痩せたいのに呑んでしまう、7つのビール腹解消法

痩せたいのに呑んでしまう、7つのビール腹解消法

ビール腹…男性のイメージですが、この言葉を聞くと、女性でも聞き逃すことが出来ない方もいるはずです。きっとみなさん、ビール腹の原因はだいたいわかっているはずです。ビール腹と言っていますが、ビールが悪いわけでは、ないのです。

一緒におつまみを食べ過ぎてしまうことが、悪いのです。ビールに責任を擦り付けるとつれば、食べ物を美味しくしてしまう、ビールの美味しさが悪いのです。

実は、ビールのアルコール度数も関係していて、胃酸がたくさん出て活発に動く、最高のアルコール度数なんです。ウィスキーなどのアルコール度数の高いものは、食べ過ぎる前に酔ってしまうので、お腹が出るというイメージがないのです。

ちなみに男性のビール腹は、お腹が真ん丸という印象ですが、これは、男女のホルモンや体型の違いで、男性の方が目立ってしまうようです。それでは、ビール腹と言われない為に、解消法を確認してみましょう。



 

痩せたいのに呑んでしまう、
7つのビール腹解消法

 

ビール×おつまみ、見直しましょう


冒頭でも、お伝えした通り、ビールは悪くありません。一緒に食べるおつまみが高カロリーなのが悪いのです。から揚げ、フライドポテト、焼き肉等々、他のアルコール飲料と比べて、料理の味を問いません。

どんな食べ物にも合ってしまう、スーパードリンクのビールと高カロリーの食べ物…これは、自分が意識的にメニューを調整していくしか方法はありません。

まずは、ビールと枝豆…黄金と言っていいくらいの組み合わせですが、ビール腹解消にも、とてもいいのです。他にも豆腐や白身のお刺身、焼き鳥であれば、ネギマなど、野菜を使っているものがいいでしょう。

酔いが回ってくると、食欲をセーブしづらくなるので、極力、最初は、低カロリーのメニューを選んでおきましょう。

 

ビールを飲みすぎないようにしましょう


俗にいう飲み会…食べて呑む派と、ただひたすら呑む派に分かれてしまうのですが、正直、どちらも身体の為にはよくありません。よく言いますが、飲む前にに少し食べたり、牛乳を飲んだりといいますが、実際には面倒ですし、むずかしいです。

特にアルコールは『エンプティカロリー』と言われ、ただのエネルギーだけで、ビタミンやたんぱく質などは、含んでいないのです。それをただ、呑みたいだけ呑むというのは、どうなのでしょう。出来れば、身体の為にはほろ酔い位でやめるべきでしょう。

 

家呑みは、低カロリーにしましょう


自宅では、発泡酒や第3のビールという方が増えています。以前に比べて、美味しくなり、ビールと間違えてしまう位のおいしい商品があります。

でも、せっかくですから、低カロリーのものを呑んでみませんか?糖質ゼロやプリン体カットなど、身体を気遣ってくれている銘柄も多いので、自分の味覚に合うものを探して、上手に取り入れてみましょう。

 

呑んだ翌日にリセットしましょう


ビールは糖質が含まれています。ビール腹の養成成分のひとつです。家呑みであれば、糖質を抑えたものを選べばよいのですが、外では難しいのが現状です。

出来ればビールは最初に一杯にしておき、その後は、焼酎やウイスキーなど糖質が含まれていないものや少ないものを選びましょう。辛口の赤ワインも他の飲み物に比べれば少ないので、おすすめです。

それでも、糖質を摂りすぎた場合は、翌日の食事で、糖質を抑えたものやごはんやパンを少な目にすればよいのです。食事を抜いたりするのは、止めてください。

その次の食事の際の栄養素を吸収しやすくなるので、逆効果になってしまいます。糖質は早め早めで処理していきましょう。

 

呑んだ後に白湯を飲みましょう


中国では、お酒を飲んだ後、白湯を飲む習慣があります。白湯を飲むことによって、デトックス効果が期待されるからです。実際、白湯は体温を上げて代謝を向上させてくれます。

今は、温活というのも流行っていますし、温かい飲み物は、身体を冷やさない為にも摂るべきです。もし、白湯を飲むのが難しければ、お味噌汁やスープなどの汁物でもいいのです。

しょうがなど、身体を温める食材が入っていれば、言うことはありません。これなら、簡単に、毎日の生活に取り入れられます。ぜひ試してみましょう。

 

ビールを呑んで、すぐ寝るのはやめましょう


呑むと眠くなります。そのまま寝れたら気持ちいいのも分かります。しかし、それが、ビール腹の原因です。おつまみと一緒にビールを飲んだらすぐに寝ることを止めるだけで脂肪の付き方は大きく違ってきます。ソファでごろ寝もNGです。

少なくても、1時間はきちんと座ってテレビやパソコンなどを見るなどするなどしてください。もちろん呑んで帰宅するときも、電車内で出来れば座らず、つり革につかまり、バランスをとりながら帰ったほうが、カロリーの消費もするので、ぜひやってみてください。

 

休肝日をつくりましょう


休肝日、作ろうと思っても、お酒が好きな人には、なかなか難しいものです。アルコールは、おもに睡眠中に肝臓で分解されます。体重60㎏の人が6~8時間の睡眠中に出来るアルコールの分解量は、ビールだと中ビン2本位です。

睡眠時間4時間の人では、分解できるアルコール量も約半分になるので、中ビン約1本になります。分解出来ないアルコールが、肝機能障の原因にもなるのです。

もちろん、休肝日を作るのが難しいという人は、1週間のトータルを分解範囲内に収めるというのも方法です。どちらにしても肝臓の働きが悪くなると、ビール腹だけではなく、健康も害してしまいます。これからもおいしくビールを呑むためには、週2日は連続して休肝日を作るようにして、肝臓を休ませてあげましょう。

 

いかがでしたか。

日本のビールや発泡酒は、どんどんおいしくなっています。食事に合わせて、どんな銘柄を選ぶのかも、楽しみのひとつです。でも、そのおいしいビール、百薬の長を通り過ぎていませんか?その過ぎている分が、ビール腹への道に繋がります。

おいしいビールを呑む為にも、少し、節制しましょう。いろいろ一度にやろうと思うと、楽しいビールタイムが台無しになってしまいます。今回、ご紹介した内容で出来るものが1つは必ずあるはずです。

まず、その1つから始めましょう。1つから2つと数を増やせばいいのです。年齢と共に、身体を労わらなければならなくなります。だから、今から少しずつ、今後のおいしいビールとビール腹解消のために、一緒に始めましょう。

 

まとめ

痩せたいのに呑んでしまう、7つのビール腹解消法

・ ビール×おつまみ、見直しましょう
・ ビールを飲みすぎないようにしましょう
・ 家呑みは、低カロリーにしましょう
・ 呑んだ翌日にリセットしましょう
・ 呑んだ後に白湯を飲みましょう
・ ビールを呑んで、すぐ寝るのはやめましょう
・ 休肝日をつくりましょう