低身長の原因は?これから背を伸ばしたい人の5つの対処

低身長の原因は?これから背を伸ばしたい人の5つの対処
低身長の原因を知りたい方は大勢いますよね。その原因が分かれば、もっと身長が伸びるかもしれません。これから背を伸ばしたいと思っている方にとっては、かなり気になるところです。

身長は、何歳になっても伸びる訳ではありません。人の身長が伸びる時期は、個人差はありますが、成長期とほぼ一致しています。そして、この時期を逃してしまうと、もう身長は伸びません。つまりタイミングが非常に重要です。この時期に、低身長の原因となることをやっていると、身長が伸びるはずなのに低いままになってしまいます。

では、低身長の原因とはどのようなことで、それを改善するにはどうすればよいのでしょうか。そこで今回は、これから背を伸ばしたい人に、ぜひ理解してほしい低身長の原因についてお伝えします。

遺伝の影響は意外に少ない

低身長の原因としてよく言われることは、遺伝によるものです。親の身長が低いと、その子供も身長が低い、とされています。そして、確かにそのように見える親子もいます。しかし、これは100%あてはまる事実ではありません。親の背は低いのに、その子供は身長が高い、とい方は大勢います。たとえ親の身長が低いとしても、その子供も背が低いとは言えません

人の身長が低い原因における遺伝の影響は、20%ほどと言われています。そして、低身長の原因の多くは、成長期の食生活などの生活環境に起因するとされています。そのため、低身長の原因は遺伝のせいだと考えてあきらめてはいけません。

生活環境などを見直せば、身長が伸びる可能性が十分あります。

 

成長ホルモンと軟骨層が鍵

低身長になる原因は、本来伸びるはずの骨の成長が止まってしまったためかもしれません。骨の成長を促す環境を心がければ、誰にでも身長が高くなる可能性があります。

人の身長は、骨の長さで決まります。そして、骨は、その先端にある軟骨層が活性化することで、伸びていきます。しかし、骨は死ぬまで伸びる訳ではありません。成長する時期が決まっています。その時期に合わせて最も伸びるようにしてあげれば、背が高くなります。

そして、骨の成長には、成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンが軟骨層に働きかけることで、背も高くなります。低身長の原因は、本来骨が成長する時期に、軟骨層が活発に働いていないからかもしれません。生活環境を見直してみましょう。

 

身体は食べ物でできている

一つ前でお伝えしたように、本来伸びるはずの骨の成長が滞っていることこそ、低身長の原因です。よく身長が高い人は、牛乳をよく飲んでおり、牛乳に含まれるカルシウムが骨の成長に有効だ、と言われています。

しかし、これは迷信です。確かに骨の主成分はカルシウムですが、骨の成長に影響しているのはタンパク質です。カルシウムだけでは、背は高くなりません。さらに、身体を作るためにはたんぱく質が必要ですが、それだけでは不十分です。炭水化物やビタミンなどの栄養素ももちろん必要です。

このように、低身長の原因は、食事にあるかもしれません。身長を高くしたいと思っているのなら、成長する時期にバランスの取れた食事を多めに摂ることが重要です。

 

良質な睡眠をしっかりとる

とはいえ、毎日バランスの取れた食事を多めに食べたからといって、必ず背が高くなる訳ではありません。前にもお伝えしたとおり、低身長の原因は、骨の成長が不十分なためです。そして、骨の成長は、タンパク質などの栄養の他に、成長ホルモンの働きも必要です。

骨が成長する時期とはいえ、成長ホルモンの働きが無ければ骨は成長しません。そして、成長ホルモンは睡眠と密接な関係があります。良質な睡眠が取れていれば、活発に成長ホルモンが分泌されます。そして、成長ホルモンは、骨を伸ばす軟骨層に働いて骨を成長させます。よく、寝る子は育つ、と言われていますが、これは科学的に正しいことです。

成長する時期は、夜早めに寝るなどいして良質な睡眠を心がけましょう。

 

適度なスポーツ

よくバスケットボールやバレーボールをやっていると、身長が伸びるという話を聞きます。しかし、この話には科学的な根拠は無いそうです。どちらも身長の高いプレイヤーが多いので、身長が伸びるという印象があるのかもしれません。しかし、成長期にスポーツをやっているのとやらないのとでは、もちろんやっていた方が身長は伸びます。このため、低身長の原因は、成長期にスポーツをやっていないからかもしれません。

身長が伸びる大きな要因は、成長ホルモンの分泌と十分な栄養です。日中にスポーツで体を動かすことで、お腹がすいてたくさん食べられます。その分身体を作る栄養素をたくさん摂れます。また、日中に身体を動かすと、夜には早めに眠くなります。そして、ぐっすり眠れることで、成長ホルモンの分泌が促進されます。

このようにスポーツを行うと、たくさん食べられて、成長ホルモンも分泌されるので、背が高くなる効果も高くなります。

 

以上、これから背を伸ばしたい人に、ぜひ、理解してほしい低身長の原因についてお伝えしました。

背が伸びるのは骨が長くなることです。しかし、骨が成長する時期は、個人差があるもののかなり限られています。そのため、この時期に条件が整わないと身長が伸びないままで大人になってしまいます。また、この記事でお伝えしたように、低身長の原因として、遺伝による影響は大きくありません。また、牛乳をたくさん飲んだとしても、急に身長が伸びることもありません。

身長を伸ばす秘訣は、栄養のバランスの取れた食事をたくさん食べて、夜ぐっすり寝ることです。そのため、日中にスポーツをするのが効果的です。逆に、ジャンクフードばかり食べて、夜更かしばかりやっていては、身長も伸びにくくなります。ぜひ、健康的な生活を送って、低成長な原因を解消しましょう。

まとめ

背を伸ばしたい人に教えたい低身長の原因とその対処とは

・原因として遺伝の影響は少ない
・低成長は成長ホルモンと軟骨層の活性化不足
・身体を作る栄養が足りていない
・良質な睡眠をとれていない
・スポーツは背を高くするにも効果的


連記事