頭皮の乾燥を防いで、残った髪を有効活用する5つの方法

頭皮の乾燥を防いで、残った髪を有効活用する5つの方法

頭皮が乾燥するのは冬、CMでそんなイメージも定着して来たようですが、実は夏場も要注意なのです。暑い日が多いと、ついついエアコンのリモコンに手が伸びがちになりますが、エアコンの上からの強い風は、頭皮を乾燥させてしまうのです。

梅雨時期に頭皮のカビが原因の脂漏性皮膚炎に悩まされ、ようやく開放されたかと思えば、今度は頭皮の乾燥で、かゆみや抜け毛トラブルに悩まされてしまっていませんか。

頭皮の乾燥は、夏場の強い紫外線や皮脂バランスの乱れによっても悪化します。そして、残った髪さえも、どんどん細くなって行き、老けて見えることが気になってきます。

そんな頭皮の乾燥から抜け出して、強い髪を作り、さらにその髪を有効活用する事が出来たら嬉しいですよね。それでは今日は頭皮の乾燥を防いで、残った髪を有効活用する5つの方法をお伝えします。



 

頭皮の乾燥を防いで、
残った髪を有効活用する5つの方法

 

洗い流さないトリートメントを使い、パーマをかけましょう


頭皮の乾燥を促進してしまいそうなパーマですが、自宅でコテなどを使って毎日巻くのであれば、美容院で長持ちするパーマをかけることで髪の傷みを防ぐ事ができます。

パーマをかけることによって、1本1本細く薄くなり、ペタンコになった髪もボリュームが出て、若々しく見えます。パーマの種類も、コールドパーマ、デジタルパーマ、エアウエーブなどと最近では様々な種類が出てきていますので、自分のなりたいイメージを美容師さんとよく相談してみて、パーマを選ぶのが良いでしょう。

そして、パーマをかけたら、日々洗い流さないトリートメントでケアする事によって髪を乾燥から守る事ができます。さらに頭皮にも使用が可能なものを選べば、頭皮マッサージにも使えるので頭皮の乾燥を防ぐ事ができるでしょう。

 

UV対策をして、毎日分け目を変えましょう


頭皮の乾燥対策として挙げられるのが紫外線(UV)対策です。頭皮専用の日焼け止めローションやスプレーを使用するとよいでしょう。

また、毎日前髪の分け目を変える事も、紫外線が当たる箇所を変える事になるので、一部分が極端に乾燥してハゲる、という事がなくなるでしょう。

頭皮の乾燥や薄毛が気になる方で、ショートカットやボブなら、前髪を残しておいて、サイドにボリュームを持たせ、前髪を斜めに流すとナチュラルに見えます。

 

大き目のスカーフやヘアバンド、ヘアクリップやエクステを駆使しよう


上記の紫外線対策の他に、大き目のスカーフやヘアバンドを使ってヘアアレンジすれば、紫外線から頭皮の乾燥を防ぐ事ができます。

また、残った髪と同じ色のエクステをつければ、その部分の乾燥は防げますし、違う色ならちょっとしたアクセントにもなります。エクステを使う際には、ヘアクリップも加えれば、落ちにくく、ちょっとしたオシャレにもなります。

 

オロナインやニベアなど肌ケア用品をワックス代わりに使おう


普通のワックスを使うと、髪が痛んだり負担が大きいですが、オロナインやニベアなどの肌ケア用品を使えば、頭皮の乾燥も防げるし、スタイリングも諦めずにできます。

仕上がりは、少し、固めのハードワックスに似たものになります。ただし、量を使いすぎるとベタベタになるので注意しましょう。

 

良質なシャンプーを使って、寝ながらスタイリングしよう


頭皮の乾燥は、合わないシャンプーの使用やストレスや睡眠不足からもくるものです。お気に入りの香りのアミノ酸系のシャンプーを使用して頭皮をほぐしながら洗いすすぎ残しの無い様にしましょう。

シャンプー後は、離れたところからドライヤーを当てて、髪の毛を乾燥させて、翌日にしたいヘアスタイルを作って寝ると、翌日のスタイリングは手直しだけで時短できます。

例えば、ゆるふわウェーブを作りたいのであれば、緩めのみつあみをして寝ればいいですし、タオルを巻いて寝るのも摩擦を防ぐ事ができるので効果的です。

また、寝る前には、ゆったりとした気分で過ごし、リラックスして眠りにつき、睡眠不足を解消することも大切です。

 

いかがでしたか。

頭皮の乾燥を防ぎつつ、今ある髪を大切にする方法でした。まずは、紫外線対策をして、クリームで頭皮の保湿を忘れずにすることで髪をいたわりながら頭皮の乾燥を防ぐことができます。

ショートヘアでは、スカーフやヘアバンドなどの小物を上手に使うことでおしゃれなスタイリングを楽しみましょう。

ボブやミディアムスタイルでは、パーマをかけたり、ヘアクリップやエクステ等を利用すると残った髪でいつもと違ったヘアアレンジが楽しめます。

また、前髪を残してナチュラルにしあげ、サイドにボリュームを持たせると、とても若々しくなります。ロングスタイルはへたりがちな頭頂部を逆毛でふんわりさせつつ、高い位置でまとめると頭皮の乾燥も防ぐ事ができるでしょう。

ご紹介した方法で乾燥した頭皮を潤して、残った髪を大切にしながらいろいろなヘアスタイルのアレンジを楽しんでください。

 

まとめ

頭皮の乾燥を防いで、残った髪を有効活用する5つの方法

・ 洗い流さないトリートメントを使い、パーマをかけましょう
・ UV対策をして、毎日分け目を変えましょう
・ 大き目のスカーフやヘアバンド、ヘアクリップやエクステを駆使しよう
・ オロナインやニベアなど肌ケア用品をワックス代わりに使おう
・ 良質なシャンプーを使って、寝ながらスタイリングしよう