってきますので、ランニング等で汗をかくところから始めましょう。

骨に刺激を与える運動としては、手軽にできる縄跳びのようなジャンプをする運動が特におすすめです。

逆に注意したい運動は、筋力トレーニングです。筋力トレーニングは身長を伸ばすのに逆効果とも言われていますので、極力避けたほうがよいでしょう。

 

低身長の原因は栄養不足にあり


栄養不足が低身長の原因になることもあります。カルシウムやビタミン、タンパク質といった栄養成分が不足をすると身長が伸びないことがあり、特にタンパク質が不足していると成長ホルモンの分泌が悪くなると言われていますので、コラーゲンなどをしっかりと取りましょう。野菜やお肉などバランスよく摂取することが大事となりますが、牛乳の摂り過ぎは逆に骨が溶ける要因にもなると言われていますので、注意が必要です。

 

いかがでしたか。このように低身長の原因は様々あり、病気が低身長の原因だなと感じられる場合には早めに病院で検査をして早期に発見をすることが大事です。早期に発見できれば適切な治療を行うことにより、身長の伸びを改善することができます。

また低身長の原因が体質的なものの場合は、成長ホルモンの分泌をいかによくさせるかが最大のポイントとなります。日常生活の中で幾つか気をつけなければいけない点もありますから、意識を高くもって過ごすことが、悩んでいる低身長の最善の解決策となります。

特に食事のバランスや睡眠については、自分でも気をつけることができますので、一日の生活リズムを記録して見直してみることも有効です。

身長が伸びないと悩む前に低身長の原因をしっかり特定して対処すれば、明るく前向きな生活があなたをきっと待っていることでしょう。

身長が低いことをいつまでも嘆くのではなく、快適な未来の幕開けを自分でしっかりと切り開いていくことによって、今までとは違った新しい自分が発見できるはずです。

まとめ

低身長の原因と背を伸ばすには

・成長ホルモンは身長に大きく影響する
・成長ホルモンが阻害されないように睡眠を上手くとろう
・ホルモン分泌や染色体の異常がないか調べることが大事
・内臓の病気や軟骨の病気がないか調べよう
・生活でストレスを溜めないようにしよう
・栄養はバランスよく摂るように考えよう